残業管理の方法は?活用したいシステムと企業の成功事例

2021/11/24 コボットコラム
残業管理

管理職や労務部の悩みの種となりやすい残業。長時間残業で体調を崩してしまう社員が出てきたり、法令を遵守できなくなってしまったり、残業に関する問題は後を絶ちません。

もちろん、業務上どうしても残業が必要となる場合もあります。しかし、管理をする側としては、「社員には、段取り良く仕事を進めることで、可能な限り残業時間を減らしてもらいたい」と考えることでしょう。

ここでは、残業の課題を整理した上で、残業を管理・削減するための方法や成功事例などを紹介していきます。

残業管理の課題

管理職や労務部など、社員の労働管理を行う側が考えなくてはならない課題の一つに残業があります。

残業を適切に管理できていないと長時間労働が増え、精神疾患や慢性疲労など体調を崩す社員が出てきます。体調を崩したままであれば、業務の生産性が低下してしまいますし、急なトラブルにも対応できなくなります。

また、長時間労働が増えると残業代や光熱費がかさんでしまうという問題も起きてきます。

さらに、法律的な観点でいえば、「働き方改革」の一環として「労働基準法」が改正され、2019年4月1日(中小企業の場合は2020年4月1日)から「時間外労働の上限規制」が追加されました。時間外労働は原則として月に45時間・年に360時間まで。特別な事情がある場合でも「休日出勤も含めて月100時間まで」「月45時間を超えて良いのは年に6回まで」など、いくつかの条件を満たす必要があります。

以前からも残業に関する規制はありましたが、この改正によりさらに厳しいものとなりました。違反した場合は、6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金が科される恐れがあるため、十分な注意が必要です。

以上のようなことから、社員を管理する側としては、これまで以上に徹底して残業の管理を行う必要があるでしょう。

残業が増えてしまう原因

社員を管理する側としては、社員の残業の実態を正確に把握し、必要以上に残業を発生させないように工夫したいところです。

では、そもそもなぜ残業が増えてしまうのでしょうか?残業が増えてしまう原因には主に次の5つが挙げられます。ただ、残業が増えてしまう原因は企業・職場によりさまざまです。実態を把握するために、社員に対して匿名のアンケートなどを実施してみることも一つの手です。

一人で仕事を抱えてしまうから

会社では、優秀な人や経験の多い人など、特定の人に仕事が集中してしまうことが往々にしてあります。うまく分担ができないでいると、その人の残業が増えてしまうでしょう。

さらに、その人が長時間残業により体調を崩してしまえば、サポートする側の残業が増えてしまいます。

クライアントの都合に振り回されるから

仕事においては、「頻繁に仕様変更がある」「メール対応を後回しにされる」など、クライアントの都合に振り回されることが少なくありません。クライアント側とうまく調整できないでいると仕事の流れが悪くなり、結果として残業が増えやすくなります。

タイムマネジメントができていないから

タイムマネジメントとは、時間の使い方の改善により、生産性の向上を図る取り組みのことをいいます。「集中できない時間帯・環境で仕事をしている」「優先順位が適切に付けられていない」「期限が曖昧でダラダラと仕事をしている」など、タイムマネジメントができていないと残業が増えやすくなります。

評価を落としたくないから

日本の会社には、仕事への真面目さ・熱心さを労働時間で測ろうとする文化があります。そのため、「残業して上司から評価をされたい」という考えから残業する人もいます。

帰りにくい雰囲気があるから

日本人は、良くも悪くも場の空気というものを大切にするところがあります。多くの人が残業している中では、「自分一人では帰りにくい」という考えから残業する人もいます。

残業を適切に管理する方法

定時退社

残業が増えてしまう原因について整理したところで、残業を適切に管理する方法を解説していきましょう。自社の状況と照らし合わせながら、具体的な施策を検討してみてください。

残業を申請制にする

残業するかどうかの判断を社員に委ねていると、残業が起こりやすくなります。そこで効果的なのが、残業の申請制です。

残業が必要となった場合に、社員は「なぜ残業が必要なのか」「どのくらい残業をするのか」の申請を行います。その上で、管理する側は、申請内容が適正であるかどうかを確認した上で、承認するか否かの決定をします。

このように残業を申請制にすると、残業の実態を把握できるようになる上、社員が「本当に残業が必要か」をよく考えるようなるため、結果的に残業が減るようになります。

ノー残業デーを作る

環境的・仕組み的に残業できる状況にあると、「終わらなかった仕事は残業に回せば良い」と考えるようになり、残業が起こりやすくなります。

そこで効果的なのが、「ノー残業デー」の導入です。週に1回か2回程度、「原則として残業はしてはならない日」を作るのです。「終業時間になったら一斉消灯する」「終業時間から30分経過したらPCを自動でシャットダウンする」など、半強制的に残業ができない環境・仕組みにしてしまうことも一つの手です。

ノー残業デーを導入すると、社員各々が「なんとかして終業時間までに仕事を終わらせなくては」と考えるようになり、結果として意識が変わったりタイムマネジメント能力が磨かれたりします。サポートし合う関係も自然と形成されやすくなります。

評価・報酬制度の見直しをする

残業すると評価や報酬が良くなる仕組みがある場合、当然ながら残業が起こりやすくなります。社員にとってみれば、残業を削減するメリットがないからです。残業が少ない方が評価・報酬が良くなる仕組みにすれば、残業を削減するモチベーションが高まるでしょう。

勤怠管理システムを導入する

勤怠管理システムとは、企業における勤怠管理業務を総合的に支援してくれるシステムのことです。始業時間・終業時間の打刻を基本機能として、他に集計機能、(残業や休暇などの)申請・承認機能、シフト管理機能などの機能が備わっています。

この勤怠管理システム、残業を管理する上でも役立ちます。社員の労働状況や残業申請状況、シフト状況をリアルタイムで把握できるため、たとえば「残業している社員がいたら時間に余裕のある社員にサポートに回ってもらう」などといった対応がしやすくなります。

残業管理のために活用できるシステム

では、残業管理に役立つシステムを3つ紹介していきましょう。なお、ここで紹介する以外にも、数多くの製品があります。中には、無料で利用できる試用版を用意している製品もあります。使い勝手などを確認しながら、自社に合った製品を選ぶようにしてください。

KING OF TIME(キングオブタイム)

「KING OF TIME」は、株式会社ヒューマンテクノロジーズが提供する勤怠管理システムです。主に次のような特徴があります。

  • ・シンプルでわかりやすい画面
  • ・定期的に製品に関するオンラインセミナーを開催
  • ・ユーザーを待たせないサポート体制
  • ・厳重なセキュリティ体制

料金プラン

  • ・月額300円/人

公式サイト:

ジョブカン勤怠管理

「ジョブカン勤怠管理」は、株式会社DONUTSが提供する勤怠管理システムです。主に次のような特徴があります。

  • ・ICカードや指静脈、GPS、チャットツールなどさまざまな打刻方法
  • ・管理画面のカスタマイズが可能
  • ・英語、韓国語、ベトナム語、タイ語に対応
  • ・「出勤管理」「シフト管理」「休暇・申請管理」「工数管理」、この4機能から必要な機能だけを選択可能

料金プラン

  • ・プラン1(利用機能数が1つ):月額200円/人
  • ・プラン2(利用機能数が2つ):月額300円/人
  • ・プラン3(利用機能数が3つ):月額400円/人
  • ・プラン4(利用機能数が4つ):月額500円/人

公式サイト:

jinjer(ジンジャー)勤怠

jinjer勤怠は、株式会社ネオキャリアが提供する型勤怠管理システムです。主に次のような特徴があります。

  • ・導入が非常に簡便
  • ・「働き方改革関連法案」にスピーディーに対応
  • ・打刻の際に顔写真の撮影が可能
  • ・AIによる勤怠データの分析が可能

料金プラン:

  • ・月額400円/人

公式サイト:

残業管理の成功事例

最後に、残業管理に成功した事例を3つ紹介しましょう。

伊藤忠商事株式会社:朝残業の導入

総合商社の伊藤忠商事株式会社は、「朝残業」を導入することで残業時間の削減に成功しました。

伊藤忠商事株式会社では、22時以降の残業を完全禁止としています。20時以降の残業は原則禁止ですが、事前申請があった場合のみ可能としています。

夜残業の代わりに推奨しているのが、朝残業(早朝勤務)です。朝の5~8時に仕事を開始した社員には、9時までの労働時間に対して夜残業と同じ割増賃金を支給しています。

さらに、希望する社員に対して、おにぎりやサンドイッチ、シリアル、スープ、ジュース、コーヒーなどの朝食を無料で提供しています。

朝残業の導入当初は夜残業をしている人が多くいましたが、見回りを行い、帰宅を促すような声がけをするうちに、夜残業をする人が徐々に減っていったようです。

導入から3年後の社内調査によると、朝8時前までに出勤する人が約20%から約45%に増加し、20時以降に退勤する人が約30%から約5%に減少したようです。さらに、電力使用量が約7%も削減されたようです。

SCSK株式会社:残業代を社員に支給

システムインテグレータのSCSK株式会社では、「スマートワーク・チャレンジ(スマチャレ)」の導入により、残業時間の削減に成功しました。スマートワーク・チャレンジとは、「月間平均残業20時間未満」、および「年次有給休暇20日の取得」を目指す運動のことです。

この2つを達成した社員には、達成インセンティブとして特別ボーナスが支給されます。つまり、「働けば働くほど収入が増える」という仕組みから「働かなくても収入が増える」という仕組みにシフトしたのです。

「月間平均残業20時間未満」と「年次有給休暇20日の取得」の2つを達成するためには、当然のことながら、労働時間を削減する努力が必要となります。そのための取り組みとしては、主に次のようなことが行われています。

  • ・ノー残業デーの導入
  • ・立ち会議の推奨
  • ・17時以降の会議を禁止
  • ・電子メールによる情報共有
  • ・業務量の多いチームを他チームが応援

このスマートワーク・チャレンジによって、2年後には、月間平均残業時間が35時間から18時間に減少し、年次有給休暇取得日数が13日から19日に増加したようです。さらには、会社の業績も大幅にアップし、社員と会社でWin-Winとなりました。

コクヨグループ:CO2削減を試みた結果、残業も削減

オフィス用品メーカーのコクヨグループでは、環境対策のためにCO2削減(消費電力削減)を試みたところ、結果的に残業時間の削減に成功しました。CO2削減(消費電力削減)の試みとは、具体的には次のようなルールの導入です。

  • ・夜の19時に一斉消灯
  • ・一つの仕事を2時間以内に終わらせるため、同じ席には2時間しか座れない
  • ・会議をスムーズに終わらせるため、会議室は2時間までしか使用できない

さらに、集中して仕事が進められるよう、次のようなルールの導入も行いました。

  • ・一定の時間、電話を取らなくても良い
  • ・一定の時間、1人になれるスペースを使用できる

この取り組みにより、消費電力量が削減されたことはもちろん、残業時間の削減にもつながったようです。

まとめ

残業を管理・削減するための方法や成功事例などについて解説しました。

残業を適切に管理できずにいると、体調を崩す社員が増える、生産性が低下する、残業代・光熱費がかさむなど、さまざまな問題が生じてきます。また、「労働基準法」の「時間外労働の上限規制」に違反してしまうと、厳しい罰則を課される恐れが出てきます。

今回紹介した内容が、自社にあった施策を考える際の参考になれば幸いです。

ディップは自社で培った営業ノウハウと、多様なデジタルツールを組み合わせ、
お客様の企業収益向上に関わる全てを、専門担当制でのサポートを提案します。
人材の確保、デジタルツールの選定・導入、そのた企業収益向上に対してお気軽に問い合わせください。

CONTACT

ページ上部へ戻る