【業種別】採用サイトの成功事例12選と制作のポイント

2022/06/10 コボットコラム
採用サイトを制作するポイント

インターネットが広く普及した今、採用力を高めるべく多くの企業が採用サイトの制作・運営に力を入れています。中でも、大手企業の採用サイトは、デザインやコンテンツ、キャッチコピーを考案するにあたって非常に参考になります。

そこで今回は、デザインやコンテンツ、キャッチコピーなどが魅力的な企業の採用サイトを業種別に紹介します。

採用サイト事例:メーカー・製造編

まず、メーカー・製造会社の魅力的な採用サイトの事例を2つ紹介します。

サントリーホールディングス株式会社

アニメーションとともに表示される「やってみなはれ」の文字が特徴的なサントリーホールディングス株式会社の新卒採用サイトです。創業者の口癖であり、サントリーが大切にしている精神でもある「やってみなはれ」ということばが、採用サイトのキャッチコピーとして使われています。

サントリーの歴史や戦略、仕事・職種紹介、社員インタビューなどといった情報がカラフルで視覚的にわかりやすくまとまっています。また、求職者に会社をより深く知ってもらうため、「サントリーグループ Web企業セミナー」という動画コンテンツを活用している点もぜひ参考にしたいポイントです。

株式会社バンダイ/株式会社BANDAI SPIRITS

株式会社バンダイの新卒採用サイトは、おもちゃを連想させるようなカラフルなデザインが印象的です。「たまごっちができるまで」「ガンプラができるまで」など、実際の商品を例に挙げてリアルな仕事内容を紹介しています。

採用サイトを訪れていることを忘れてしまうほど、堅苦しさがなく求職者が楽しく“読める”採用サイトとなっています。また、「新入社員の1日」や「就活生に伝えたい内定者の本音」など、求職者が入社後の働き方をイメージするのに役立つコンテンツが充実していることも特徴の一つです。

採用サイト事例:商社編

続いて、魅力的な採用サイトを持つ商社の事例を2つ紹介します。

丸紅株式会社

丸紅株式会社の新卒採用サイトは、「とがった丸になれ、丸紅。」というキャッチフレーズと、そのことばを軸としたデザインおよびコンテンツで統一感があります。「100のとがった丸。」という特集では、従業員100人分の「仕事のやりがい」「今後の目標」「プライベートの過ごし方」といったメッセージを掲載しています。

「求職者に一緒に働くことになる従業員について知ってもらいたい」という企業がぜひとも参考にしたい採用サイト事例の一つです。また、視覚的に見やすくまとまっているメニュータブも必見です。

伊藤忠商事株式会社

続いて紹介するのは、伊藤忠商事株式会社の採用サイトです。“アオイ情熱を持っている”というキャッチコピーと、青を基準としてシンプルにまとまった美しいデザインが印象的です。

従業員紹介ページに付いている「アオイ情熱を持つ人たち」という特集タイトルは、採用サイト全体の統一感をさらに強めています。また、トップページの目立つところに「NEWS」を表示しており、求職者が最新ニュースを見逃さないための工夫も見受けられます。

採用サイト事例:小売編

次に、小売業界から参考にしたい採用サイトの事例を2つ紹介します。

株式会社ニトリ

株式会社ニトリの採用サイトは、高いデザイン性とコンテンツの充実度を誇ります。企業および採用に関する情報を「NITORIを知る」「NITORIで働く」「NITORIの採用」という3つのカテゴリーに分けて掲載しています。

また、時価総額や売上高、年間買上者数などといった情報も、イラストと数字を使って視覚的にわかりやすくまとまっています。「求職者が企業研究や情報収集をしやすい採用サイトを制作したい」という企業がぜひとも参考にしたい採用サイトの事例です。

株式会社良品計画

次に紹介するのは、株式会社良品計画のキャリア採用サイトです。企業のイメージ通り、シンプルなデザインが印象的となっており、トップページでは企業の理念や未来像を伝えるためのメッセージを大きく掲載しています。

ちなみに、株式会社良品計画では「新卒採用」「キャリア採用」「店舗スタッフ採用」の3つの採用サイトを設けています。それぞれ別の採用サイトを設けることで、求職者が求める情報を簡潔に届けることに成功しています。

採用サイト事例:サービス編

次に、サービス業界の企業の魅力的な採用サイトを紹介しましょう。

株式会社オリエンタルランド

株式会社オリエンタルランドの新卒採用サイトのトップページには、ディズニーランドを連想させるイラストとともに、楽しそうにまたは真剣に働く従業員の姿が写されています。

「総合職」「テーマパークマネジメント職」「専門職」の3つの職種ごとに、実際に働く従業員のキャリアステップや1日のスケジュール、休日の過ごし方などを掲載しています。企業のミッションや採用情報といった基本的なコンテンツに加え、求職者にワクワクを伝えるためのコンテンツ制作にも力を入れている点は、ぜひとも参考にしたいポイントではないでしょうか。

株式会社カカクコム

続いて紹介するのは、「価格.com」や「食べログ」などを運営する株式会社カカクコムの採用サイトです。トップページのヘッダーに「従業員が生き生きと働いている姿」を写した写真が使われているのが印象的です。

全体的にシンプルな構成になっている分、「新卒エントリー」と「キャリアエントリー」のボタンやメニューがわかりやすく、ユーザビリティが高いサイトに仕上がっています。また、求職者にオフィスの雰囲気を伝えるため、オフィスの外観と内装の写真にもこだわっている点も非常に参考になります。

採用サイト事例:金融・保険編

続いて、金融・保険業界の会社の採用サイトを2つ紹介します。

株式会社三井住友銀行

株式会社三井住友銀行の採用サイトは、“いい子になるな、いい個になれ。”というキャッチコピーが印象的です。トップページは、従業員のインタビュー動画を背景に、就活生向けのメッセージを伝えるという構造になっています。

黒を背景としたデザインや、インタビュー動画を全面に使ったアニメーションなど、一般的な銀行の採用サイトと差別化することに成功している事例です。

ライフネット生命保険株式会社

ライフネット生命保険株式会社の採用サイトは、他社とは異なるシンプルで洗練されたデザインが目を引きます。黄緑・グレー・白の配色と、コンテンツのメディア風配置が特徴的です。

「社員図鑑」というコンテンツでは、個性的なニックネームとともに従業員の特徴や紹介文を掲載しています。さまざまなバックグラウンドを持った従業員がいることを効果的に伝えることに成功しています。「他社とは違う面白い採用サイトを制作したい!」という企業が参考にしたい事例です。

採用サイト事例:ソフトウェア・通信編

ソフトウェア・通信業界の企業の中から、魅力的な採用サイトを2つ紹介します。

Chatwork株式会社

Chatwork株式会社は、“野心と確信。”というコアメッセージ、および“働くをもっと楽しく、創造的に。”というコーポレートミッションを掲げた採用サイトを公開しています。

企業のミッションや働き方などを明確に提示していることから、「自社に合う人材を採用したい」という採用側の強い意志が伝わります。また、数字データを用いて働く環境を紹介しているページの「職場での服装ランキング」や「職場で履いている靴ランキング」「社員がこだわっている在宅グッズ」といったコンテンツは、ユニークでおもしろい採用サイト制作の良い参考になります。

LINE株式会社

LINE株式会社の採用サイトは、見慣れたLINEアプリカラーを基調としたシンプルなデザインが魅力的です。「技術・研究」「デザイン」「企画・マーケティング」「コーポレート・サポート」と、3つの職域ごとに、求職者が職種について調べたり求人を探したりできる仕組みになっています。

また、「よくある質問」では、応募や選考、福利厚生、働き方など、求職者が気になる質問にQ&A形式で回答しています。求職者のユーザビリティを意識している点は、採用サイトを制作するにあたってぜひとも参考にしたいポイントです。

事例から学ぶ魅力的な採用サイトを制作するポイント

採用サイト事例

ここまで、参考にしたい企業の採用サイトを業種別に紹介しました。そこで次に、これらの事例から学ぶ魅力的な採用サイトを制作するポイントを紹介します。

デザインにこだわる

採用サイトのデザインは、自社の印象を大きく左右する大切な要素の一つです。

ここまで紹介した事例からわかるように、シンプルなものからカラフルで創造的なものまで、採用サイトのデザインは企業によってさまざまです。しかし、いずれの採用サイトも企業のイメージやターゲットとする求職者層に合わせた一貫性のある魅力的なデザインに仕上がっています。

求職者に自社の強みや魅力を伝えるためには、シンプルでわかりやすく、かつ魅力的なデザインにこだわることが重要です。

心に残るキャッチコピーを考案する

多くの企業は、採用サイトの目立つところに企業の理念や求める人材を一言で伝えるための「キャッチコピー」を大々的に掲載しています。

キャッチコピーは、採用サイトひいては企業の印象を決めるといっても過言ではありません。求職者の共感を得たり心を掴んだりできる魅力的なキャッチコピーを考案しましょう。

求職者が知りたいコンテンツを充実させる

どんなにデザインやキャッチコピーが魅力的でも、求職者が知りたい情報が網羅されていなければ、良い採用サイトとは言えません。採用サイトの事例を参考に、次のようなコンテンツを充実させましょう。

  • ・企業理念/ミッション
  • ・従業員インタビュー/メッセージ
  • ・働き方/仕事内容
  • ・選考の流れ
  • ・募集要項 など

また、コンテンツを充実させるだけでなく、従業員インタビューの中で「とある1日の流れ」を紹介したり、仕事内容を実際の商品を例にとって紹介したりするなど、情報の伝え方も工夫すると良いでしょう。

オリジナリティ溢れるおもしろいサイトにする

最後に、オリジナリティのあるおもしろいサイトに仕上げることも意識したいポイントの一つです。採用サイトは、サイトの構成やデザインから、掲載するコンテンツまで自由に決められるため、自社らしさや自社の強みをアピールする場として最適です。

自社らしさを前面に押し出した印象的な採用サイトを制作すれば、求職者や就活生の間で話題になったり、企業のファンが増えたりすることもあります。細部までこだわったオリジナリティ溢れる採用サイト制作を心がけましょう。

まとめ

採用サイトを制作・リニューアルする際に参考にしたい企業の採用サイトを紹介しました。

企業の既存採用サイトには、デザイン性や掲載コンテンツや情報の伝え方、キャッチコピーなど、参考にしたいポイントがたくさん詰まっています。今回紹介した事例を参考に、自社の目的や特徴、強みに合わせた採用サイトを制作して採用力の向上を目指しましょう。

ディップ株式会社では、日本を支える中小企業の皆様に向けて、ワンストップのDXサービスを提供しています。

DXの実践においては、人材確保や教育の壁、DXを前提とした組織改革の壁、そして予算の壁と、さまざまな課題が立ちはだかります。ディップが提案する「one-stop DX.」は、これらの問題を専属のカスタマーサクセスが並走しながら導入と運用をサポートいたします。DXに伴う現場の混乱やシステムの複雑化を回避可能です。

また、ディップではソリューションの提供にあたって、すべて自社のスタッフが顧客対応を行うダイレクトセールスを採用しています。営業とカスタマーサクセス、開発チームが密に連携を取っている営業スタッフが、顧客の潜在ニーズまでを丁寧に把握し、満足度の高いサービスの提供に努めます。

提供するDXソリューションは、バックオフィスとセールスの双方に適用可能です。DX推進を検討の際には、お気軽にご相談ください。

ディップは自社で培った営業ノウハウと、多様なデジタルツールを組み合わせ、
お客様の企業収益向上に関わる全てを、専門担当制でのサポートを提案します。
人材の確保、デジタルツールの選定・導入、そのた企業収益向上に対してお気軽に問い合わせください。

CONTACT

ページ上部へ戻る