採用サイトの制作方法は?制作のポイントとお役立ちサービス・ツール

2022/03/28 コボットコラム
採用サイト制作

自社の採用力を強化する方法の一つに、採用サイトの制作があります。採用サイトを制作することは、応募者数の増加や採用コストの削減など、求職者だけでなく企業にも大きなメリットをもたらします。

とはいえ、採用サイトを制作するにあたっては、「どうやって進めれば良いの?」「どんなポイントに注意して制作すべき?」などとお悩みの方は少なくないでしょう。そこで今回は、採用サイトの制作方法やポイント、採用サイト制作に役立つサービス・ツールを紹介します。

採用サイトを制作する効果・メリット

そもそも、企業が採用サイトを制作することには、どのような効果があるのでしょうか?ここでは、自社の採用サイトを制作する主なメリットを紹介しましょう。

応募者数の増加

自社採用サイトを制作することで、応募者の増加が見込めます。

採用サイトは、求職者に向けて自由に自社の魅力や強みを配信することに適しています。動画や写真、インタビューといった幅広いコンテンツを通して、求職者に興味を持ってもらいやすいため、志望度ひいては応募率を高めることができます。

採用コストの削減

採用サイトを制作するメリットの2つ目は、採用コストを削減できることです。

外部の求人サイトや人材紹介を通して人材を確保する場合、掲載料や紹介料など膨大な採用コストがかかります。しかし、自社の採用サイトを制作し長期的に運用していけば、採用コストを抑えて自社で人材を確保できるようになります。

採用サイトの制作・運用にある程度まとまったコストはかかるものの、長期的にはそれ以上の費用対効果が期待できます。

採用マッチング率の向上

採用マッチング率を向上できることも、採用サイトを制作するメリットの一つです。

自社の採用サイトでは、社内の雰囲気や代表・従業員のメッセージなどを自由に発信することが可能です。自社の方針やリアルな雰囲気をしっかり伝え、求職者の理解や共感を促しやすいため、入社後のミスマッチを効果的に防止できます。

リソース不足や労働環境の悪化を招く「入社後のミスマッチ」を防止し、自社が求める希望の人材を獲得できるというのは、企業にとって大きなメリットでしょう。

採用サイトの制作で力を入れたいポイント

続いて、採用サイトを制作するにあたって、特に力を入れたいポイントを紹介します。採用サイトの効果を最大化させるために、次の4つのポイントに力を注ぎましょう。

  • ・コンテンツ
  • ・デザイン
  • ・キャッチコピー
  • ・スマホ対応化

コンテンツ

まず、採用サイトにはコンテンツが不可欠です。

採用サイトにおける良質・魅力的なコンテンツとは、一言でいえば「求職者が知りたい情報」のことです。求職者がどのようなことを知りたいと思っているのかを理解した上で、採用サイトに盛り込むコンテンツを決定しましょう。

中でも、「オフィスの雰囲気」や「社員インタビュー」といったコンテンツは、自社で働く姿や一緒に働く仲間をイメージしやすいため、積極的に掲載したいところです。写真や動画、SNSなど、活用するコンテンツの種類にも工夫すると良いでしょう。

デザイン

採用サイトの制作で力を入れたいポイントの2つ目は、デザインです。

ただ単にインパクトの強い奇抜なデザインにすれば良いというわけではありません。採用サイトのデザインは、あくまでも「コンテンツありき」であり、コンテンツを効果的に伝えるための魅力的なデザインを考案することが大切です。

また、採用サイトのデザインが自社の社風やイメージとマッチしているかどうかも重要なポイントです。ターゲットとする求職者の心を掴めるように、自社ならではのデザインにこだわってみましょう。

キャッチコピー

3つ目のポイントは、キャッチコピーです。採用サイトのトップページに表示するキャッチコピーは、企業の第一印象、および求職者の志望度を左右する重要なポイントです。

たとえば、株式会社三井住友銀行の採用サイトでは“いい子になるな、いい個になれ”、株式会社ファミリーマートの採用サイトでは“パンか、ごはんか、ファミマか。”というキャッチコピーが使われています。自社の特徴やイメージを伝えつつ、求職者の興味を引けるように、意味や想いを込めたキャッチコピーを考えましょう。

スマホ対応化

先ほどお伝えしたように、採用サイトのデザインは求職者に与える印象を大きく左右します。

スマホで仕事を探す求職者が増えている現代においては、魅力的なデザインを考案することに加えて、スマホやタブレットなどの端末に対応できるレスポンシブデザインを採用することもとても重要なポイントです。

また、スマホ未対応の採用サイトには、検索で上位に表示されにくいというデメリットもあります。求職者のユーザビリティを向上するため、そして採用サイトを検索結果上位に表示させより多くの求職者に訪れてもらうために、スマホ対応の採用サイトを制作しましょう。

採用サイトを制作する方法

では、企業が自社採用サイトを制作したい場合、どのようにして制作を進めれば良いのでしょうか?採用サイトを制作する方法は、大きく分けて次の2つです。

  • ・採用サイト制作会社に依頼する
  • ・自社で採用サイトを制作する

ここでは、それぞれの制作方法の特徴やメリット・デメリットについて詳しく解説していきます。

採用サイト制作会社に依頼する

1つ目は、採用サイトに特化したWeb制作会社に依頼する方法です。採用サイトに限らず、幅広いWebサイト制作を得意としている会社が多く、サイトの構築からヒアリングにもとづくコンテンツ制作までトータルで依頼できることが特徴です。

メリットは、採用サイト制作に関する総合的なサポートを受けられることです。サイトのデザインやコンテンツの考案から、求人検索エンジンとの連携・流入対策まで、総合的に依頼することができます。

ただし、自社で制作するのと比較して多少コストはかさみます。「しっかりコストを割いて、採用サイトを制作・運営したい」という企業におすすめの採用サイト制作方法です。

自社で採用サイトを制作する

2つ目は、自社で採用サイトを制作する方法です。具体的には、Webサイトの制作・管理に特化したCMS(コンテンツ管理システム)やWordPressなどを使って、採用サイトの制作を行います。次のような手順で制作準備を進めることが一般的です。

  • 1. 採用サイトの目的や、獲得したい人材像の確認
  • 2. 掲載するコンテンツの整理・決定
  • 3. 採用サイトのコンセプト・デザインの決定
  • 4. 採用サイトの公開

Web制作会社に依頼するのと比較して、制作・運営コストを大幅に抑えられるというメリットがあります。

採用サイト制作サービス・ツールの活用がおすすめ!

自社で採用サイトを制作する場合、採用サイトの制作に特化したサービスやツールの活用がおすすめです。CMSや採用管理システムを活用すれば、Webサイト制作の専門知識がなくても、誰でも簡単に採用サイトを制作することができます。

採用サイト制作サービス・ツールの選び方

採用サイト制作の選び方

次に、採用サイト制作サービス・ツールの選び方を紹介しましょう。「どのサービス・ツールを使えば良いの?」とお悩みの方は参考にしてください。

費用は予算内か

サービスやプランによって、採用サイトの制作にかかる費用は大きく変わってきます。サービスを選ぶ際は、制作および運営にかかる費用が予算に納まるかどうか確認しましょう。

ただし、初期費用が安くても、採用サイトを運営していくにあたってオプション費用が嵩むこともあります。サービスを選ぶ際は、初期費用だけでなく、長期的な運用を視野に入れてトータルコストを比較検討しましょう。

求人サイトと連携できるか

制作した採用サイトを主要求人サイトと連携できるかどうかも確認しておきたいポイントです。大手求人サイトとの連携をカバーしており、なおかつ連携サイト数が多いサービスを選ぶことで、より多くの流入導線を確保できます。

「採用サイトを制作したのに、応募者に気づいてもらえない……」という事態を避けるためにも、連携サイト数が多いサービスを選ぶと安心です。

独自ドメインを使用できるか

採用サイトを制作するにあたって、独自ドメインを使用できるかどうかも確認しておきましょう。

ドメインとは、WebサイトのURLの「example.com」の部分のことです。自社オリジナルのドメインを使用することには、SEO効果を最大化できる他、求職者にページの役割を理解してもらいやすい・覚えてもらいやすいといったメリットがあります。

採用サイト制作サービスの中には、サービス名のドメイン下にしかサイトを制作できず、独自ドメインを使用できないサービスもあるため、注意が必要です。

採用管理機能はあるか

最後に、採用管理機能が充実しているかどうかも押さえておきたいポイントです。

採用サイトは制作することがゴールではなく、効果的に運営して採用力を高めることが目的です。採用管理機能が充実したサービスを選ぶことで、採用サイトの公開後も効率良く採用業務を遂行することができます。

中には、応募者管理や採用サポートなどの機能が備わった採用支援ツール寄りのものも登場しています。自社の採用業務で必要な機能や、ツールを使ってどこまで管理を行いたいのかを考えながら、自社に向いている採用サイト制作サービス・ツールを選びましょう。

主な採用サイト制作サービス・ツール

次に、自社の採用サイト制作に役立つサービス・ツールの例を紹介します。

HRMOS採用

「HRMOS採用」は、株式会社ビズリーチが提供する採用業務の効率化に特化したクラウド型採用管理システムです。採用ページの制作・公開はもちろん、候補者管理や面接評価管理、採用レポートなど、採用業務で必要な機能が充実しています。

Webサイト制作の専門知識がなくても、直感的なUIで簡単に採用・求人ページを制作できます。自社の採用状況と採用課題の可視化、およびデータを活用した採用の改善まで、これ一つで完結できるのが魅力です。「採用管理機能が充実したシステムを探している」という方におすすめです。

公式サイト

採用係長

「採用係長」は、株式会社ネットオンが提供する採用サイトの制作から応募者集客までワンストップで行える採用サイト制作ツールです。ITや物流、接客など幅広い業界の46,190の事業所で利用されています。

指定のフォーマットに沿って求人票を作り、豊富なテンプレートの中からデザインを選ぶだけで、簡単に採用サイトを制作できます。また、スマホ対応はもちろん、SEO対策やSSL、独自ドメイン対応など、採用サイト制作を効率的に進めるための機能が充実しています。

公式サイト

クラウドハウス採用

「クラウドハウス採用」は、株式会社Techouseが提供する従来の採用管理機能と圧倒的な集客力を併せ持ったクラウド自社採用HP制作サービスです。

最大の特徴は、強い集客力を持つ採用サイトを簡単に制作できることです。IndeedやGoogleしごと検索など大手求人検索エンジンと連携可能であるため、検索エンジンに最適化された自社の採用サイトを手に入れることができます。

また、採用のプロによる手厚いサポートを受けられることも魅力となっています。

公式サイト

まとめ

自社採用サイトの制作を検討している企業に向けて、制作メリットや制作方法、採用サイトの制作に役立つサービス・ツールを紹介しました。

採用サイト制作ツールや、採用サイト制作機能が備わった採用管理システムを活用すれば、Webサイト制作の専門知識がなくても簡単に自社の採用サイトを制作できます。自社に合う方法で採用サイトを制作して、自社採用力の強化を図りましょう。

ディップ株式会社では、日本を支える中小企業の皆様に向けて、ワンストップのDXサービスを提供しています。

DXの実践においては、人材確保や教育の壁、DXを前提とした組織改革の壁、そして予算の壁と、さまざまな課題が立ちはだかります。ディップが提案する「one-stop DX.」は、これらの問題を専属のカスタマーサクセスが並走しながら導入と運用をサポートいたします。DXに伴う現場の混乱やシステムの複雑化を回避可能です。

また、ディップではソリューションの提供にあたって、すべて自社のスタッフが顧客対応を行うダイレクトセールスを採用しています。営業とカスタマーサクセス、開発チームが密に連携を取っている営業スタッフが、顧客の潜在ニーズまでを丁寧に把握し、満足度の高いサービスの提供に努めます。

提供するDXソリューションは、バックオフィスとセールスの双方に適用可能です。DX推進を検討の際には、お気軽にご相談ください。

ディップは自社で培った営業ノウハウと、多様なデジタルツールを組み合わせ、
お客様の企業収益向上に関わる全てを、専門担当制でのサポートを提案します。
人材の確保、デジタルツールの選定・導入、そのた企業収益向上に対してお気軽に問い合わせください。

CONTACT

ページ上部へ戻る