「人材派遣会社」がBPOを活用するメリット・デメリットと活用方法

2021/10/28 コボットコラム
BPOとは

営業リストの作成やテレアポなど、新規営業先の開拓・獲得において、BPOやアウトソーシングを検討している営業担当者は少なくないでしょう。そこで今回は、人材派遣会社でBPOを活用するメリット・デメリットや、BPOの活用方法などを紹介します。

また、BPOの代わりにおすすめのセールス支援パックについても紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

BPOとは

BPO(Business Process Outsourcing)とは、業務プロセスの一部を総じて専門業者に外部委託する経営手法のことです。BPOは、アウトソーシングの一種で、アウトソーシングと比較して対応業務の幅がやや狭いことから、より狭義な意味で用いられます。

BPOの特徴は、マーケティングやコールセンターなどといった業務を、業務の企画や設計から丸ごと委託できることです。特定の業務を限定的に代行依頼するアウトソーシングや人材派遣とは違い、BPOでは人材育成や配置から業務効率化・コスト削減などといった課題解決まで総じて担ってもらうことが可能です。

人材派遣会社でBPOを活用するメリット

では、人材派遣会社でBPOを活用することにはどのようなメリットがあるのでしょうか?ここでは、人材派遣会社でBPOを活用する主なメリットを2つ紹介します。

リソースをコア業務に集中できる

人材派遣会社でBPOを活用するメリットの一つ目は、経営リソースをコア業務に集中させられることです。

たとえば、新規営業先の開拓・獲得において、営業リストの作成やテレアポなどをすべて営業担当者が行うとなれば、多くの企業はリソース不足に直面します。そこで、BPOを活用して業務を丸ごと外部委託することで、自社のリソースをコア業務に集中させられるようになります。

その結果、生産性や業務効率の向上などを実現することができます。

専門業者の高いノウハウを活用できる

二つ目のメリットは、マーケティングやITなど、専門業者が持つ高いノウハウを活用できることです。たとえば、テレアポでの新規顧客獲得に特化した専門業者にテレアポ業務を委託することで、自社が持っていない専門的なノウハウや経験を取り入れてもらうことが可能です。

人材派遣会社でBPOを活用するデメリット

メリットの大きいBPOですが、活用するにあたっては留意しておきたいデメリットも存在します。

自社にノウハウが蓄積されない

人材派遣会社でBPOを活用するデメリットは、自社にノウハウや経験が蓄積されないことです。

たとえば、営業リストの作成をBPOした場合、基本的にすべて専門業者に任せっぱなしになってしまうため、リスト作成に関するノウハウを自社で活用していくことはできません。そのため、自社でノウハウを蓄積していきたい業務や、将来的に自社で担っていきたいと考えている業務に関しては、BPOの活用はおすすめできません。

人材派遣会社でBPOを活用するには?

Business Process Outsourcing

BPOはあらゆる業務を対象としており、多くの企業が総務・人事業務やマーケティング業務、コールセンター業務などをBPOで外部に委託しています。では、人材派遣サービス業界では、どのような業務でBPOを活用するのが良いのでしょうか?

前提として、基本的にBPOの対象となるのは、専門性や難易度が低く、比較的再現・定型かしやすい「ノンコア業務」です。これを念頭に置いた上で、ここでは人材派遣会社でBPOを活用する方法について解説していきましょう。

営業リストの作成

一つ目は、「営業リストの作成」を一括して外部に委託する方法です。人材派遣会社が新規顧客を獲得するには、新規営業先の選定やアプローチ(飛び込み営業やテレアポ)、受注につなげるためのリードナーチャリングなどを行う必要があります。そして、これらの新規顧客の開拓プロセスの土台となっているのが「営業リストの作成」です。

しかし、営業リストを作成するためには、あらゆる求人サイトから最新の求人出稿状況を集め、リスト化する必要があるため、非常に手間と時間がかかります。求人サイトをもとに営業リストを作成するには、派遣会社による情報を取り除いたり、必要な企業情報を収集したりもしなければなりません。

また、既存顧客への対応やフォローなどで手一杯で、そもそも営業リストを作成するための時間や人材が不足しているという企業も少なくないでしょう。そこで、営業リストの作成をBPOすることで、経験やノウハウがなくても営業リストを効果的に新規顧客に役立てられるようになります。

テレアポ(アポイント獲得)

人材派遣会社においてリード獲得手法として古くから活用されている「テレアポ」もBPOに適した業務の一つです。「テレアポを実施したいものの、人材が不足している」とか「テレアポは営業担当者への精神的負担が大きすぎる」などといった課題を抱えている企業は、テレアポ(アポイント獲得)の代行を検討すると良いでしょう。

テレアポ業務をBPOすることで、営業担当者のリソースを他のコア業務に充てられるようになります。また、テレアポに特化したスペシャリストに依頼することで、専門業者の持つノウハウやスキルを活用できるというメリットもあります。

人材派遣会社にはセールスパックの利用がおすすめ!

ここまでで、人材派遣会社におけるBPO活用のメリットや活用方法(BPO対象業務)についてお伝えしました。BPOには、経営面におけるさまざまなメリットがある一方で、自社にノウハウや経験が残りにくい、後から自社対応に戻すことが容易ではないというデメリットも存在します。

そこで、「新規顧客開拓に関するノウハウを得て今後の活動に生かしつつ、効果的にアポイントを獲得していきたい」とお考えの営業担当者の方には、セールスパックの利用がおすすめです。

「セールスパック」は、人材派遣会社向けのセールス支援パックです。11媒体の求人データに対応した営業リスト作成とアポイント獲得支援で、効果的な新規顧客のアポイント獲得が可能です。

  • ・求人を出している企業の営業リスト作成
  • ・問い合わせフォームへの自動メール送信
  • ・テレアポ代行

「セールスパック」の詳細はこちらをご確認ください。

なお、当社ディップ株式会社では、人材派遣会社様に向けて、「セールスパック」に関するウェビナーを下記のとおり実施いたします。

◆こんな方におすすめ

  • ・営業先の企業情報や求人の出稿状況などを効率良く収集したい
  • ・営業電話の効率を高めアポイント獲得率を高めたい
  • ・同じエリアでの営業効率を高めるために、より多くの営業先を回りたい

ご参加のお申し込みは、以下の申込フォームに必要事項をご記入ください。

まとめ

BPOは、業務プロセスを一括して外部委託することで、リソース不足や業務効率化といった課題解決を実現します。生産性の向上やコスト削減などのメリットが大きい一方、社内にノウハウや経験を蓄積できないというデメリットも存在します。

そのため、「営業リストの作成やアポイント獲得に関するノウハウを自社にしっかり蓄積しつつ、リソース不足の中でも効果的に行っていきたい」という営業担当者の方には、人材派遣会社向けのセールス支援パックの利用をおすすめします。

ディップは自社で培った営業ノウハウと、多様なデジタルツールを組み合わせ、
お客様の企業収益向上に関わる全てを、専門担当制でのサポートを提案します。
人材の確保、デジタルツールの選定・導入、そのた企業収益向上に対してお気軽に問い合わせください。

CONTACT

ページ上部へ戻る