予約管理アプリおすすめ無料・有料6選!導入メリットと選び方

2021/09/30 コボットコラム
予約管理アプリ

電話やグルメサイト、SNSなどで寄せられた予約を管理するなら、予約管理アプリの活用がおすすめです。予約管理アプリでは、あらゆる予約を一元管理できることはもちろん、予約受け付けの自動化や顧客管理・分析なども行えます。

今回は、予約管理アプリの導入メリットや主要機能、飲食店向けのおすすめ無料・有料予約管理アプリを紹介します。

予約管理アプリとは

予約管理アプリとは、電話やメール、ネットから寄せられる予約を一元管理できるアプリのことです。スマホやタブレット端末にインストールするだけで手軽に利用できるので、導入ハードルが極めて低いこと、そして忙しい飲食店の現場などでも利用しやすいことが特徴です。

予約管理アプリを利用して受付対応を自動化することで、予約の取りこぼしをなくしたり、予約に関するあらゆる業務を効率化したりすることができます。また、事前決済機能や顧客管理機能が付帯したアプリを導入すれば、活用シーンはさらに広がります。

予約管理アプリ導入のメリット

続いて、予約管理アプリの導入によって得られるメリットを紹介しましょう。

予約機会損失を防げる

予約管理アプリ導入メリットの一つ目は、見込み客による予約機会の損失を防げることです。

予約管理アプリを活用すれば、営業時間外や忙しくて電話対応ができない時間帯も含め、24時間365日いつでも新規予約を受け付けられるようになります。従来の電話・メール予約で取りこぼしてしまっていた見込み客の予約機会損失を防げるため、確実に予約数を増やすことができます。

また、時間を問わずスマホでサクッと予約できるようにしておくことで、これまで電話・メールでの予約を手間に感じていた顧客層も獲得できるようになるでしょう。

予約受付・管理業務を効率化できる

二つ目のメリットは、予約受付・管理業務を大幅に効率化できることです。

予約管理アプリでは、電話やメール、グルメサイト、SNSなどから寄せられた予約情報を一元管理することができます。顧客と直接メッセージや電話でやり取りしたり、予約情報を台帳に記載したりする必要がないため、予約受付・管理にかる手間・時間を大幅に削減できます。

また、予約件数が増えるほど起こりやすくなるダブルブッキングや記載・確認ミスといったヒューマンエラーもなくせます。さらには、追加の手間をかけずに、顧客に向けて予約のリマインドメールを送信したり、売上管理・集計をしたりできるので、業務の生産性も高まります。

顧客情報の収集・管理ができる

顧客情報の収集・管理ができることも、予約管理アプリ導入によって期待できるメリットの一つです。

多くの予約管理アプリには、予約情報をもとに自動で顧客情報をデータ化・分析する機能が備わっています。そのため、手間をかけることなく、利用日や注文内容、金額などのデータを収集することが可能です。

これらの蓄積された顧客情報を活用することで、より顧客視点に沿った接客・サービスを提供できるようになります。

予約管理アプリの主要機能

次に、予約管理アプリに備わっている主な機能を紹介します。「具体的にどんなことができるの?」と疑問に思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

予約一元管理機能

まず、予約管理アプリに欠かせないのが予約一元管理機能です。その名の通り、あらゆるプラットフォームで受け付けた予約をアプリ上で管理する機能のことです。

アプリで予約の受付・管理を行うにあたっては、自社の業界に適した予約フォームが必要です。以下の予約フォームの中から、自社での利用に適したものを選びましょう。

  • ・時間・カレンダー型
  • ・時間割型
  • ・日にち型
  • ・イベント・セミナー型
  • ・スタッフ指名型 など

飲食店での利用であれば時間・カレンダー型、美容院やサロンでの利用ならスタッフ指名などの予約フォームが最適です。業界や営業形態に適した予約管理機能を活用することで、効果的に予約を管理できるようになります。

顧客情報管理機能

顧客情報管理機能は、利用日や注文内容、金額などの顧客情報を収集し分析できる機能です。顧客データを時間や曜日、顧客の属性などで管理・分析することで、サービスや経営改善に役立てることができます。

また、顧客の連絡先や予約・注文履歴が自動的に蓄積され、簡単に確認できるようになるので、「顧客台帳」としても役立ちます。

顧客に関する情報をノートやパソコンに手動で記録する手間を省きつつ、顧客満足度向上や売り上げアップを目指した顧客管理が行えるのは飲食店経営者にとって大きなメリットだといえます。

メール配信機能

予約管理アプリの主要機能の三つ目は、メール配信機能です。メール配信機能とは、顧客が予約時に入力したメールアドレスを使って、予約リマインドメールやメールマガジン、限定クーポンなどを配信する機能のことです。

メール配信機能は、予約忘れや当日キャンセルを減らすための対策としてはもちろん、メールマーケティング活動にもかなり役立ちます。一斉メール配信機能が備わった予約管理アプリの導入は、別途サービスを利用する必要がないことからコストパフォーマンスにも優れています。

他サービス連携機能

グルメサイトや会計ソフト、POSレジなどの外部サービス・システムとの連携機能です。自社が使用しているシステムと連携することで、データ入力や決済、売上げ管理などにおける工数・手間を大幅に削減することができます。

たとえば、グルメサイトネット予約連携のあるアプリを活用すれば、グルメサイトで寄せられた予約が自動的にアプリに反映されるため、簡単に管理できるようになります。また、マーケティングや顧客分析などに特化した外部サービスと連携させれば、予約管理アプリで蓄積された顧客データを活用してより高度な分析を行うことも可能です。

予約管理アプリを選ぶポイント

予約管理アプリの選び方

ここまで、予約管理アプリの導入メリットと主要機能についてお伝えしました。そこで次に、自社に合った予約管理アプリを選ぶポイントを紹介していきます。

自社の業界に適しているか

一つ目のポイントは、自社の業界に適しているかどうかです。具体的には、飲食店で予約管理アプリを導入する場合、飲食店向けに開発されたアプリまたは飲食店での利用に適したアプリを選ぶ必要があります。

一口に「予約管理アプリ」と言っても、ホテルや美容室・サロン、スクール、病院など、利用業界によって必要な機能や予約方法・テンプレートなどは大きく異なります。予約管理アプリを選ぶにあたっては、飲食店で必要な機能が充実しているか、飲食店での導入実績が豊富かどうかなどを基準に、自社に合ったアプリを選定しましょう。

予約上限数が料金プランに見合っているか

二つ目のポイントは、予約上限数が料金プランに見合っているかどうかです。ほとんどの予約管理アプリは、料金プランごとに月間の予約上限数やメール配信上限数などの制限を設けています。

そのため、予約管理アプリやプランを選ぶ際は、予約受付やメール配信、予約フォーム作成などの上限が十分かどうかを確かめる必要があります。また、これらの上限数が料金プランに見合っているかどうかも合わせて確認しておきましょう。

基本的には、料金が高いほど上限数は多く設定されており、中には無制限で予約を受け付けられるアプリもあります。無料プランや月額基本料が安いアプリの場合、上限数が不十分であったり、上限数を超えた分に別途費用がかかりコストパフォーマンスが悪くなってしまったりすることもあるため注意が必要です。

セキュリティ対策は万全か

セキュリティ対策が万全かどうかも確認しておきたいポイントです。

予約管理アプリでは、顧客の個人情報を取り扱うため、多かれ少なかれ情報漏洩のリスクが伴います。そのため、会社や店舗の規模を問わず、高度なセキュリティ対策を搭載した予約管理システムを選ぶのが最善です。

具体的には、個人情報が漏れないよう暗号化を行っている「SSL対応」のアプリや、一定以上のセキュリティマネジメントシステムを保有していることの証明「ISMS認証」を受けているアプリを選ぶと安心です。

外部システムと連携できるか

自社・店舗で利用している外部システムと連携できるかどうかも確認しておきましょう。先ほどもお伝えしたように、予約管理アプリは、グルメサイトや会計ソフト、POSレジなどの外部システム・サイトと連携することで、より便利にかつ効率良く予約や顧客、売り上げに関するあらゆる業務を遂行できるようになります。

アプリによって連携可能なシステムが異なるため、選定時にはしっかりと連携できるグルメサイトやシステム、サービスを確認しておくと良いでしょう。

おすすめの予約管理アプリ:無料編

ここからは、実際におすすめの予約管理アプリを紹介していきます。まず、「初期費用を抑えて予約管理アプリを導入したい」「無料の予約管理アプリを探している」という方に向けて、無料で使える予約管理アプリを3つ紹介しましょう。

ヨヤクノート

ヨヤクノートは、予約と顧客に関するあらゆる情報をかんたんに一元管理できる予約台帳アプリです。株式会社カカクコムが提供しているiPadアプリで、無料で利用を開始できることが特徴です。

ヨヤクノートには、飲食店の予約受付・管理業務で欠かせない次の3つの機能が備わっています。

  • ・予約台帳
  • ・顧客台帳
  • ・グルメサイトネット予約連携

高機能ながらシンプルな操作性に仕上がっており、マニュアルなしに利用を開始することが可能です。また、お店の営業時間とテーブル情報の二項目を登録するだけと、初期設定が簡単であることもうれしいポイントです。

ヨヤクノートは、食べログ会員店舗であれば初年度無料で利用が可能です。会員でなくても、無料で一ヶ月間お試しができるので、「まずは無料で使用感をチェックしてみたい」という方におすすめです。

主要機能

  • ・予約台帳
  • ・顧客台帳
  • ・グルメサイトネット予約連携

料金プラン

  • ・1ヶ月間無料でお試し可(※食べログ店舗会員は、1年間無料)
  • ・月額:11,000円(税込)

公式サイト

ヨヤクノート

レストランボード

レストランボードは、株式会社リクルートが提供する飲食店・レストラン向けの予約台帳アプリです。電話予約とネット予約の一元管理の他に、テーブル管理や顧客管理もこれ一つで行えます。

飲食店での予約管理に必要な機能が充実している上、基本機能利用料0円ですぐに利用を開始できるのも魅力の一つとなっています。また、レストランボードは、株式会社リクルート提供のPOSレジアプリ「AirREGI」や決済サービス「AirPAY」、受付管理アプリ「AirWAIT」などの関連サービスと連携することで、あらゆる業務の効率化を実現できます。Airレジ関連サービスを既に導入している店舗や導入予定の店舗、そして費用を抑えて予約管理を効率化したい方におすすめです。

主な機能

  • ・予約台帳
  • ・テーブル管理
  • ・顧客管理
  • ・メッセージ・ネット広告配信
  • ・外部連携

料金プラン

  • ・ダウンロード:無料
  • ・基本機能利用:無料
  • ・オプション機能利用:要相談

公式サイト

レストランボード

STORES 予約

STORES 予約は、ヘイ株式会社が提供する10万社以上の導入実績を誇るネット予約受付・管理システムです。さまざまな予約フォームや決済機能、集客・販売促進機能がそなわっており、180を超える業種に対応しています。

飲食店をはじめ、業種に合わせたテンプレートが用意されているので、簡単に導入・運用することができます。管理者向けの専用無料アプリを活用すれば、スマホやタブレットから手軽に予約管理を行うことができます。

また、STORE 予約は、管理者向けアプリの他に、お客様専用アプリも提供しています。そのため、管理者はもちろんのこと、顧客もアプリ上で手軽に予約・キャンセルなどの操作をすることが可能です。顧客のユーザビリティも重視して予約管理アプリを選びたいという方におすすめです。

主な機能

  • ・予約管理
  • ・ネット決済
  • ・顧客管理・対応
  • ・集客・販売促進

料金プラン

  • ・フリープラン:無料
  • ・ライトプラン:月8,778円(税込)
  • ・スタンダードプラン:月26,378円(税込)
  • ・プラチナプラン:月66,000円(税込)

公式サイト

STORES 予約

おすすめの予約管理アプリ:有料編

続いて、有料のおすすめ予約管理アプリを3つ紹介します。

ebica

ebicaは、株式会社エビソルが提供するレストラン・飲食店の商売繁盛のためのクラウド型予約管理システムです。ネット予約管理の自動化に加え、AIの活用による電話予約受付・管理の自動化にも対応しています。スタッフが不在の際にも、電話予約を受け付けることが可能です。

また、さまざまなグルメサイトやPOSシステム、CRMサービスなどと連携できることもebicaの特徴の一つです。たとえば、POSシステムと連携することにより、ebicaで蓄積された顧客情報を活用して予約経路別に売り上げを分析したり、POSに入った注文情報とebicaの予約履歴を紐付けたりすることができます。

ebicaは、外部システムとの連携や電話予約の自動化を重視して予約管理アプリを選びたい飲食店経営者におすすめです。

主な機能

  • ・予約台帳
  • ・ネット予約管理
  • ・電話予約管理
  • ・外部連携

料金プラン(通常価格)

  • ・初期費用:44,000円(税込)
  • ・月額費用:22,000円(税込)

公式サイト

ebica

TORETA

TORETAは、株式会社トレタが提供する飲食店向け予約・顧客台帳サービスにおいて業界シェアNo.1を誇るシステムです。iPad専用のアプリであることから、iPad上での操作性が抜群に優れています。

TORETAの最大の特徴は、22もの外部グルメサイトやITサービスと連携が可能なところです。ヒトサラやOZmall、美味案内などの連携グルメサイトで予約が入ると、予約情報がTORETAに自動的に反映されます。さらには、複数のグルメサイトと連携することが可能なため、予約管理の負担を大幅に減らすことができます。

また、TORETAでは、手数料無料で自社専用のウェブ予約ページを作成することも可能です。自店のホームページやSNSに指定のURLを貼るだけで、簡単に予約導線を増やせるのは飲食店経営者にとってうれしいポイントです。

主な機能

  • ・予約台帳
  • ・顧客台帳
  • ・集計・分析
  • ・ウェブ予約

料金プラン

・要相談

公式サイト

TORETA

ぐるなび台帳

ぐるなび台帳は、予約台帳と顧客台帳で構成されたシステム・アプリです。予約管理機能では、直感的な操作でスムーズに予約を一元管理できます。

株式会社ぐるなびが提供しているシステムということもあり、ぐるなびで寄せられた予約情報を自動的にシステムの予約台帳に反映させることができます。ちなみに、ぐるなび以外の他社グルメサイトとも連携・予約の自動取り入れが可能です。

ぐるなび台帳は、タブレット(iPad)での使用が推奨されていますが、スマホでも予約情報の確認・管理・分析といった機能を利用することができます。外出先や忙しいレストランの現場でサクッと予約管理を行いたいときにも便利です。

普段からぐるなびで予約を獲得している飲食店はもちろん、そうでない店舗にも幅広くおすすめできる予約管理アプリです。

主な機能

  • ・予約台帳
  • ・顧客台帳
  • ・集計・分析
  • ・POS連携

料金プラン

  • ・初期導入費:11,000円(税込)
  • ・月額利用料:10,450円(税込)
  • ・月額タブレット端末追加利用料:5,500円/台(税込)

公式サイト

ぐるなび台帳

まとめ

今回は、予約管理アプリの導入メリットや主要機能、アプリを選ぶポイントと合わせて、実際におすすめの予約管理アプリ例を紹介しました。

予約管理アプリには、予約機会の損失を防いだり、予約受付・管理業務を効率化したりできるなど、さまざまなメリットがあります。無料でお試しできるアプリやフリープランを提供しているアプリを活用すれば、費用を抑えて導入することも可能です。

「電話やネット、SNSなどで寄せられた予約を一元管理したい」「予約受付・管理業務を効率化したい」などという飲食店経営者の方は、ぜひ予約管理アプリの利用を検討しましょう。

ディップは自社で培った営業ノウハウと、多様なデジタルツールを組み合わせ、
お客様の企業収益向上に関わる全てを、専門担当制でのサポートを提案します。
人材の確保、デジタルツールの選定・導入、そのた企業収益向上に対してお気軽に問い合わせください。

CONTACT

ページ上部へ戻る