【飲食店集客の基本】集客施策を今見直すべき理由とは?

2021/02/13 コボットコラム

飲食店集客には一体どれだけの手法があるのでしょうか。また、新しい集客方法が話題となるなか、従来の集客方法は本当に効果が無くなったのでしょうか。今回はそうした飲食店経営者の悩みに答えるべく、飲食店集客を見直すべき理由について解説した後で、集客施策の基本と、今後求められる集客施策について紹介していきます。様々なサービスは今後も登場していくと予想されますが、大切なことは「情報の洪水に流されないこと」です。何が自店舗にとって重要な集客施策なのか、考えるきっかけになれば幸いです。

 

飲食店集客を見直すべき理由

飲食店が集客方法を見直すべき理由として、以下の2つが挙げられます。

  • ・生活スタイルの変化
  • ・様々なデジタルサービスの登場

 

新型コロナウイルス感染症蔓延の影響を受けて、人々の生活スタイルは大きく変化しました。特に首都圏を中心とした時短営業によって、20時以降の店舗売り上げはゼロに等しくなり、飲食店は20時までの営業時間の中で従来の売り上げを上げるために工夫せざるを得ない状況となっています。今後ワクチンの接種が始まるにつれて、徐々に飲食店への顧客は戻ることが想定されますが、新型コロナウイルス感染症蔓延の前のような「密な空間での食事提供」は行いづらいでしょう。店舗では依然として、席数減少やパーテーションの設置、変化したライフスタイルに対応する集客施策を講じていかなければならないことが予想されます。

また、こうした新型コロナウイルス感染症蔓延を背景に急速に成長を遂げた分野があります。それが「フードデリバリーサービス」です。スマホアプリやPCブラウザから簡単に注文ができ、指定された時間に配達員が商品を自宅まで届けてくれるサービスは変化したライフスタイルの1つといえるでしょう。

さらに、減少する売り上げを安定的に確保するべく、サービス化が始まったものに「飲食店サブスク」があります。飲食店サブスクは、ユーザーが月額定額課金システムを利用する代わりに、飲食店は商品の「食べ放題サービス」や「1杯無料サービス」といった価値提供を行うことになります。飲食店サブスクの詳細は後述しているため、このまま記事を読み進めてください。

飲食店集客の基本

飲食店集客を見直すにあたって、まずは基本の集客方法をおさえておきましょう。飲食店の基本となる集客方法は以下の通りです。

  • ・クーポン・チラシの配布
  • ・SNS発信
  • ・LINE公式アカウントの利用
  • ・店舗ホームページの作成
  • ・飲食系メディアへの掲載

 

いずれの集客方法も飲食店経営では欠かせない施策となります。ポイントは、施策ごとで役割分担を行うことです。クーポン・チラシの配布は新規顧客獲得を目的とした施策、LINE公式アカウントを利用したユーザーへのアプローチはリピーター獲得を目的とした施策、といった形で分けることで、本当に必要な集客施策だけに注力できるようになります。「自店舗に足りない集客方法は何か」といった視点で、基本の集客方法を確認してみましょう。

クーポン・チラシの配布

クーポン・チラシの配布を行うことで、近隣住民や商圏内のユーザーに自店舗の存在を知らせることができます。また、新サービスの告知など、クーポン・チラシが担う役割には様々なものがあるため、新規顧客獲得に向けた配布が良いのか、あるいは既存顧客のリピート頻度を上げるために配布するのが良いのか、といったことを考えながら企画しましょう。

SNS発信

TwitterやFacebook、Instagramを活用することによって、ユーザーと交流を図ることができます。SNSの特徴は、ユーザーと店舗が近い距離で接することができる点にあり、ユーザー側は普段質問できないことを聞けたり、店舗側は新商品の告知や営業時間の変更などの用途で活用できたりするのがメリットです。ただし、定期的な運用には労力がかかるため、自店舗に空いたリソースがある場合は運用を依頼するなどの工夫が必要となります。

LINE公式アカウントの利用

様々な業種・業態が利用しているLINE公式アカウントは、飲食店集客にも効果的です。例えば、公式アカウントの機能であるクーポン機能では、ユーザーが来店時に使用するクーポンとして発行でき、お得に店舗サービスを利用できるとあってリピーター獲得に効果があります。また、ユーザーが普段使いしているLINEにアカウントを作成するため、手軽にコミュニケーションが取れるメリットが得られます。

店舗ホームページの作成

店舗ホームページは、来店を予定しているユーザー(新規顧客)に対して、自店舗の雰囲気を端的に伝える便利なツールとなります。店舗で提供しているメニューや、店内写真を掲載することで、ユーザーの来店意欲を高めることが可能です。

飲食系メディアへの掲載

飲食系メディアに店舗情報を掲載することで、一定の集客効果を得ることができます。ただし、掲載には料金が発生することもあるため、事前に確認しておくことが重要です。

今後求められる飲食店集客方法

飲食店集客の基本について確認していきましたが、ここからは今後求められる飲食店の集客方法について解説していきます。主に挙げられる集客方法は以下の3つです。

  • ・Googleマイビジネスの活用
  • ・デリバリーサービス
  • ・サブスク導入

 

いずれのサービスも、デジタルテクノロジーの発達によってもたらされたもので、媒体によっては参入している企業が少ない分野もあります。この機会に自店舗に取り入れられる集客施策がないか探してみてください。

Googleマイビジネスの活用

Googleマイビジネスとは、Googleが提供している「店舗情報管理ツール」のことです。Google検索のナレッジパネルや、Googleマップ上のビジネスプロフィールに表示される店舗情報をビジネスオーナー自身の手によって修正・管理することができる機能となります。利用にあたっては、管理するビジネス情報が管理者と正しく結びついているかを確認するために「オーナー確認」を行う必要があります。 Googleマイビジネスの詳しい内容については「飲食店の集客対策|Googleマイビジネスを活用するメリット・デメリット」で解説しているため、参考にしてみてください。

デリバリーサービス

新型コロナウイルス感染症蔓延の影響を受けて、急速にサービス提供地域が拡大しているのが「デリバリーサービス」です。大手チェーン店のみならず、個人飲食店とも業務提携を行っており、商品の受注から受取、お客様宅まで配達する業務を全て代行してくれるのが特徴といえます。飲食店では、店舗に到着した配達員に対して商品を渡すだけで業務が完結するため、店舗業務に対する負担が少ないのがメリットです。

サブスク導入

飲食店の新しい試みとして、商品の一部または全てを定額制で提供する「サブスクリプション」の導入が始まっています。飲食店サブスクは、フードデリバリーサービスのような「プラットフォームを抱えるサービス業者と提携する」もしくは「自店でサブスクの仕組みを開発する」の2つのタイプに分かれます。いずれの場合も、赤字とならないような運用計画が必要になるため、導入は慎重に決める必要があります。

なお、飲食店サブスクの詳細は「飲食店がサブスクを導入するメリット|始め方や導入事例を紹介 」で解説しているため、気になる方は参考にしてみてください。

 

まとめ

飲食店集客を取り巻く環境は日々変わりつつありますが、変化が激しい時勢だからこそ、従来の集客方法の良さや改善点を振り返ることができます。飲食店集客においても、良いものは残し、改善が必要なものはアップデートしていく心構えが必要といえそうです。

 

コボットはディップ株式会社が提供するRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)サービスです。自動化できる単純作業は、社員(人)に代わってロボット(コボット)に任せることで、貴重な人材がそれまで割いていた工数を、より高度な仕事に集中する為の時間とすることが可能になりました。
ディップはRPAの導入相談から実際のRPA導入、導入後の運用に至るまでトータルでサポートします。「RPAを導入したい」「RPAを導入したが、活用しきれていない」「RPAの導入に踏み切ったが失敗した」など、導入における課題が多いいRPAですが、安心して導入いただけるサポート体制をご用意しています。

さらに、スケジュールの自動調整・WEB面談など採用現場の業務効率化を可能にする「面接コボット」や、人材派遣業界に特化した「HRコボット」、不動産業界の業務フローに沿ったテンプレート型RPA「不動産コボット」などの業界・業務特化型のRPAをご用意しています。

RPAについて悩んでいる企業のご担当者の方は、今すぐディップ株式会社までご相談ください。

ディップは自社で培った営業ノウハウと、多様なデジタルツールを組み合わせ、
お客様の企業収益向上に関わる全てを、専門担当制でのサポートを提案します。
人材の確保、デジタルツールの選定・導入、そのた企業収益向上に対してお気軽に問い合わせください。

CONTACT

ページ上部へ戻る