飲食店の集客対策
Googleマイビジネスを活用するメリット・デメリット

2021/02/09 コボットコラム

飲食店の集客施策として「Googleマイビジネスを活用したい」と考えている飲食店経営者も多いことでしょう。そこで今回の記事では、Googleマイビジネスを活用することで得られる集客効果と、活用するデメリットについて解説していきます。Googleマイビジネスの運用が面倒に感じていた飲食店経営者も、この機会に管理体制を変えてみてはいかがでしょうか。

Googleマイビジネスとは?

Googleマイビジネスとは、Google検索やGoogleマップ上に、自身が運営するビジネス情報を表示し、管理できるツールのことを指します。飲食店の場合に置き換えると、「飲食店の情報を正しくGoogle検索やGoogleマップ上に表示できる管理ツール」ということになります。

実店舗を構えてビジネスを営む飲食店では、店舗に来店してくれるユーザーがいて初めてビジネスが成り立ちます。最近は新型コロナウイルス感染症蔓延の影響を受けて、テイクアウトやデリバリーサービスが普及していますが、実店舗の基本的な集客方法はユーザーの来店による売り上げ獲得です。

そのような飲食店経営において、店舗近くを通るユーザーは見込み顧客であり、看板や張り紙といった方法で店舗の存在を知らせることができますが、来店するユーザーの約60%がスマートフォンで店舗情報を収集していることを考えると、Web上に公開されている店舗情報を正しいものにしておく必要があります。Googleマイビジネスは、こうしたスマートフォンを使って店舗情報を検索するユーザーに正しい情報を伝えるのに役立ちます。定期的に管理することで、Webを利用するユーザーは店舗の正しい情報を常に知ることができます。

飲食店集客にGoogleマイビジネスを活用するメリット

Web上で自店舗の情報を検索するユーザーに対して、正しい情報を届けるGoogleマイビジネスですが、飲食店が集客に活用するメリットにはどういったものがあるのでしょうか。考えられるメリットについて、5つ紹介していきます。

  • ・来店率の高いユーザーにアプローチできる
  • ・Google検索やGoogleマップ上の店舗情報を修正できる
  • ・新規顧客獲得が見込める
  • ・インバウンド集客に効果が見込める
  • ・店舗ホームページが作成できる

Googleマイビジネスは、Google検索やGoogleマップ上に掲載するローカルビジネス情報を管理するツールのため、正しい情報を常に保っておくことで、来店率の高いユーザーや新規顧客に対してアピールすることができます。また、Googleマイビジネスには、ローカルビジネス(店舗密着型ビジネス)を営む経営者に向けて様々なツールを提供しています。その1つに「ページビルダー機能」がありますが、ページビルダー機能を活用すれば、店舗情報をもとに簡易ホームページを自動生成することが可能です。

来店率の高いユーザーにアプローチできる

Googleマイビジネスを活用することで、店舗の近くに訪れたユーザーに正しい店舗情報を露出できるようになります。また、写真や連絡先、ホームページURLや投稿機能などを追加することで、検索結果画面における多様なユーザーニーズに応えることが可能です。店舗の近くで自店舗を検索するユーザーのことをイメージし、「どのような情報が掲載されていれば来店意思を固めることができるのか」を考えることが大切になります。

Google検索やGoogleマップ上の店舗情報を修正できる

実はGoogle検索やGoogleマップ上の店舗情報は、第三者ユーザーによって編集することが可能です。Googleのローカルガイドヘルプによれば、ローカルガイド(ユーザー)は「クチコミや写真の投稿、情報の追加や編集といった作業を通じてGoogleマップに命を吹き込む存在」として定義されています。したがって、Googleマイビジネスを触ったことのない店舗の情報も、Google検索やGoogleマップ上で表示されることがあります。

Googleからすればローカルガイドの行動は「Googleマップに命を吹き込む行為」として認識されますが、店舗経営者からすれば「間違った店舗情報を掲載される可能性を残してしまう」ことにつながり、結果的に「数年前の情報から更新されていない」といった事態に陥っていることがあるのです。このようにGoogleマイビジネスの放置は店舗にとって不利益となる可能性があるため、オーナー確認を済ませ、定期的に管理する必要があります。

新規顧客獲得が見込める

Googleマイビジネスで店舗情報を正しく管理しておくことで、来店予定の見込み顧客に対して必要な情報を露出できるようになります。初めて店舗を訪れるユーザーであっても、口コミや投稿内容をチェックすることで、店舗の雰囲気などを事前に知ることが可能です。

インバウンド集客に効果が見込める

Googleマイビジネスで店舗情報を正しく管理することで、Googleマップを利用するインバウンドに対して「口コミの星評価の表示」や「経路案内機能」によって来店をサポートすることができます。仮に日本語が分からない観光客でも、世界基準のUIや、Google翻訳機能を活用して店舗情報を仕入れることが可能です。

店舗ホームページが作成できる

Googleマイビジネスのページビルダー機能を活用することで、簡易的な店舗ホームページを作成することができます。ページビルダー機能で作成するホームページはGoogle検索のナレッジパネルや、Googleマップのビジネスプロフィールの「ホームページURL欄」に反映できるため、手軽に店舗ホームページを持ちたい飲食店経営者におすすめの機能といえます。

飲食店集客にGoogleマイビジネスを活用するデメリット

飲食店経営者はGoogleマイビジネスを管理することで様々な集客効果を得られますが、管理するにあたって以下のようなデメリットも同時に抱えてしまいます。

  • ・登録・運用の手間がかかる
  • ・運用の成果が分からない

まずはGoogleマイビジネスに登録に対して時間が取られてしまいます。スムーズにいけば10分程度で終わる登録チュートリアルですが、管理するビジネス情報のオーナー確認方法選択のために、時間が取られてしまうケースがあります。また、運用を始めたが、「どのようにして運用の成果を管理したらいいかが分からない」といった悩みも発生しやすいため、Googleマイビジネスで店舗情報を適切に修正した後は、運用せずに放置してしまう経営者が多いのも実情です。

Googleマイビジネスの運用は委託できる

せっかく管理を始めたGoogleマイビジネスは、店舗情報を編集するツールとしてではなく、店舗集客を加速させるツールとして利用したいものです。とはいえ、「自店舗で運用するリソースがない」という経営者の方も多いことでしょう。そのような場合は、Googleマイビジネスの登録・運用作業の代行を専門とする外部業者に委託することを検討しましょう。

まとめ

飲食店がGoogleマイビジネスを管理するメリットは「店舗情報を適切に管理できること」です。しかし、集客効果を最大化するには、定期的な投稿や管理によって、店舗から発信していくことが重要となります。自店舗にリソースがない場合は放置するのではなく、より低予算で運用できる方法を探すのがおすすめです。

コボットはディップ株式会社が提供するRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)サービスです。自動化できる単純作業は、社員(人)に代わってロボット(コボット)に任せることで、貴重な人材がそれまで割いていた工数を、より高度な仕事に集中する為の時間とすることが可能になりました。
ディップはRPAの導入相談から実際のRPA導入、導入後の運用に至るまでトータルでサポートします。「RPAを導入したい」「RPAを導入したが、活用しきれていない」「RPAの導入に踏み切ったが失敗した」など、導入における課題が多いいRPAですが、安心して導入いただけるサポート体制をご用意しています。

さらに、スケジュールの自動調整・WEB面談など採用現場の業務効率化を可能にする「面接コボット」や、人材派遣業界に特化した「HRコボット」、不動産業界の業務フローに沿ったテンプレート型RPA「不動産コボット」などの業界・業務特化型のRPAをご用意しています。

RPAについて悩んでいる企業のご担当者の方は、今すぐディップ株式会社までご相談ください。

ディップは自社で培った営業ノウハウと、多様なデジタルツールを組み合わせ、
お客様の企業収益向上に関わる全てを、専門担当制でのサポートを提案します。
人材の確保、デジタルツールの選定・導入、そのた企業収益向上に対してお気軽に問い合わせください。

CONTACT

ページ上部へ戻る