【2022】LINE公式アカウントの作り方は?設定方法と活用のアイデア

2022/08/16 コボットコラム
LINE公式アカウントの作り方

LINE公式アカウントとは、企業や店舗などのビジネス向けLINEアカウントのことです。2022年3月末時点でLINEの国内ユーザー数は月9,200万人を超えており、多くの人に情報を届けられる他、クーポンやショップカードなどの便利機能が充実していることから、店舗での集客・販促にぜひとも活用したいサービスです。

LINE公式アカウントは、誰でも無料・5分で簡単に作ることができます。そこで今回は、LINE公式アカウントの作り方と初期設定の方法、活用アイデアなどを紹介します。

LINE公式アカウントとは?

LINE公式アカウントとは、LINE上に作成できる企業や店舗向けのビジネスアカウントのことです。自社・自店舗のLINE公式アカウントを「友だち追加」してくれたユーザーに向けて、メッセージやクーポンを配信したり、ショップカードなどの便利機能を提供したりすることができます。

LINEは、日本の人口の70%以上に値する9,200万人ものユーザー(2022年3月時点)が利用している、今や多くの人にとって欠かせないSNSの一つです。そんなLINE上に公式アカウントを作成することで、多くの顧客に利用してもらい、店舗での集客や販促に役立てることが可能になります。

LINE公式アカウントの種類と料金プラン

LINE公式アカウントの作り方をみていく前に、LINE公式アカウントの種類と料金を確認しておきましょう。

LINE公式アカウントの種類

LINE公式アカウントには、「承認済アカウント」と「未承認アカウント」の2種類があります。いずれも選べる料金プランは同一ですが、一部対応している機能が異なります。

LINE公式アカウントの種類 概要
承認済アカウント LINEの審査を通過したアカウント
※青色の「認証バッジ」が付与される
未承認アカウント 審査なしで誰でも作成できるアカウント
※一部制限あり

承認済アカウント

認証済アカウントとは、LINE所定の審査を通過し、青色の「認証バッジ」が付与されたアカウントのことです。一定の審査が必要ですが、通過すれば信頼性がアップするため、顧客により安心して「友だち追加」してもらいやすくなります。

信頼性がアップすることの他にも、承認済アカウントでは下記のようなことが可能になります。

  • ・LINEアプリ内の検索結果に表示される
  • ・販促用のポスターを無料でダウンロードできる
  • ・店頭POPなどのツールを発注できる
  • ・請求書決済を選択できる

未承認アカウント

未承認アカウントとは、個人・法人を問わず誰でも審査不要で取得できるアカウントのことです。審査が不要であるため、簡単にアカウントを開設できますが、上記の「承認済アカウントでできること」で挙げた、検索結果表示や請求書決済には対応していません。

未認証アカウントは、検索結果に表示されず、店頭での友だち集めに有効なポスターやPOPなどを利用できないため、集客や販促にはあまり向いていません。基本的に、未認証アカウントは会員制店舗など、クローズドな運用をしたい場合のみ利用すると良いでしょう。

料金プラン

LINE公式アカウントの料金プランは、無料の「フリープラン」と有料の「ライトプラン」「スタンダードプラン」の3つです。なお、初期費用はいずれのプランも無料です。

料金体系 フリープラン ライトプラン スタンダードプラン
月額費用 無料 5,000円 15,000円
無料メッセージ数 1,000通/月 15,000通/月 45,000通/月
追加メッセージ 不可 5円/通 ~3円/通

参照元:料金プラン|LINE for Busines

無料プランと有料プランの違いは、1ヶ月に配信できる無料メッセージの通数と、追加メッセージの従量料金です。

「とりあえず始めてみたい」という店舗経営者の方は、まずはフリープランを選べば、完全無料で利用することができます。友だち数の増加に伴って月に1,000通以上のメッセージを配信したい場合は、有料プラン(ライトプランまたはスタンダードプラン)へのアップグレードが必要です。

LINE公式アカウントの作り方

LINEアカウント

LINE公式アカウントは、たったの5分ほどで簡単に作成することができます。ここでは、LINE公式アカウントの作り方を4つの手順に分けて説明します。

  • 1. LINE公式アカウントの開設ページへアクセスする
  • 2. LINE Business IDを開設する
  • 3. 必要事項を入力する
  • 4. 管理画面にログインする

手順1:LINE公式アカウントの開設ページへアクセスする

まず、LINE公式アカウントの公式ページにアクセスし、「アカウントの開設」ボタンをクリックします。

ちなみに、ここで紹介している方法の他に、LINE公式アカウントのアプリをダウンロードして、スマホでLINE公式アカウントを作る方法もあります。パソコンをお持ちでない方や、スマホで手続きを済ませたい方は「App Storeからダウンロード」または「Androidの方はこちら」をクリックしましょう。

手順2:LINE Business IDを開設する

次に、LINE Business IDを開設します(既に開設済みの場合は、手順3へ)。

LINE Business IDとは、LINE公式アカウントを作成するのに必要なIDのことです。現在利用しているLINE個人アカウント、または任意のメールアドレスを登録して、LINE Business IDを開設してください。

手順3:必要事項を登録する

画面にLINE公式アカウントの作成フォームが表示されますので、「アカウント名」や「メールアドレス」「会社/事業者名」「業種」などの必要事項を入力します。入力が完了したら、入力内容を確認して問題なければ申し込み完了です。

手順4:管理画面にログインする

ここまでの手順が完了すると、「LINE Official Account Manager」という管理画面にログインできるようになります。管理画面にログインできたら、LINE公式アカウントの作成はひとまず完了です。

管理画面では、LINE公式アカウントに関するさまざまな設定を行えます。運用に向けて必要な設定については次章で詳しく解説します。

LINE公式アカウント作成後の設定方法

LINE公式アカウントを作成できたら、次は店舗情報やプロフィール、あいさつメッセージなど、各種設定を行います。LINE公式アカウントの運用を始めるには、これらの設定が必要です。ここでは、初期設定の方法について説明します。

LINE公式アカウントの情報を登録する

まず、LINE公式アカウントのプロフィール画像や基本情報を追加します。管理画面の「設定」→「アカウント設定」を選択し、下記の項目を設定しましょう。

  • ・アカウント設定:ステータスメッセージ・プロフィール画像など
  • ・情報の公開:認証ステータスや検索結果表示、位置情報など
  • ・機能の利用:トークへの参加・写真や動画の受け取りなど
  • ・アカウント情報:会社の所在地域・運用の目的・ビジネスマネージャーなど

プロフィールを設定する

続いて、LINE公式アカウントのプロフィールを設定します。プロフィールとは、ユーザーが友だち追加を行う際に表示される画面のことで、お店のホームページのような役割を果たします。

プロフィールでは、下記の4項目を設定することができます。

  • ・ステータスメッセージ:プロフィール上部メッセージを表示
  • ・ボタン:「トーク」や「通話」など、任意のボタンを最大3つまで設定
  • ・パーツ追加:写真やメニュー、デリバリーなど任意のコンテンツを表示
  • ・基本情報:店舗の住所や電話番号、営業時間、予算などを掲載

プロフィールは、ユーザーが友達追加する際に必ず目にする画面です。「ステータスメッセージ」や「パーツ追加」で友だち追加のメリットを訴求しつつ、基本情報でユーザーが知りたいであろう店舗の基本情報を伝えましょう。

あいさつメッセージを設定する

プロフィールの設定ができたら、次は「あいさつメッセージ」の設定を行いましょう。あいさつメッセージとは、ユーザーが友だち追加をした際に自動で送信されるメッセージのことです。

あいさつメッセージは、自店舗のアカウントの第一印象を決める大切なメッセージです。「友だち追加ありがとうございます!」といった感謝のメッセージとともに、ユーザーメリットや配信内容などを登録しておきましょう。あいさつメッセージと一緒に初回限定クーポンを配信するのもおすすめです。

応答メッセージを設定する

続いて、「応答メッセージ」も時間がある際に登録しておきましょう。登録メッセージとは、ユーザーがトークで話しかけた際に自動で送信されるメッセージのことです。「キーワード応答機能」を使えば、キーワードに対して特定の応答メッセージを送信することもできます。

LINE公式アカウントの活用アイデア

ここまでで、LINE公式アカウントの作成と運用準備は整いました。そこで次に、店舗でのLINE公式アカウント活用アイデアを3つ紹介します。

  • ・店頭で案内して「友だち」を増やす
  • ・メッセージを配信してコミュニケーションを強化する
  • ・便利機能を活用して販促を行う

店頭で案内して「友だち」を増やす

LINE公式アカウントを効果的に運用するには、一人でも多くの友だち(LINE公式アカウントを登録してくれたユーザーのこと)を増やすことが重要です。そのためには、顧客に公式アカウントの存在を知ってもらい、友だち追加を促す必要があります。

LINE公式アカウントを作成しただけで、自動的に友だちが増えることは基本的にありません。店頭にポスターやPOPを掲載してLINE公式アカウントを宣伝したり、店頭でお客さんに声がけをして友達追加を促したりして、友だちを増やしましょう。「LINE友だち追加で、10%OFFクーポンをプレゼント!」といったキャンペーンの実施も、友だち増加に効果的です。

メッセージを配信してコミュニケーションを強化する

一定以上の友だちが集まったら、友達に対してメッセージを配信しましょう。メッセージ配信では、普段LINEで家族や友人にメッセージを送るのと同じ感覚で、情報を発信することができます。

配信できるメッセージにはさまざまなタイプがあり、テキストメッセージはもちろん、写真やスタンプ、動画、クーポンなど、目的や伝えたいメッセージに合わせて選んで配信できます。フリープランでは、月に1,000通まで無料でメッセージを配信することができますので、ぜひ活用してみましょう。

便利機能を活用して販促を行う

LINE公式アカウントには、メッセージ配信の他にも集客・販促に役立つ便利機能がたくさん備わっています。

  • ・クーポン:LINE上で配信・使用できるクーポン
  • ・ショップカード:LINE上で発行・管理できるポイントカード
  • ・レポート:ユーザーの反応を確認できるレポート機能
  • ・LINEで予約:LINEで店舗の来店予約ができる機能(※オプション機能)

LINE公式アカウントの運用目的に応じて、これらの便利機能を使いこなすことで効果的に集客・販促を行えるようになります。レポート機能でユーザーの反応を確認しつつ、LINE上でさまざまな集客・販促施策を実施していきましょう。

まとめ

LINE公式アカウントの作り方と初期設定の方法、活用アイデアなどを紹介しました。

LINE公式アカウントは、効果的な販促・集客や、顧客とのコミュニケーション強化ができる、店舗経営者におすすめのサービスです。LINE公式アカウントは、誰でも無料で簡単に作成することができますので、この記事で解説した作り方の手順を参考にして、ぜひLINE公式アカウント運用に挑戦してみてください。

また、LINE公式アカウントは、「LINEミニアプリ」と同時運用することで、さらなる顧客体験の向上につながります。当社ディップ株式会社は、LINEミニアプリを使ってお店のポイントカードを作成できるサービス「常連コボットfor LINE」を提供しています。

常連コボット for LINE

「常連コボットfor LINE」を導入していただいた方を対象に、LINE公式アカウントの取得・初期設定代行や、LINE公式アカウント配信代行も行っています。店舗ビジネスを行っているオーナー様、経営者の方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

ディップ株式会社では、日本を支える中小企業の皆様に向けて、ワンストップのDXサービスを提供しています。

DXの実践においては、人材確保や教育の壁、DXを前提とした組織改革の壁、そして予算の壁と、さまざまな課題が立ちはだかります。ディップが提案する「one-stop DX.」は、これらの問題を専属のカスタマーサクセスが並走しながら導入と運用をサポートいたします。DXに伴う現場の混乱やシステムの複雑化を回避可能です。

また、ディップではソリューションの提供にあたって、すべて自社のスタッフが顧客対応を行うダイレクトセールスを採用しています。営業とカスタマーサクセス、開発チームが密に連携を取っている営業スタッフが、顧客の潜在ニーズまでを丁寧に把握し、満足度の高いサービスの提供に努めます。

提供するDXソリューションは、バックオフィスとセールスの双方に適用可能です。DX推進を検討の際には、お気軽にご相談ください。

ディップは自社で培った営業ノウハウと、多様なデジタルツールを組み合わせ、
お客様の企業収益向上に関わる全てを、専門担当制でのサポートを提案します。
人材の確保、デジタルツールの選定・導入、そのた企業収益向上に対してお気軽に問い合わせください。

CONTACT

ページ上部へ戻る