リスト作成代行とは?メリット・デメリットと会社の選び方のポイント

2022/03/17 コボットコラム
リスト作成代行

営業の業績を向上させるには、質の高い営業リストの作成が欠かせません。しかし、手動で企業情報を収集しリスト化するには、多大な時間と労力がかかります。

リスト作成におけるリソース不足や、リスト作成の時間効率の悪さといった課題を解決するには、リスト作成代行会社の利用がおすすめです。今回は、リスト作成代行を利用するメリット・デメリットや、リスト作成代行会社を選ぶポイントなどについて解説します。

リスト作成代行とは?

そもそも「リスト作成代行」とは、営業活動に欠かせないリストを自社の代わりに作成してもらうこと、およびリスト作成を代行する業者のことです。

会社の基本情報をまとめた「営業リスト」や、過去に取引があった顧客をまとめた「顧客リスト」など、自社が必要とする情報を掲載したリスト作成を代行してもらうことが可能です。自社がターゲットとする企業の情報がまとまった営業リストを作成してもらうことで、営業活動をスムーズに進めることができます。

リスト作成代行を利用するメリット

では、リスト作成代行には、どんなメリットがあるのでしょうか?自社でのリスト作成と比較しながら、リスト作成代行を利用するメリットを具体的に解説していきましょう。

リスト作成にかかる時間の削減

リスト作成代行を利用するメリットの一つ目は、リスト作成にかかる時間と労力を大幅に削減できることです。

自社でターゲット企業の情報を一から収集する場合、どうしても多大な時間と手間がかかります。実際に、「リスト作成に時間がかかってしまい、本来のコア業務に割く時間が足りない」といった課題を抱えている企業は少なくありません。

そこで、リスト作成のプロである代行会社を利用すれば、自社がターゲットとする企業のリストを素早く手に入れることが可能です。これまでリスト作成にかかっていた時間が大幅に短縮され、業務効率化を実現できます。

質の高いリスト作成

リスト作成業務の効率化に加えて、質や精度の高いリストを入手できることもリスト作成代行を利用するメリットの一つです。

リスト作成代行会社は、言わばリスト作成のプロです。そのため、これまでの実績やノウハウを活かして、自社がターゲットとする企業を網羅した最新かつ高品質なリストを作成してもらえます。

また、プロに依頼すれば、ターゲットではない企業が含まれたり、社内の固定概念で見込み顧客を見落としたりすることもありません。情報重複といったミスもなくせるため、二重営業や営業漏れといったトラブルも未然に防ぐことができます。

生産性の向上

リスト作成代行を利用するメリットの3つ目は、生産性の向上です。多大な時間と労力を要するリスト作成を外注すると、自社の営業担当スタッフは商談や顧客とのコミュニケーションといった「コア業務」により多くの時間を使えるようになります。

質の高い営業リストを使った営業活動に専念できる環境が整うため、生産性や売り上げの向上に大きく貢献することができます。

リスト作成代行を利用するデメリット

リスト作成代行を利用するにあたっては、留意しておきたいデメリットも少なからず存在します。

依頼費用がかかる

リスト作成代行を依頼するデメリットの一つ目は、初期費用や依頼費用がかかることです。高い費用対効果は見込めるものの、リスト作成の作業を外注には一定の費用が発生します。

ただし、上述したように、リスト作成代行を利用すれば、作業にかかる時間ひいては人件費を大幅に節約できます。全体的な生産性が大きく向上するため、長期的に見たコストパフォーマンスは良いといえます。

予算と照らし合わせながら、初期費用や料金プランに納得できるリスト作成代行会社を選ぶと良いでしょう。

会社によってリストの質にバラツキがある

留意しておきたいデメリットの2つ目は、依頼するリスト作成会社によってリストの質にバラツキがあることです。

具体的には、依頼先とのミスマッチにより、自社のターゲットではない企業がリストに含まれるなど、リストの質および精度に納得できないリスクが伴います。

リスト作成代行会社とのミスマッチを防ぐためには、「自社の業界における業界が豊富か」「必要な企業情報を収集できるか」など、自社と相性が良い会社・サービスを選ぶことが大切です。リスト作成代行会社を選ぶポイントについては、記事の後半で詳しく説明しています。

リスト作成代行会社に依頼できる業務内容

リスト作成代行サービスを提供する会社の多くは、営業活動全般のサポートにも幅広く対応しています。ここでは、リスト作成会社に依頼できる主な業務内容を紹介します。

営業リストの作成

リスト作成代行会社の主な対応業務は、企業の情報収集および営業リストの作成です。具体的なプロセスは、代行会社によって異なりますが、基本的に自社がターゲットとする企業の情報をインターネット上のさまざまな媒体から収集してリストアップしてくれます。

自社のターゲットとなる企業を検索から探し出し、企業名や住所、電話番号といった情報ソースをまとめる作業は、手動で行うと非常に時間がかかる作業です。リスト作成代行会社はリスト作成のプロですので、短時間で高品質なリストを提供することができます。

営業活動のコンサルティング

リスト作成代行会社の中には、リスト作成やテレアポ獲得など、営業活動全般に関するコンサルティングを提供している会社も存在します。

リスト作成だけでなく、リストを活用した営業戦略、および営業活動まで総括的にサポートしてもらいたい場合は、コンサルティングも提供しているリスト作成会社を選ぶと心強いでしょう。

ただし、コンサルティングを依頼する場合、基本的にリスト作成代行に加えて追加料金が発生する点に注意しましょう。

テレアポの獲得

リスト作成を作成した後、実際にリストを活用してテレアポの実施まで代行してくれるリスト作成代行会社も少なくありません。

リスト作成からテレアポ実施までワンストップで外注することには、リスト作成を単体で依頼するよりもさらに多くの時間を「商談」に使えるようになるというメリットがあります。

「リスト作成だけでなく、テレアポの外注も考えている」「営業担当者には商談に専念して欲しい」と考えている企業であれば、テレアポの獲得までワンストップで受注してくれる代行会社を選ぶことが理想でしょう。

リスト作成代行会社を選ぶポイント

テレアポ

ここまで、リスト作成代行会社のメリット・デメリット、対応業務内容などについて紹介しました。そこで次に、リスト作成代行会社を選ぶポイントについてお伝えします。

自社の業界における実績は豊富か

リスト作成代行会社を選ぶにあたっては、まずリスト作成の「実績」を確認しましょう。代行会社とのミスマッチを防ぐためにも、「自社の業界における実績が豊富かどうか」は特に注意して確認しておきたいポイントです。

一口に「リスト作成代行会社」といっても、特化している業界や保有しているノウハウやテクニックは会社ごとに大きく異なります。自社のニーズにしっかり対応し、質の高いリストを作成してもらうため、自社の業界における総実績数や強みを確認しておきましょう。

必要な情報がそろっているか

次に、「自社が営業リストに必要とする情報が網羅されているかどうか」も確認しておきたいポイントです。

依頼先によって、企業名や住所、電話番号など、どの情報をどこまで取得できるかは異なります。また、リストに掲載された会社情報が最新のものであるかどうかも重要な判断基準の一つです。古い情報のままのリストでは、スムーズに営業活動を進めることはできません。

公式サイトの情報を参考にしたり、試用期間を利用したりして、リストに必要な情報が網羅されているかどうか、常に最新情報にアップデートされているかどうかを確認しておきましょう。

費用対効果は高いか

次に、高い費用対効果が見込めるかどうかも、リスト作成代行会社を選ぶ上で確認しておきたいポイントです。

料金プラン、および1件のリスト作成にかかる費用は、会社ごとに大きく異なるため、自社のニーズや予算と照らし合わせながら、料金に納得できる会社を選ぶことが大切です。

ただし、最終的には「料金の安いかどうか」よりも「高い費用対効果が見込めるか」で判断する必要があります。料金の安さだけで選んでしまうと、リストの精度が低いなど、営業活動に思うように役立てられないことがあるので注意しましょう。

主なリスト代行作成会社

続いて、主なリスト代行作成会社を3つ紹介します。

株式会社ambient

株式会社ambientは、テレアポ代行サービスを主に提供している会社です。顧客情報を把握するためのヒアリングから、ターゲットリスト・トークマニュアルの作成、テレアポ獲得までワンストップで代行を依頼できるのが魅力となっています。

さらに、株式会社ambientは、各業界での豊富なアポ獲得実績、および最新の120万社の企業リストを保有しているため、自社にとって最適なターゲットリストを作成することが可能です。「リスト作成からテレアポまで、まとめて代行を依頼したい」という企業におすすめです。

公式サイト

LisTOSS

LisTOSSは、法人リストや営業リスト、テレアポリストを無料で作成できるクラウドサービスです。テレアポ代行や営業代行を担う株式会社FTJが提供しています。

160万件のリストの中から、自社がターゲットとする地域や業者の企業情報を無制限でダウンロードすることができます。会社名や住所、電話番号、FAX番号など、企業のあらゆる情報を出典URLとともに取得可能です。

「まずは無料でリストを作成したい」「いずれは、リストを使ったテレアポ・営業の外注も視野に入れている」という企業におすすめです。

公式サイト

Urizo

「Urizo」は、30以上のWebサイトから、最新の企業リストを簡単に作成できるツールです。6万社以上の会社で導入されているなど、業界No.1の高い導入実績を誇っています。

Urizoの最大の特徴は、1件1円以下という圧倒的な低コストでリストを入手できることです。また、タウンページやハローワークなど情報元がハッキリしているので、コストを抑えながらも安心して営業活動に利用できます。

公式サイト

営業リストの作成には「セールスパック」もおすすめ

当社ディップ株式会社では、13媒体から自動で作成したホットな「求人情報リスト」と「テレアポ代行」を組み合わせ、受注見込みの高いアポイント獲得を支援するサービス「セールスパック」を提供しています。

リスト作成はもちろん、テレアポトークスクリプト作成や新規顧客開拓まで、経験豊富なカスタマーサクセスの担当が運用をサポートするため、サービス導入に不安がある企業様でも安心して利用いただけます。

「企業情報や求人の出稿状況を効率良くリスト化したい」「テレアポの獲得率を伸ばしたい」などといった課題を抱えている人材派遣会社様は、ぜひセールスパックをご活用ください。

まとめ

リスト代行作成を利用するメリット・デメリット、リスト代行会社選びのポイントなどについて紹介しました。

品の高い営業リストを入手することは、自社の営業活動を成功させるのに欠かせません。時間や労力をかけずに「高品質なリスト」を手に入れたいのであれば、リスト作成代行やリスト作成ツールの利用を検討してみてはいかがでしょうか?

ディップ株式会社では、日本を支える中小企業の皆様に向けて、ワンストップのDXサービスを提供しています。

DXの実践においては、人材確保や教育の壁、DXを前提とした組織改革の壁、そして予算の壁と、さまざまな課題が立ちはだかります。ディップが提案する「one-stop DX.」は、これらの問題を専属のカスタマーサクセスが並走しながら導入と運用をサポートいたします。DXに伴う現場の混乱やシステムの複雑化を回避可能です。

また、ディップではソリューションの提供にあたって、すべて自社のスタッフが顧客対応を行うダイレクトセールスを採用しています。営業とカスタマーサクセス、開発チームが密に連携を取っている営業スタッフが、顧客の潜在ニーズまでを丁寧に把握し、満足度の高いサービスの提供に努めます。

提供するDXソリューションは、バックオフィスとセールスの双方に適用可能です。DX推進を検討の際には、お気軽にご相談ください。

ディップは自社で培った営業ノウハウと、多様なデジタルツールを組み合わせ、
お客様の企業収益向上に関わる全てを、専門担当制でのサポートを提案します。
人材の確保、デジタルツールの選定・導入、そのた企業収益向上に対してお気軽に問い合わせください。

CONTACT

ページ上部へ戻る