飲食店での「クーポン」の効果は?活用アイデアと役立つツール

2021/12/15 コボットコラム
飲食店のクーポン

クーポンは、飲食店ならぜひとも取り入れたい集客施策の一つです。クーポンをうまく活用すれば、新規顧客の獲得はもちろん、顧客のリピート化や顧客単価アップも狙えます。

とはいえ、飲食店経営者の中には「割引クーポンで売上が減るのは困る」「クーポンの効果的な使い方がイマイチわからない」などとお悩みの方も少なくないでしょう。そこで今回は、飲食店におけるクーポンの効果やアイデア、電子クーポンの配信に役立つおすすめツールなどについて解説します。

飲食店におけるクーポンの効果

そもそも、飲食店でクーポンを配布することにはどのような効果やメリットがあるのでしょうか?ここでは、クーポンが持つ効果について紹介しましょう。

新規顧客の獲得

飲食店が売り上げを伸ばすには、新規顧客の開拓が欠かせません。クーポンの配布は、「初回利用のハードルを下げられる」という理由から、新規顧客の獲得に大いに役立ちます。

わかりやすくいえば、お得なクーポンを配布することで、店舗を利用するか迷っている顧客に対して「来店のきっかけ」を作れます。また、初回来店のハードルを高く感じてしまう顧客が多い中、お試し感覚で来店してもらいやすくなるというのもクーポンの効果の一つでしょう。

既存顧客のリピート化

クーポンの配布は、既存顧客のリピート化にも非常に効果的です。会計時に「次回から使える割引クーポン」を渡したり、既存顧客にアプリやDMで利用期限のある割引クーポンを配信したりすることで、店舗をもう一度利用してもらいやすくなります。

リピート顧客を獲得するには、当然ながら2回、3回、そして4回……と来店回数を重ねてもらう必要があり、一般的には「2回目の来店以降はリピートしてもらいやすい」と言われています。お店の存在を忘れられてしまう前のタイミングでお店をリピートしてもらえるように、クーポンを活用すると効果的です。

顧客単価の向上

飲食店が売り上げを伸ばすには、新規顧客や既存顧客の集客に加えて、顧客単価を上げる必要があります。「割引」のイメージが強いクーポンですが、活用方法によっては顧客単価の向上にも役立てることができます。

たとえば、「お会計金額5,000円以上で5%割引」「〇〇の注文でドリンク1杯サービス」といったクーポンを用意するとします。これにより、顧客にいつもより多く料理を注文してもらったり、やや高価なメニューを試してもらったりすることができるでしょう。

このように、顧客にお得感を強く感じてもらえるクーポンを配布することで、アップセル効果による顧客単価の向上も期待できます。

顧客接点のデジタル化

紙のクーポンではなく、アプリやグルメサイトなどで電子クーポンを配布する場合、「顧客接点をデジタル化できる」というメリットもあります。

電子クーポンを配布するには、顧客にアプリをインストールしてもらったり会員登録してもらったりする必要があります。そのため、電子クーポンを配布することで、自然な流れで顧客とデジタル接点を築くことができるからです。

顧客との接点をデジタル化すれば、クーポンを効果的に配信できるのはもちろんのこと、顧客情報を管理したり、メッセージを送って再来店を促したりするなど、効果的にマーケティングに取り組めるようになります。

飲食店のクーポンの活用方法

ここまで、飲食店がクーポンを配布する効果とメリットについて紹介しました。そこで次に、これらの効果を高めて、集客で成果をあげるためのクーポンの活用方法を具体的に紹介します。

クーポン利用の条件を限定する

クーポンを活用する際は、目的に合わせて「利用の条件」をできるだけ細かく設定します。利用条件を限定することで、ターゲット層をピンポイントに、かつ効果的に集客することができます。

たとえば、平日のランチタイムの売上を増やしたいお店の場合、いつでも誰でも利用できるクーポンを配布するより、「平日17時まで」とか「ランチタイムメニュー限定」など、利用条件を細かく限定したクーポンを配布する方が、より高い集客効果が期待できます。

また、利用条件を限定することには、もともとお店を利用する予定だった常連客にしかクーポンを使ってもらえず、お店に残る利益が減ってしまう事態を防げるというメリットもあります。

何種類ものクーポンを配布する

クーポンは、たくさんの種類を複数枚配布するのが効果的です。クーポンをたくさん配布することで顧客の目を引きやすくなりますし、実際にチェックしたり消費したりしてもらいやすくなります。

ただし、割引率の高いクーポンについては、お得感や特別感が薄れてしまわないよう、配布数を抑えるといった工夫が必要です。クーポンの内容に応じて配布数や頻度を調整しつつ、さまざまな種類のクーポンをたくさん配布するようにしましょう。

クーポン利用者の顧客情報を取得する

クーポンを活用するにあたっては、できる範囲でクーポン利用者の顧客情報を取得しましょう。店頭やレジなどで顧客にクーポンを一方的に配布するのも良いですが、クーポンを配布するのと引き換えに、顧客情報を取得すれば、今後の販売促進に役立てることができます。

たとえば、新メニュー追加やイベント実施などのタイミングに合わせて、既存顧客にお得なクーポンをメールで配布するといった施策を容易に行えるようになります。 「LINEお友だち登録でクーポンプレゼント」「会員登録で次回使える割引クーポンをゲット」といった施策を打ち出すなど、クーポンの配布方法についても工夫してみましょう。

飲食店で導入したいクーポンのアイデア

続いて、飲食店で導入したいクーポンの活用アイデアを紹介します。「どのようなクーポンを配布したら良いの?」と迷っている方はぜひ参考にしてください。

新規登録・インストールクーポン

店舗のオリジナルアプリをインストールしたり、LINE公式アカウントを友だち登録したりしたユーザーに対して配布するクーポンです。特別なクーポン特典を用意することにより、自然な流れで顧客とデジタル接点を作れます。

さらに、「新規会員登録で、今回から使える割引クーポンをプレゼント!」など、クーポンを来店当日に使えるようにすれば、訴求力はより高まるでしょう。

「LINE公式アカウントの友だち登録数やオリジナルアプリのユーザー数を増やしたい」「顧客接点のデジタル化を目指している」などという店舗でぜひとも利用したいクーポンです。

リピーター向けクーポン

実際に店舗を利用したユーザーの再来店を促しリピート化させるには、「次回から使えるクーポン」が効果的です。

1回目の来店を2回目につなげることは、リピート顧客を獲得する上でとても大切です。そのため、新規顧客の獲得を目的とした初回限定クーポンよりもやや豪華な特典を用意すると良いでしょう。

また、3回目以降の来店を促進したいのであれば、来店回数に応じてお得なクーポンを受け取れるポイントカードを用意することも効果的でしょう。

会員限定クーポン

会員限定クーポンは、その名の通りアプリ会員や公式LINEアカウントの友だちなどに配布する特別なクーポンです。会員だけにクーポンを送ることで、自店舗のファンの育成、強いては顧客の囲い込みを行えます。

誕生日クーポン

会員限定クーポンよりもさらに特別感が強いのは、誕生日クーポンです。会員登録の際に、顧客の生年月日情報を収集しておけば、アプリなどを通して誕生月に特別なクーポンを配布できます。

誕生日という特別なイベントに合わせて、いかに特別感のある特典を用意できるかが大切です。

また、飲食店の強みを生かして「誕生日ケーキを無料プレゼント!」といった内容のクーポンも魅力的でしょう。通常のクーポンとは異なる豪華な特典を考案してみましょう。

季節限定クーポン

各季節の訪れに合わせて「季節限定クーポン」を配布するのも良いでしょう。季節ごとに人気のフードやドリンクを割引価格で提供するなど、顧客の需要に合わせた内容のクーポンを配布することが大切です。

また、季節限定にすることで、1年を通して出ているクーポンと差別化でき、来店のきっかけを作りやすいというメリットもあります。

友だち紹介クーポン

友だち紹介クーポンは、友だちや家族などの紹介を受けて来店した顧客が利用できるクーポンです。

このクーポンのメリットは、すでに店舗の魅力を知っている既存顧客を通して新規顧客を獲得できることです。紹介を受けた側はもちろん、紹介者側にも特典を用意することで、より効果的に新規顧客を獲得できるようになります。

また、友だちを連れてくる代わりに、SNSの投稿や自店舗のSNS投稿のシェアなどを条件にして、クーポンを配布しても良いでしょう。

飲食店向けクーポン作成・配信に役立つツール

では、飲食店はどのように電子クーポンを作成・配信すれば良いのでしょうか?ここでは、飲食店でのクーポンを使った集客に強いお役立ちツールを3つ紹介します。

LINE公式アカウント

LINE公式アカウント

LINE公式アカウントは、月間8,900万人が利用する国内最大コミュニケーションアプリ「LINE」のビジネス向けアカウントです。LINEアプリ上で、顧客にメッセージを配信できることはもちろん、ポイントカードを発行したりクーポンを配信したり、予約を受け付けたりすることができます。

クーポンの配信は、LINE公式アカウントの主要機能の一つである「クーポン機能」を利用することで行えます。クーポン機能とは、自店の公式アカウントを友だち登録してくれたユーザーに向けて、自由にクーポンを配信できる機能のことです。

「割引」「プレゼント」「無料」「キャッシュバック」「その他」からクーポンのタイプを選択し、有効期限や公開範囲などを自由に設定してクーポンを配信できます。また、クーポンの配信後は、ユーザーのクーポン利用データを分析することも可能です。

LINE公式アカウントは、「フリープラン」で無料で利用を開始できます。無料で送ることができるメッセージ数に限りはあるものの、クーポン機能は無料で使えます。

「費用を抑えて、電子クーポンを導入したい」という方には、LINE公式アカウントがおすすめです。

公式サイト

ホットペッパーグルメ

ホットペッパーグルメ

ホットペッパーグルメは、ネット予約利用者数No.1の飲食店向け集客・催促ツールです。年間7,170万人以上がネット予約をしているプラットフォームに自店舗のページやクーポンを掲載することができます。

ホットペッパーグルメは、もともフリーペーパーのクーポン誌であったこともあり、数あるグルメサイトの中でもとりわけクーポンが充実しています。クーポンを求めてホットペッパーグルメを訪れるユーザーも多く、新規顧客にお店を見つけてもらいやすいのも特徴の一つとなっています。

無料掲載プランで最大3枚、有料プランで最大3〜6枚のクーポンの配布が可能です。「グルメサイトでクーポンを配布したい」と考えているのであれば、ホットペッパーグルメを活用してみても良いでしょう。

公式サイト

GMOおみせアプリ

GMOおみせアプリ

GMOおみせアプリは、8,000店舗を超える導入実績を誇るビジネス向けアプリ作成サービスです。GMOおみせアプリでは、大規模な開発が不要で最短40日で自社のアプリを作成できます。

アプリの作成にあたっては、ニュース配信やプッシュ配信、会員証や決済などさまざまな機能を搭載することができます。「クーポン配信機能」を利用すれば、プッシュ通知とともにクーポンを配信することが可能です。

インストールクーポンや友だち紹介クーポン、誕生日クーポンなど、多彩なクーポンの種類が用意されており、顧客層にあわせて効果的に活用できるのも魅力一つとなっています。「自社アプリを作って、アプリ内で電子クーポンを配布したい」という飲食店経営者の方には、GMOサインおみせアプリを検討してみてください。

公式サイト

クーポン作成・配信における注意点

続いて、クーポンを作成・配信する際に注意すべきポイントをお伝えします。

有効期限を設ける

クーポンの作成・配信における注意点の一つ目は、クーポンに有効期限を設けることです。なぜなら、明確な期限がないクーポンは顧客の記憶に残りにくく、効果を発揮しにくくなってしまうからです。

店舗の存在を忘れる前に再来店してもらえるよう、有効期限は1ヶ月程度にすると良いでしょう。ただし、期限を短く設定しすぎてしまうと、かえって誰にも利用してもらえなくなってしまうため注意が必要です。

また、上で紹介したような集客ツールを利用する場合、クーポン作成画面で有効期限を決めることができます。新たなクーポンを配信する際は、忘れずに設定するようにしましょう。

さまざまな特典を使い分ける

クーポンを配布するにあたっては、多彩な特典を顧客層や目的に応じて使い分けることが大切です。

たとえば、「割引」は飲食店のクーポンでよく採用される特典の一つです。しかし、毎回のように割引クーポンを配布していると、「いつも割引価格で利用できる」というイメージが根付いてしまい、クーポンの「お得感」や「特別感」が薄れてしまいます。

このような事態を防ぐためには、クーポンの配布頻度を調整することはもちろん、クーポンに無料サービスやプレゼントなど、多彩な特典を取り入れることも効果的です。顧客に「このクーポンが有効なうちに利用しよう」と思ってもらえるように、魅力的な特典を考案できると良いでしょう。

まとめ

飲食店におけるクーポン配布の効果やアイデア、そしてクーポンを使った集客に役立つツールを紹介しました。割引やプレゼント、無料サービスなど、多彩な特典を使い分けることで、クーポンは飲食店での集客や売上向上に大きな効果をもたらします。

中でも、アプリやツールを使った電子クーポンは、顧客接点をデジタル化できるという点においても優れています。「クーポンを配布してみたい」「クーポンをデジタル化して顧客の囲い込みを行いたい」などと考えの方は、ぜひこれを機に電子クーポンの配布を検討してみてはいかがでしょうか?

ディップ株式会社では、日本を支える中小企業の皆様に向けて、ワンストップのDXサービスを提供しています。

DXの実践においては、人材確保や教育の壁、DXを前提とした組織改革の壁、そして予算の壁と、さまざまな課題が立ちはだかります。ディップが提案する「one-stop DX.」は、これらの問題を専属のカスタマーサクセスが並走しながら導入と運用をサポートいたします。DXに伴う現場の混乱やシステムの複雑化を回避可能です。

また、ディップではソリューションの提供にあたって、すべて自社のスタッフが顧客対応を行うダイレクトセールスを採用しています。営業とカスタマーサクセス、開発チームが密に連携を取っている営業スタッフが、顧客の潜在ニーズまでを丁寧に把握し、満足度の高いサービスの提供に努めます。

提供するDXソリューションは、バックオフィスとセールスの双方に適用可能です。DX推進を検討の際には、お気軽にご相談ください。

ディップは自社で培った営業ノウハウと、多様なデジタルツールを組み合わせ、
お客様の企業収益向上に関わる全てを、専門担当制でのサポートを提案します。
人材の確保、デジタルツールの選定・導入、そのた企業収益向上に対してお気軽に問い合わせください。

CONTACT

ページ上部へ戻る