【2023】テレアポ外注の費用相場は?メリット・デメリットと選び方のポイント

テレアポの外注

テレフォンアポインター、通称テレアポの業務は、インサイドセールス手法への注目が高まったことで、近年運用の見直しが進んでいます。企業によっては、テレアポはコア業務との関連性が低いことから、外部企業への委託に切り替えるケースも増えています。ただ、委託企業は多岐にわたるため、その選定に悩むケースもあるでしょう。

そこで今回は、テレアポの外注を検討している方に向けて、テレアポ代行企業の選び方や料金体系ごとのおすすめテレアポ会社について解説します。

テレアポの外注とは

テレアポの外注は、その名のとおりテレアポ業務を専門の委託会社に任せるというものです。そもそもテレアポ業務は電話営業を通じて、見込み客のアポ獲得を実施するものですが、業務を遂行するためには相応のオペレーターを確保しなければなりません。

テレアポの強みは、移動コストをかけずに営業が行える点にあります。そのメリットを最大限活かすためには、営業担当者の多くをオペレーターとして配置する必要があり、その場合は人件費が圧迫してしまうこととなります。

こういった問題を回避すべく、近年活躍しているのがテレアポ委託企業です。委託企業が抱える充実のリソースをフル活用し、自社のテレアポ業務の遂行に不足していた人材を即座に補えることが強みです。

テレアポを外注するメリット

テレアポ業務を外部に委託することで、企業はさまざまなメリットを期待できます。ここでは、得られるメリットについて解説しましょう。

  • 人件費を抑えられる
  • テレアポ環境の構築と維持にかかる経費を削減できる
  • テレアポに特化したプロに業務を任せられる
  • アポイントメント獲得後のステップに集中できる

人件費を抑えられる

テレアポ外注の最大のメリットは、人件費の削減です。テレアポは交通費のかからない、経済的な営業手法とはいえ、オペレーターを常駐させる必要があるため、それなりの人件費が発生します。

カスタマーサポートのような業務の場合、チャットボットや自動音声対応ツールを使った効率化もある程度可能です。しかし、電話を使った営業では、人間同士のコミュニケーションが求められるため、効率化には限界があります。

テレアポの外注を実施することで、そんな人件費の負担を大幅に削減することができます。そのため、テレアポによる営業効果を維持しつつ、固定費を減らして組織のスリム化を促せます。

テレアポ環境の構築と維持にかかる経費を削減できる

テレアポの外注は、人件費以外の経費削減にも役立ちます。

たとえば、固定電話回線の費用や、オペレーター育成のための研修費用、オペレーター用の電話機やPCの設置・維持費用といったコストです。特に、回線費用や研修費用は導入初期だけでなく定期的に発生するため、早いうちに外部へ業務委託することで、コスト削減効果を見込めます。

テレアポに特化したプロに業務を任せられる

テレアポに限らず、業務の外注というのは従来の品質が維持されず、かえってサービスの悪化につながるのではという懸念を抱えている人も少なくありません。

確かに、コア業務を外部に委託するというのは自社で採用している基準に達しない製品やサービスが世の中に出回る可能性があり、容易に踏み切るべきではない選択肢です。しかし、テレアポの業務委託に至っては、自社でテレアポそのものをコア業務としていない限りは、積極的に採用して問題ないケースがほとんどです。

というのも、テレアポは数ある営業手法のうちの一つに過ぎず、それ以外の施策や、アポ獲得以降にも業務にもリソースをさく必要があるためです。また、近年活躍しているテレアポの外注を引き受ける委託企業の多くは、テレアポに特化したスキルを持つオペレーターが常駐しているため、自社でテレアポを行うよりも高いクオリティを実現できる可能性が高いでしょう。

さらに、委託会社はテレアポに特化した業務となっているため、テレアポには関係のない業務に追われることもなく、素早いレスポンスや柔軟な対応を実現することができます。

既存のテレアポ業務の改善に限界を感じている場合も、こういった専門会社に委託することで、さらなる業務改善が期待できます。

アポイントメント獲得後のステップに集中できる

アポ獲得はあくまで営業プロセスの一環であり、すぐに成約につながるわけではありません。そのため、アポ獲得の後のステップにも力を入れなければ、せっかくの見込み客を失ってしまう可能性もあります。

テレアポの外注は、アポ獲得移行のステップに営業担当者を集中させる上でも効果的です。負担のかかるテレアポ業務から解放され、余裕を持って見込み客との関係構築に力を入れられます。

営業担当者の数が足りず、それでいて成約率も低下傾向にある場合、テレアポ業務の外注によって課題解決につなげられるかもしれません。

テレアポを外注するデメリット

テレアポの外注には、上記のようなメリットが期待できる一方で、注意しておくべきデメリットもあります。ここでは、デメリットについて解説しましょう。

  • アポ獲得の精度は外注先のスキルに依存する
  • アポが取れないとコストパフォーマンスは低下する

アポ獲得の精度は外注先のスキルに依存する

テレアポは、オペレーターのコミュニケーションスキルやテレアポ経験に成果が左右されやすい業務であるため、委託先のオペレーターのスキルが不十分である場合、期待していたような成果が得られない場合もあります。

実績が豊富ではない企業や料金が安い企業では、特にこういったスキル不足の問題が深刻になるため、委託先を探す場合には、実績を重視した探し方をすることが大切です。

また、すでに自社内で高度なテレアポノウハウが共有されている場合には、下手に委託先を探すよりも、自社のテレアポ業務を効率化するためのツール導入などに力を入れた方が良い場合もあります。

そのため、ケースバイケースで判断することをおすすめします。

アポが取れないとコストパフォーマンスは低下する

テレアポの外注は、委託先にもよりますが、自社でリソースを確保する必要がない分、長期的には自社で業務を遂行するよりも割高になるケースが存在します。

また、コール課金型などの料金体系の場合、アポが取れていないのにも関わらずコール回数に応じて料金が発生するため、コストパフォーマンスはさらに低下してしまいます。

外注先を探す場合には、成功報酬型かどうかといった料金体系を確認したり、自社で運用する場合とどちらが割安になるのか調査したりといった下調べにも力を入れる必要があります。

テレアポを外注する際の費用・料金体系

テレアポ

テレアポ委託企業には、大きく分けて以下の3つの料金体系が存在します。それぞれでどのような料金のかかり方となっているのか確認しておきましょう。

  • 成果報酬型
  • 固定報酬型
  • コール課金型

成果報酬型

テレアポを委託する際、広く普及しているのが成果報酬型の料金体系です。アポ獲得件数ごとに料金が発生する仕組みで、アポが取れるまではお金がかからないため、最もコストパフォーマンスに優れる形態であるといえます。

成果報酬型を採用している企業は、アポ獲得のスキルが高いことを期待でき、まずはこの報酬形態で依頼できる企業を探してみると良いでしょう。

固定報酬型

固定報酬型は、毎月などの決まった期間に決まった料金でテレアポ業務を引き受けてもらえるタイプです。アポの数に関わらず定額で業務を引き受けてもらえるため、成果報酬型よりもコストパフォーマンスが高い場合もあります。

ただ、アポが取れなくとも決まった額を払わなければならないため、成果が安定しない可能性もあります。

コール課金型

コール課金型は、オペレーターの1コールごとに料金が発生する仕組みです。1件あたりのコール費用は安く設定されているため、効率良くアポ獲得ができれば高いコストパフォーマンスを期待できます。

ただ、固定報酬型と同様、アポ獲得が進まなければ費用対効果を期待できません。そのため、見込み客リストの作成などに力を入れている企業を選んだり、リストの共有を行ったりしてパフォーマンスを強化する工夫が必要です。

外注向けテレアポ会社:成果報酬型

まずは、成果報酬型の外注向けテレアポ会社を紹介します。

  • 株式会社ディグロス
  • コミットメント株式会社
  • 株式会社完全成果報酬
  • アズ株式会社

株式会社ディグロス

株式会社ディグロスではアポイントからの成約率30%以上で質の良いアポイント獲得に特化した成果報酬型のテレアポ代行サービスを提供。初期費用・月額固定費用は一切かからず費用対効果の計算がしやすいことがメリットです。

ただテレアポを行うだけでなく、アポイントから実施した商談のフィードバックを元に、常に改善を行い、高品質なアポイントを納品します。サービス満足度も高く、リピート率は94.6%にも及ぶとのこと。商談が成立しなかったアポイントに関しては、返金または相殺対応が取られるため、安心です。

料金・プラン

  • 月額固定費用・初期費用:0円
  • リスト作成・スクリプト作成費用:0円
  • アポイント獲得単価:10,000円〜80,000円(商材の難易度によって変化)
  • レポート費用:30,000円or50,000円(どちらか選択)
  • 契約期間:1ヶ月以上
  • 最低アポイント数:10件
  • 

コミットメント株式会社

コミットミント株式会社では、BtoBに特化した高品質のテレアポ代行「コミットメントα」を提供。月額固定費用・リスト作成費用・トーク作成費用・レポート作成費用は一切かからず、アポ取得1件につき5,000円〜の完全成果報酬型サービスです。

高品質を保つため、毎月5社限定で請け負っていて、リスト作成はコピーライティングの名人が丁寧に作り上げます。アポイント取得の録音データを開示し、質の悪いアポイントは返品できるため、安心して商談につなげることが可能です。

料金・プラン

  • 月額固定費用・初期費用:0円
  • アポイン獲得単価:5,000円〜(商材の難易度によって変化)
  • リスト作成・トークスクリプト作成・レポート作成費用:0円
  • 契約期間:1年以上
  • 最低アポイント数:60件
  • 毎月5社限定

株式会社完全成果報酬

株式会社完全成果報酬では、名前の通り完全成果報酬型で心理学や行動科学を用いて研究し尽くされたノウハウを元にしたテレアポ代行「完全成果アポインター」を提供。月額固定費用・初期費用不要でアポイント獲得1件につき15,000円〜で成約に繋がるアポイントにこだわっています。

特徴は、質の高いスタッフです。全社員300時間以上の営業実務経験者のみが代行業務に従事し、95%が起業家志望のモチベーションが高い社員を揃えています。

スクリプト納品・レポートや企画書の納品に費用は発生するものの、その分高品質サービスにこだわっているため、多少費用がかさんででもアポイントの質を重視する企業におすすめです。

料金・プラン

  • 月額固定費用・初期費用:0円
  • アポイント獲得単価:15,000円(税抜)〜(商材によって異なる)
  • 業務報告資料納品/定期ミーティング:150,000円(税抜)/1ヶ月
  • トークスクリプト納品:300,000円(税抜)/1部
  • 企画・提案書作成:100,000円(税抜)/10枚〜
  • マーケティング情報納品:100円/1件
  • キーマン情報納品(部署名・氏名・Mailアドレス):800円/1件
  • ターゲットリスト作成:30,000円/100件

アズ株式会社

アズ株式会社では、新規のアポ獲得だけでなく、既存顧客のアップセルを目指したフォローや過去顧客の掘り起こしなど、テレアポの領域を網羅したテレアポ代行「アポハンター」を提供。

営業代行実績は1,800社以上と信頼度抜群のテレアポ代行です。テレアポだけでなく、各社に専属営業コンサルタントがつき、月一度の訪問にて活動報告や数値分析、戦略策定などを丁寧に行います。

成果報酬型で、アポ獲得単価は商材の難易度や営業先のターゲットによって異なります。

料金・プラン

  • 初回稼働費用(テストコール要):1,000,000円
    初回稼働費用(テストコール不要):300,000円
    営業戦略立案費、セールストーク設計費、アポファームID・PASS発行費、リストアップ費、テストコール費(必要な場合)含む
  • 営業報告・業務管理費用:100,000円/月
  • アポイント獲得単価:3,000円〜55,000円(その他別途相談のケースあり)

外注向けテレアポ会社:固定報酬型

固定報酬型の外注向けテレアポ会社を紹介します。

  • 株式会社ウィルオブワーク
  • 株式会社プルセルトラクション
  • 株式会社ビオトープ

株式会社ウィルオブワーク

株式会社ウィルオブワークでは、2,800社を超える取引実績で蓄積された営業ノウハウと専門知識を元に行うテレアポ代行「セイヤク」を提供。BtoB特化型のサービスで、エリアや業界を問わず安定した人材を固定配置し、安心して代行サービスを受けることができます。

あえてサービスはパッケージ化せず、企業のニーズに合わせてカスタマイズが可能です。一例として、月額固定で担当者1人に月50万円〜のプランがあります。

料金・プラン

  • 要問合せ
  • 企業によってカスタマイズ

株式会社プルセルトラクション

株式会社プルセルトラクションでは、業界・業種を問わずに全員営業経験者のスタッフが原則常駐稼働で質の高いリードを獲得するテレアポ代行「Protell BDR」を提供。経験豊富な人材が多数在籍しており、即効性を期待できます。

業界・業種問わず事業のニーズに合わせてリソースを配置し、受注につながるアポイントを提供するサービスです。約1,000万件の独自データベースからターゲットリストを作成し、蓄積されたノウハウからトークスクリプトを作成します。もちろん、自社で用意したリストを使用することも可能です。

料金・プラン

  • 1ブース50万円(税抜)〜
  • その他要お問い合わせ

株式会社ビオトープ

株式会社ビオトープでは、見込み客のリストに対し、受注に向けての訪問を目指したテレアポ代行を提供。ビオトープのテレアポ代行が得意とするのはIT分野です。

商材に関してのヒアリングを丁寧に行い、コールが開始してからもPDCAを繰り返して徹底的に探求・改善しながら取り組みます。

これまでの実績では、テレアポからの受注率は66%、コンペリングイベント発生時のアポ率は85.6%、受注額は4.4億円。さまざまなプランがあり、ニーズに合わせて発注可能です。

料金・プラン

  • 従量課金型(3コール保証):1名/1ヶ月 800社程度:300,000円〜
  • 成果報酬型 アポイント獲得単価:12,000円〜、資料請求:3,000円〜(メールアドレス)
  • キーマンアナリティクス 調査報告書:400,000円〜
    電話によるマーケット調査
  • デマンドジェネレーション 1名/3ヶ月:400,000円×3ヶ月〜
    定量情報に基づくリード構築を支援
  • インサイドセールス 1名/1ヶ月 800社程度:400,000円〜
    WEB会議システムを利用したクロージング代行
  • フォローコール 1名 100社:150,000円〜
  • ターゲットリスト作成 2ヶ月程度:100,000円〜

外注向けテレアポ会社:コール課金型

コール課金型の外注向けテレアポ会社を紹介します。

  • 株式会社ambient
  • 株式会社soraプロジェクト
  • コーキ株式会社
  • 株式会社イクイップ
    

株式会社ambient

株式会社ambientでは、高品質のアポイントを大量に納品する法人向けのテレアポ代行サービスを提供。クライアントの商材を細かく調査した上で、ターゲット選定から行います。

自社の120万社に及ぶ企業リストから抽出したターゲットに向けて。実績のある社員がテレアポを行うため、精度が高いアポイントを取ることが可能です。

契約数が前月比421%アップなど、多数の実績を持ちます。コール前の事前の打ち合わせは、1回〜5回の訪問によって入念に行われ、品質を維持するため、依頼は毎月5社限定となっています。

料金・プラン

  • コール単価(3コール/1件):250円〜(依頼によって異なる)
  • 初期費用:0円
  • 最低コール数:300件
  • トークマニュアル・リスト作成:0円
  • クライアントに合わせてアポ取得ペースを調整

株式会社soraプロジェクト

株式会社soraプロジェクトでは、14年にわたり積み重ねた実績とノウハウにより、平均アポ率4.6%を誇るBtoB専門テレアポ代行サービスを提供。有望な質の高いコールリストは、自社で蓄積されている800万社の企業データを元に成約率の高いアポイントを納品しています。

コールから得たデータを元に継続的な新規顧客の開拓を行い、リスト枯渇を防止。コールスタッフの平均勤続年数は業界最長の4年1ヶ月で、高品質なトーク力を確保できます。

クライアントの商材や目標に合わせて経験5年以上のコールリーダーがトークスクリプトを作成、さらにPDCAを回して常に改善を行います。

料金・プラン

  • 要問い合わせ

コーキ株式会社

コーキ株式会社では、平均勤続年数3年以上の経験豊富なコールスタッフが、蓄積されたノウハウを用いたトークスクリプト・営業戦略を元に、業界最安値のテレアポ代行「テレアポJAPAN」を提供。

テレアポJAPANでは、アポイント獲得だけでなく、今後見込み客に発展する可能性のあるリードの情報も獲得して報告します。最低契約期間・最低リスト件数はなく、クライアントの状況に合わせたテレアポ業務の依頼が可能です。

トークスクリプトやリストは持ち込みOK。オプションでリスト作成サービスも提供しています。コール単価制で、1社あたりのコール数によって金額が変化します。

料金・プラン

  • 1コール制 コール単価:110円(税込)〜
    DM送付後の到着確認やキーマン判明後のフォローコール向け
  • 2コール制 コール単価:165円(税込)〜
    BtoBでの総務・営業担当者へのテレアポ向け
  • 3コール制 コール単価:220円(税込)〜
    BtoBでの社長・決裁者へのテレアポに向け
  • 初期費用:55,000円(税込)〜
  • 法人リスト作成:33円(税込)/1件〜

株式会社イクイップ

株式会社イクイップでは、初期費用とコール単価のみでテレアポのプロが営業戦略を立て、アポイント以外のコール結果もすべて開示する安心安全のテレアポ代行「ビズコール」を提供。

一番の特徴は業界最安値の1コール99円というコール単価。さらに、月額費用・リスト費用・トークスクリプト作成費用など、初期費用以外のお金はかかりません。

平均アポ率が10%〜2%で、初めてのご利用のクライアントからのリピート率は90%以上としっかりした実績があります。

テレアポに欠かせないリスト作成に関しては、700万件の企業リストからニーズに合わせて抽出。トークスクリプトも経験豊富なプロが立案します。アポイント獲得以外の架電結果も全て開示し、クライアントはリアルタイムにコール結果を確認できる仕組みをとっているため、遠隔でも安心して依頼可能です。

料金・プラン

  • 初期費用:39,800円(税抜)
  • 2回目以降:架電費用の50%(進行管理費として)
  • 1コールプラン コール単価:99円(税別)〜
  • 2コールプラン コール単価:180円(税別)〜
  • 3コールプラン コール単価:220円(税別)〜
  • リスト作成費用:0円
  • トークスクリプト作成費用:0円        

テレアポの外注先の選び方のポイント

テレアポの外注を依頼する場合は、自社のニーズに合わせた最適な企業を選定する必要があります。最後に、テレアポの委託先を選ぶ上でのポイントについて解説します。

  • 外注先の得意領域を把握する
  • リスト作成を依頼できるか確認する
  • 在籍オペレーターの経歴を確認する

外注先の得意領域を把握する

まず重視したいのは、委託先が得意としている領域・分野です。

たとえば、得意な領域がBtoBのテレアポなのか、BtoCのテレアポなのかという違いは、大きな相違点となるため、あらかじめ確認しておく必要があります。商材が異なることはもちろん、ターゲットとなる見込み客の層にも大きなニーズや訴求ポイントの違いがあるため、有効なアプローチも大きく異なります。

あるいは、介護や医療分野なのか、製造業なのか、人材派遣業なのかといった業種の違いも、可能な限りこだわることをおすすめします。自社の領域に特化した委託先があれば、専門用語や訴求ポイントの共有を得やすいため、スムーズなコミュニケーションやアポ獲得を期待できます。

リスト作成を依頼できるか確認する

テレアポ業務を委託する場合、その成果を大きく左右するのが見込み客リストです。どれだけオペレーターの質が高くとも、肝心の架電先に商品のニーズがないようであれば、アポ獲得の期待はできません。

そのため、テレアポの外注先を選ぶ上ではリスト作成を引き受けている、あるいは自社データベースなどを活用して、丁寧に行ってくれる会社を優先的に選ぶことが大切です。

リスト作成能力の高い委託会社は、必然的に高いアポ獲得率を実現しています。単純に数を打てば当たるという方法ではなく、質の高いテレアポ業務を遂行しようという気概のある会社を優先して選びましょう。

在籍オペレーターの経歴を確認する

会社としての実績だけでなく、現場で活躍するオペレーターの実績にも目を配りましょう。テレアポ経験や営業経験が豊富な人材がオペレーターを担当している場合、持ち前のスキルでアポ獲得を円滑に進めてくれることが期待できます。

あるいは、オペレーターがかつて担当していた領域が自社と同じなど、経歴を細かく確認できる場合はそこまでチェックしておくことで、より丁寧な委託先会社の選定を行えます。

テレアポにお悩みなら「HRコボット」がおすすめ

「テレアポの外注を検討している」「アポイントの取り方がわからない」などテレアポに関してお悩みなら、「HRコボット」がおすすめです。「HRコボット」では、人材派遣業界に特化した営業代行サービスを提供しています。

HRコボットfor営業リスト

HRコボットfor営業リスト-1

HRコボットfor営業リストは、テレアポの成果を左右する営業リストを効率良く作成できるサービスです。

HRコボットfor営業リストでは、中途メディア7媒体、APメディア3媒体、その他1媒体から得た豊富なデータベースの中から、エリア・業界・職種・出稿金額などの条件で絞り込み、精度の高い営業リストを作成できます。

HRコボットfor営業リストの導入により削減できた時間を営業活動や重要業務に充てることができ、営業活動全体の効率化が可能です。最適な営業リストの作成により、アポイント獲得率向上が期待できます。

料金・プラン

  • 初期費用:55,000円(税込)
  • 月額費用 1ID:55,000円(税込)
  • ID追加費用:5,500円(税込)/1ID
  • 利用期間:12ヶ月〜

サービス概要

HRコボットforアポ獲得支援

HRコボットforアポ獲得支援

HRコボットforアポ獲得支援は、人材派遣業界に特化したアポイント獲得支援サービスです。人材派遣業界に精通したスタッフが、アポ率の高いトークスクリプトを用いてテレアポを行います。

アポイント取得以外にも、営業先の求人ニーズや今後のタイミングなど有用な情報をヒアリングして納品。クライアント自身の営業活動にも役立てることができます。

テレアポを委託することにより、商談やマッチング業務など重要業務に専念でき、業務全体の効率化が可能です。

料金・プラン

  • 初期費用:0円
  • 月額費用:175,000円(税抜)〜
  • コール単価(3コール制):350円(税抜)〜
  • 最小リスト数:500件
  • 利用期間:6ヶ月〜

サービス概要

まとめ

テレアポ業務は、効果的な営業手法の一つですが、見知らぬ人に突然電話をかけるという特徴から、一定の知識とスキルが必要となります。テレアポの外注を利用すれば、自社で一から環境や組織を構築・教育する必要がなくなり、商談や重要業務に集中できるため、営業活動の効率アップや成果向上が見込めるのです。

しかし、テレアポ代行会社は数多く存在するため、自社に最適なサービスを提供している会社を見つける必要があります。テレアポ代行会社によって、得意分野・料金体系・費用・サービス内容などは異なるため、しっかりと調査しましょう。

特に、人材派遣業に特化している営業支援サービスが、当社ディップ株式会社が提供する「HRコボット」です。リスト作成の飛躍的な効率化・人材派遣業に精通したスタッフによるテレアポ代行により、営業活動の成果を向上させ、更なる企業の成長へとつなげていきます。

少しでも「HRコボットfor営業リスト」「HRコボットforアポ獲得支援」にご興味をお持ちの方は、お気軽に当社ディップ株式会社までお問い合わせください。

>DX推進にお悩みをお持ちの方はお気軽にご相談ください。

DX推進にお悩みをお持ちの方はお気軽にご相談ください。

ディップ株式会社は自社で培った営業ノウハウと、多様なデジタルツールを組み合わせ、お客様の収益向上に関わるあらゆることを専門担当制でのサポートを提案します。
人材の確保やデジタルツールの選定・導入、その他企業収益向上に関してお悩みをお持ちの方は、お気軽にディップ株式会社へお問い合わせください。