【2022】飲食店の「リピート率」を上げる方法7選!知っておきたい施策を紹介

飲食店のリピート率

飲食店を経営する方の中には、リピート率が上がらず悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、リピート率を高めるための施策やリピーターを増やすことでのメリット、リピーター獲得に便利なツールなど、飲食店のリピート率を高めるための具体的な方法を解説します。

リピート率が上がらずリピーターの獲得に苦戦している方は、ぜひ最後までご覧ください。

飲食店のリピート率とは?

飲食店におけるリピート率とは、来店客のうち何人がリピーターになったかを示す指標のことです。たとえば、10人来店して5人が再来店した場合は、5/10で百分率にして50%がリピート率になります。

また、リピート率とは別にリピーター率という指標も存在します。リピーター率はリピート率とは異なり、来店人数ではなく来店回数で数字を算出する指標です。たとえば、10回来店があったとして、その内4回がリピーターで6回が新規客だった場合、リピーター率は4/10で40%になります。

上記2つの指標のうち、飲食店の場合はリピーター率よりもリピート率を重要視すべきでしょう。リピーター率は来店回数で算出する指標です。そのため、リピーター率が高くても、リピーターの絶対数が少なければ集客が安定化しているとはいえません。

飲食店の場合は、来店客のうち何人がリピーターになったかを算出する「リピート率」をもとに、戦略を練る必要があります。

リピーターが飲食店にもたらすメリット

リピーターが飲食店にもたらすメリットは、主に3つあります。それぞれ詳しく解説します。

  • 売上が安定化する
  • 新規客の獲得につながる
  • 集客コストが低くなる

売上が安定化する

リピーターが増えることで、店舗における売上の安定化につながります。

売上は「客数」と「客単価」を掛け合わせて算出されるものです。つまり、売上を伸ばすためには「客数」と「客単価」のいずれかを、もしくは両方を伸ばす必要があります。

リピーターの獲得は客数の増加につながるため、売上の増加と安定化を図れます。新規客ばかりが来店する店舗は、その時の売上は増加しても安定化にはつながりません。

売上の増加と安定化を図るためには、リピーターの獲得が必要不可欠といえるでしょう。

新規客の獲得につながる

リピーターがもたらすメリットの一つとして、新規客の誘致効果が挙げられます。リピーターが友人や同僚などを誘って来店することで、新規客の獲得につながるためです。

また、リピーターが口コミサイトやSNSに投稿することで、新規客の獲得につながるケースもあります。特にリピーターが人気のインフルエンサーだった場合などは、一気に新規客が増える可能性もあるでしょう。

自分が好きなものについては、他人にもすすめたくなるものです。リピーターが店舗に代わって集客してくれるため、新規客の獲得につながります。

集客コストが低くなる

リピーターが増加すればするほど、店舗の集客に対するコストは低くなります。

新規客と比べ、リピーターは集客コストがかからないことが特徴です。なぜなら、リピーターはすでに店舗の存在や特徴などを理解しているためです。

新規客を誘致する場合は、まず店舗の存在を認知してもらうことから始めなければなりません。さらに、来店してもらうためには、店舗の魅力もしっかりと伝える必要もあります。

そのため、新規客を獲得するには、「チラシ作成」「DM送付」といった集客ためのコストがかかりがちになります。

新規客が多い店舗は集客コストがかかるため、売上はアップしても利益がアップするとは限りません。当然ながら利益が確保できなければ、閉店に追い込まれる可能性もあります。

一方で、リピーターが中心の店舗は集客コストがほとんどかからないため、売上はもちろん利益のアップも期待できます。集客コストが低くなり利益のアップにつながるのは、リピーターが増加することでの大きなメリットといえるでしょう。

リピート率を高める!リピーターを増やす方法7選

常連客

リピーターを増やすための方法には、主に次の7つがあります。1つずつ詳しく解説しましょう。

  • 会員カードを作る
  • ポイントカードを作る
  • スタンプカードを作る
  • Instagramを活用する
  • TikTokを活用する
  • オリジナルメニューを開発する
  • 接客サービスは「体験」を意識する

会員カードを作る

リピーターを増やすために有効なのが、会員カードの作成です。

会員カードに割引クーポンなどの特典を付けることで、次回の来店を促すことができます。また、会員カードに登録された住所を利用して、DMなども送付できるでしょう。

さらに、会員カードを導入すれば、顧客の属性も把握できます。「性別」「年齢」「居住地域」などを分析することで、来店につながるヒントを得られるかもしれません。

顧客情報を分析しニーズに沿った運営を心がけることで、顧客に親しまれる店舗へと成長し、リピーターの増加にもつながるでしょう。

ポイントカードを作る

ポイントカードの作成も、会員カードと同様にリピーター獲得のための有効な手段です。ポイント目当てに顧客が来店する他、自店舗でポイントを消費してもらえば売上増加も期待できます。

もし自店舗でのポイント制度の導入が難しければ、大手共通ポイントカードの加盟店として参加するのもおすすめです。「Tポイント」「Ponta」「楽天ポイント」など、利用者の多い大手ポイントカードの加盟店になることで、より多くのユーザーへアプローチできます。

ただし、加盟店型のポイントカードの場合、自店舗でポイントが消費されるとは限らない点には注意が必要です。また、場合によっては、ライバル店で消費される可能性もあるでしょう。

さらに、ポイントカードに登録された顧客情報も手に入らないため、顧客情報をもとに分析といったこともできません。

なお、ポイントカードの仕組みについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

スタンプカードを作る

会員カードやポイントカードよりも手軽に導入でき、かつリピーターの獲得につながるのがスタンプカードです。消費金額に応じてスタンプを付与し、スタンプが貯まれば商品やクーポンなどを進呈することで、継続的な来店を促すことができます。

また、スタンプを進呈する金額や特典を自店舗で設定できるため、予算に応じて自由度の高い設定が可能です。

さらに、会員カードやポイントカードと違い、台紙とスタンプがあれば導入できることも魅力です。低コストで準備できるため、予算がない店舗でも導入しやすいでしょう。

Instagramを活用する

SNSの発信はリピーターの獲得に有効な手段ですが、中でも飲食店におすすめなのがInstagramを活用した集客です。Instagramは写真メインのSNSであるため、料理の写真をアップすることでユーザーの視覚に訴求した集客ができます。

特に、Instagramのメインユーザーである20代は、Instagramにアップされた写真の中から店舗を選ぶ傾向が見られます。Instagramの投稿で新規客を獲得し、さらに新メニューなどの写真をアップすることで、リピーターの来店を促すことも可能です。

また、「ストーリー」や「ライブ配信」など、フォロワーと気軽にコミュニケーションが取れる機能が多いことも、Instagramを活用するメリットといえます。

Instagramを通してフォロワーとコミュニケーションを取り続けることで、継続的な来店を促しリピーターの増加が期待できます。

TikTokを活用する

Instagramと同様に活用したいのが、TikTokを活用したリピーターの獲得方法です。

TikTokはInstagramと比べ、動画がメインのSNSです。また、Instagramと比べ「エンタメ性」が高いことが特徴です。そのため「飲食店あるある」などのエンタメ性の高い動画を投稿し、店舗や店員のファンを作ることで集客を狙うのが有効といえます。

特に、店員に対してファンがついた場合は、その店員が在籍している限り顧客は足を運ぶようになります。加えて、価格面などで同業他社に顧客が流れてしまう心配もありません。

「〇〇さんがいるから」という来店理由は、リピーターの増加に欠かせない要素の一つです。TikTokを活用することで、顧客がリピーターへと成長するきっかけを作れます。

TikTokは他のSNSとは異なり、店舗や店員の「個性」でアプローチしやすいSNSです。個性を全面に出し店舗と店員のファンを増やすことで、リピーターの増加が期待できます。

オリジナルメニューを開発する

オリジナルメニューの開発も、リピーターの獲得には有効な手段です。同業他社では食べられない「自店舗にしかないメニュー」を開発することで、来店効果を促しリピーターの増加につながります。

オリジナルメニューを開発する際は、次のポイントを意識すると良いでしょう。

  • 店舗のコンセプトとマッチしていること
  • 人に話したくなる話題性があること
  • 覚えやすくかつインパクトのあるメニュー名にすること
  • 期間や数量などの限定要素を加えること

もちろん、上記のポイントとは別に、しっかりと利益が出るようなコスト計算も重要です。ポイントを押さえた上でオリジナルメニューを開発することで、新規客の来店はもちろん、オリジナルメニュー目当てのリピーターの獲得も期待できます。

接客サービスは「体験」を意識する

リピーターを獲得する上で、顧客の記憶に残る「体験」は非常に重要です。なぜなら、顧客が店舗の存在を忘れてしまえば、再来店につながることはないためです。

店舗の存在を顧客の記憶に残すためには、美味しい料理と接客サービスだけでは物足りません。美味しい料理と接客サービスが自慢の店舗は、他にいくらでもあります。

店舗の存在を顧客に印象付けるためには、他店舗にはない「体験」を提供するのが有効です。

  • 顧客の目の前でパスタにチーズを振りかける
  • 顧客の目の前でジュースにオレンジを絞る

など、上記のように料理の仕上げを顧客の目の前で実施することで、顧客に体験を提供できます。体験が顧客の記憶に残ることで、再来店につながります。

さらに、上記2つの体験要素は、料理の仕上げを顧客の目の前で実施しているだけです。そのため、特別なコストなども一切かかっていません。

顧客が店舗へ再来店するためには、店舗の存在を覚えていることが必要です。店舗の存在を印象付け再来店につなげるためにも、顧客の記憶に残る体験を提供しましょう。

飲食店のリピーター獲得はおまかせ!「常連コボットforLINE」

飲食店のリピーター獲得に対して、強力な支援ツールとなるのが「常連コボットforLINE」です。

常連コボットforLINE

「常連コボットforLINE」は、当社ディップ株式会社が提供する、飲食店の常連客獲得に特化した、LINEを活用した集客ツールです。「常連コボットforLINE」が常連客の獲得に強いのか、その理由を解説しましょう。

「常連コボットforLINE」が飲食店のリピーター獲得に強い理由は、次の4つです。

  • 国内で馴染みのあるLINEを活用:国内ユーザー数が9000万人を超える「LINE」を活用。馴染みのあるLINEでストレスなく使えます。
  • 面倒な会員登録が不要:アプリのダウンロードや個人情報の登録などは不要。手間なくすぐに活用できます。
  • ポイントを貯めやすい:来店やログイン、友だち紹介でポイントを付与。貯まったポイントは自店舗で使えるクーポンに交換できるため、来店を促します。
  • メッセージで気軽に宣伝できる:LINEのトーク画面を使い、新メニューや割引情報などを発信。メッセージで気軽に店舗の宣伝ができます。

その他「常連コボットforLINE」の機能などついては、こちらのページをチェックしてみてください。

まとめ

飲食店のリピート率を上げる方法やリピーターが飲食店にもたらすメリット、リピーター獲得に効果的な方法について解説しました。

リピーターの増加によるメリットは、「売上の安定化」「新規客の誘致」「集客コストの低下」などが挙げられます。また、リピーターを獲得するためには、「ポイントカードなどの導入」「SNSでの発信」「オリジナルメニューの開発」などが効果的です。

特に飲食店のリピーター獲得におすすめなのが、「常連コボットforLINE」を活用した集客方法です。「常連コボットforLINE」はLINEを活用した集客支援ツールで、飲食店のリピーター獲得をサポートする便利な機能が豊富に搭載されています。

飲食店のリピーター獲得に悩んでいる方は、ぜひ「常連コボットforLINE」の利用を検討してみてはいかがでしょうか?少しでも気になる方は、お気軽に当社ディップ株式会社へお問い合わせください。

>DX推進にお悩みをお持ちの方はお気軽にご相談ください。

DX推進にお悩みをお持ちの方はお気軽にご相談ください。

ディップ株式会社は自社で培った営業ノウハウと、多様なデジタルツールを組み合わせ、お客様の収益向上に関わるあらゆることを専門担当制でのサポートを提案します。
人材の確保やデジタルツールの選定・導入、その他企業収益向上に関してお悩みをお持ちの方は、お気軽にディップ株式会社へお問い合わせください。