【2022】店舗集客のアイデアは?Web・SNS・店頭別13の施策と選び方のポイント

店舗集客アイデア

スマホが広く普及し、顧客ニーズや行動が多様化している昨今、さまざまな集客方法で新規・既存顧客の獲得を目指すことが欠かせません。とはいえ、「店舗集客の具体的なアイデアが思いつかない……」とお悩みの店舗経営者の方は少なくないでしょう。

そこで今回は、店舗集客のアイデアを「Webの活用」「SNSの活用」「オフライン」の3つのカテゴリーに分けて紹介し、それぞれの特徴や集客方法を解説します。

店舗集客のアイデア一覧表

一口に「店舗集客」といっても、WebやSNSを活用する方法や、店頭で行う方法など、さまざまな集客方法があります。ここでは、店舗集客のアイデアをカテゴリー別に一覧表にまとめました。

カテゴリー店舗集客アイデア
Webの活用・ホームページ
・ブログ(オウンドメディア)
・Google ビジネスプロフィール
・グルメポータルサイト
・店舗アプリ
SNSの活用・LINE公式アカウント
・Instagram
・Twitter
・TikTok
店頭・折り込みチラシ
・ダイレクトメール
・看板
・クーポン発行

以下では、それぞれの店舗集客アイデアについて、カテゴリー別に詳しく紹介していきます。


店舗集客アイデア:Webの活用編

Webを活用した主な店舗集客アイデアを5つ紹介します。

それぞれの特徴や具体的な集客方法について、詳しくみていきましょう。

ホームページ

ホームページの制作・運営は、お店の認知向上に大きく役立つ集客アイデアです。

新規顧客を集客するには、お店のことを知ってもらい、「このお店を利用したい」と思ってもらう必要があります。お店のホームページを整えておけば、検索エンジンを使って飲食店を探しているユーザーに向けて、お店の特徴や魅力を伝えることができます。

グルメポータルサイトやSNSのような枠にとらわれず、自由にお店の雰囲気やメニュー、こだわりなどをアピールできるので、ユーザーの興味を引きやすくなるでしょう。

また、費用を抑えて集客しやすいこともホームページ運用のメリットの一つです。ランニングコストは、サーバー代とドメイン代(ホームページで使うURL)のみで、グルメポータルサイトのように掲載料や予約獲得時の手数料などもかかりません。

ただし、ホームページの運用においては、常に情報を最新に保つ必要があるため、どうしても運用の手間はかかります。また、ホームページを見つけてもらえるよう、Google ビジネスプロフィールとリンクしたり、広告とセットで活用したりするなど、運用面での工夫も必要です。

ブログ(オウンドメディア)

ブログ(オウンドメディア)は、自社の商品・サービスに関する有益な情報を発信して集客へとつなげる方法です。

ホームページが公式Webサイトであるのに対して、ブログ(オウンドメディア)は、有益な情報を配信するメディアです。ユーザーにとって有益な情報を配信し、お店の認知拡大やブランドイメージの向上に結びつけて集客をすることを目的としています。

たとえば、世界各国のビールを置いていることが売りの飲食店なら、世界各国のビールに関するメディアを運用し、「〇〇のビールを東京で飲むならこのお店!」といったように集客への導線を作ることができます。

ブログやオウンドメディアは上手に運用すれば高い集客効果が見込める分、SEO対策やライティングなど、やや専門的な知識を必要とします。外部に運用を依頼する場合は、まとまった費用が必要になるため、集客に予算を割くことができる店舗での活用がおすすめです。

Google ビジネスプロフィール

Google ビジネスプロフィール(旧:Googleマイビジネス)は、店舗の情報をGoogleマップやGoogleの検索結果に表示して集客できるサービスです。

電話番号や住所、営業時間などの基本情報や、写真・ロゴ、お店の特徴などをビジネスプロフィールに登録しておくだけで、飲食店や小売店を探しているユーザーに直接アピールすることができます。

また、Google ビジネスプロフィールでは、最新情報を投稿したり、顧客から寄せられた口コミに返信したり、よくある質問への解答を投稿したりすることもできます。Google ビジネスプロフィールを通して顧客と簡単につながることが可能になり、新規顧客はもちろん既存顧客の集客効果も期待できます。

Google ビジネスプロフィールは、「申請」→「カスタマイズ」→「管理」という3つの手順で簡単に利用できます。完全無料で作成できるので、店舗経営者なら取り入れて損はない集客アイデアの一つでしょう。

ポータルサイト

ポータルサイトとは、「HOT PEPPER」や「食べログ」など、一定のジャンルにおいて多大な集客力をもつサイトのことです。ポータルサイトに自社の情報を掲載することで、高い集客効果が期待できます。

たとえば、飲食店を探す際、多くの消費者はグルメポータルサイトを利用します。ポータルサイト上の口コミやメニュー情報、クーポンなどは、お店選びの判断材料となるため、ポータルサイトは今や飲食店の集客に欠かせない施策の一つだといえます。

ポータルサイトには、お店の情報を掲載できる機能の他に、予約機能やクーポン発行機能など、集客に役立つ機能も備わっています。

ただし、自分のお店を上位表示したり、予約機能を利用したりするには、有料プランへの加入が必要な場合が多く、集客効果を出すにはある程度まとまった費用が必要です。利用に際しては、集客の予算と照らし合わせながら、費用対効果を慎重に見極めることが必要です。

店舗アプリ

店舗アプリは、集客・販促に適した店舗向けアプリです。オリジナルの店舗アプリを制作し、顧客にインストールしてもらうことで、アプリを通して顧客にお得な情報やクーポンを配信したり、ポイントを付与したりすることができます。

店舗アプリの最大のメリットは、「プッシュ通知」を利用できるようになることです。アプリをインストールしてくれた顧客のスマホに、新商品情報やお得情報をプッシュ通知で届けることができ、高い開封率、ひいては再来店の促進効果が期待できます。

近年では、スマホの普及に伴い店舗アプリは集客に欠かせないツールになりつつあります。飲食店や小売店など、さまざまな店舗でオリジナルの店舗アプリを導入する企業が増えています。

ただし、店舗アプリの開発にはまとまった費用がかかります。また、便利な反面、アプリの公開後も、不具合に対応したり、ユーザーの離脱を防ぐために新機能を追加したりと、何かと維持の手間がかかる点にも注意が必要です。


店舗集客アイデア:SNSの活用編

続いて、SNSを活用した店舗集客のアイデアを4つ紹介します。

一口に「SNS」といっても、プラットフォームごとにそれぞれ特徴は大きく異なります。自社に合ったSNSを選べるように、それぞれのSNSを使った集客方法についてみていきましょう。

LINE公式アカウント

LINE公式アカウントは、日本の人口70%以上をカバーする9,200万人以上もの利用者数を誇る「LINE」のビジネス向けアカウントです。10代から60代まで、世代を問わず利用されていることも特徴の一つです。

LINE公式アカウントを使えば、幅広いユーザーが日常的に利用している「LINE」アプリ上で、メッセージやクーポンを配信したり、ポイントカードを発行したりすることができます。

TwitterやTikTokのように拡散性はあまり高くない反面、友だち追加してくれたユーザー(既存顧客)へのアプローチが非常にしやすく、効果的に店舗の再利用を促進することが可能です。

LINE公式アカウントは、既存顧客の集客アイデアを模索中の企業や、顧客とのコミュニケーションを強化し、顧客の囲い込みを行いたい企業に最適です。

また、LINE公式アカウントは、初期費用なしで無料で導入することができます。月1,000通までなら無料でメッセージの配信を行えるため、小規模な店舗でも費用を抑えて始めやすいというメリットがあります。

Instagram

Instagram(インスタグラム)は、写真が主体のSNSで、若年層を中心に全世代でユーザー数を着実に伸ばしています。令和2年度における総務省の調査では、LINEに次いで高い利用率を記録しています。

Instagramは、他のSNSと比較して「買い物や趣味、好きなことに関する情報収集」のために利用しているユーザーが多いことが特徴です。たとえば、カフェ巡りが趣味の女性なら、カフェの情報収集にInstagramを活用している可能性が高いでしょう。

これらのことから、Instagramは、お店や商品を宣伝し、潜在顧客へアプローチする場として非常に適しています。

ただし、写真に特化したSNSである分、ユーザーの興味をひくためには、オシャレで魅力的な写真を投稿する必要があります。自店舗の魅力をしっかり伝えられるように、投稿する写真のフィルターや雰囲気、世界観にこだわることが重要です。

Twitter

Twitterは、テキストが主体のSNSです。手軽に発信しやすくスピード感があることから、最新情報やリアルタイムでの情報発信に適しています。

また、拡散性が高いこともTwitterの特徴の一つです。Twitterには、投稿をフォロワー伝えに拡散する「RT(リツイート)」という機能があるため、情報を多くの人に届けやすいというメリットがあります。

拡散性が高い分、不適切な投稿による炎上には十分注意が必要ですが、上手に活用すれば素早く効率的に潜在顧客にアプローチすることができるでしょう。

TikTok

TikTokは、「ショート動画」が主体のSNSです。各年代で年々ユーザー数を伸ばしており、10代では50%を超える利用率となっています。テキストや写真よりも、ショート動画を通して魅力をアピールしたいお店や、10代の若年層を集客したいお店での利用がおすすめです。

また、TikTokでは、ユーザーの趣味嗜好に合わせて、タイムライン上におすすめの動画が次から次へと表示されるようになっており、フォロワー以外のユーザーにも動画を見てもらいやすいというメリットがあります。

フォロワーが少なくても、エンタメ性が高かったり、オシャレで魅力的だったりする動画を投稿し、バズらせることができれば、非常に高い認知拡大効果、および集客効果が期待できます。

動画作成の手間はかかりますが、専門スキルがなくてもアプリ内で簡単に動画を撮影・編集・投稿できるので、投稿のネタと時間があれば試しに利用してみると良いでしょう。


店舗集客アイデア:オフライン・店頭編

次に、オフライン・店頭で行える店舗集客のアイデアを4つ紹介します。

方法メリットデメリット
折り込みチラシ・店舗近隣エリアの顧客にアプローチできる
・高齢層やファミリー層の集客に最適
・細かなターゲティングができない
・チラシデザインの工夫が必要
ダイレクトメール・既存顧客や休眠顧客に確実にアプローチできる・紙代や印刷代、郵送代といったコストがかかる
看板・不特定多数の通行人を集客できる
・費用対効果に優れる
・効果測定がしにくい
クーポン発行・再来店を促進できる
・効果測定がしやすい
・紙代や印刷代、デザイン代といったコストがかかる

最近では、WebやSNSを活用したオンラインの集客アイデアに注目が集まっていますが、オフラインの集客アイデアには、オフラインだからこそのメリットもあります。各アイデアについて詳しくみていきましょう。

折り込みチラシ

主に新聞に折り込まれてポストに投函される「折り込みチラシ」は、店舗近隣エリアの顧客の認知拡大に適した集客アイデアです。

年齢や家族構成など細かくターゲットを絞ることはできないため、ムダ打ちになることもありますが、ネットを利用していない高齢者の顧客やファミリー層には比較的アプローチしやすいのが特徴です。

ただし、チラシを見てもらえるか、集客につながるかといったところは、チラシの出来栄え次第です。一目でわかりやすい内容にまとめつつも、顧客の興味をひけるようにインパクトのあるチラシを作成する必要があります。

ダイレクトメール

ダイレクトメールは、既存顧客や休眠顧客の集客に適した集客アイデアです。前提として、ダイレクトメールを送るには顧客の住所を知っている必要があるため、顧客情報をある程度保有している店舗での利用がおすすめです。

ハガキや印刷代、郵送代といった費用がかかるため、1通あたりのコストはやや割高ですが、その分相手に確実に届けられることを考えれば、費用対効果は悪くありません。

ダイレクトメールは、季節のイベントやキャンペーン、新商品の告知など、顧客の興味を引きやすいタイミングを見計らって送付すると良いでしょう。さらに、割引クーポンや限定プレゼントなどといった特典を付ければ、顧客の来店意欲をより高めることができます。

看板

店舗近隣エリアに看板を設置することも、立派な集客アイデアの一つです。看板は、顧客になり得る不特定多数の通行人にお店の存在をアピールし、魅力を知ってもらうきっかけ作りに最適です。お店の魅力を効果的にアピールすることができれば、入店へとつなげることができます。

また、看板の設置は、費用対効果が高くなりやすい傾向にあります。初期費用はかかるものの、一度設置してしまえば一定期間残り続けるため、通行人の目に入る場所に設置すれば、長期的な集客効果が見込めます。

クーポン発行

クーポンの発行は、比較的活用がしやすく、業種を問わず一定の集客効果が期待できる施策です。

会計時に次回から使えるクーポンを配布すれば、効果的に再来店を促進することができます。クーポン目当てで来店し、ついでに他の商品も注文・購入するといった売上向上効果も期待できます。

また、通常オフライン施策は、効果測定がしにくいというデメリットがありますが、クーポン施策は顧客にクーポンを提示してもらう必要があるため、利用枚数などをカウントすることで、効果を測定することが可能です。

クーポン発行にかかる紙代や印刷代、デザイン代といった費用をデメリットに感じる場合は、記事の前半で紹介した「LINE公式アカウント」や「店舗アプリ」などを利用して、デジタルクーポンを発行する方法もおすすめです。


店舗集客方法の選び方のポイント

店舗集客方法

ここまで、さまざまな店舗集客のアイデアを紹介しました。数ある施策の中から自社に合った施策を選ぶには、どのようなポイントに注意する必要があるのでしょうか?

  • ・ターゲット層に合わせて選ぶ
  • ・効果測定がしやすいアイデアを選ぶ
  • ・複数のアイデアを組み合わせて選ぶ

それぞれのポイントについて、順に詳しく解説します。

ターゲット層に合わせて選ぶ

集客を成功させるには、ターゲット層の顧客にアプローチすることが前提となります。ですので、集客手法を選ぶ際は、自社が集客したいターゲット層にアプローチできるかどうかを見極めることが重要です。

たとえば、10代の若年層の顧客を呼び込みたい飲食店と、店舗近隣の高齢層の顧客を集客したい飲食店とでは、選ぶべき集客方法が異なるのは明確です。前者ならWebやSNSを活用した集客方法、後者なら折り込みチラシやダイレクトメールなど紙媒体を使った集客方法が最善でしょう。

効果測定がしやすいアイデアを選ぶ

効果測定がしやすいかどうかも確認しておきたいポイントの一つです。なぜなら、集客効果があったのかなかったのかを確認できない方法を選んでしまうと、集客の改善に役立てることができないからです。

集客を成功させるには、トライ&エラーを重ねて、自社にとって最も効果がある方法を見つける必要があります。効果測定がしやすいという点では、WebやSNSを活用した集客アイデアが優れていますので、ぜひ積極的に活用していきましょう。

複数のアイデアを組み合わせて選ぶ

ここまで紹介した店舗集客の施策は、それぞれメリット・デメリットが大きく異なります。特に、オンライン(Web・SNS)の集客施策とオフラインの集客施策では、アプローチできる顧客層や効果が出るまでの時間などに大きな差があるため、複数の集客施策を組み合わせて行うことが理想です。

また、施策によってはうまくいかなかったり、時代の変化とともに効果が出なくなったりすることもあるため、一つの施策に頼ることは賢明ではありません。方向性の異なる集客アイデアを組み合わせて選ぶようにしましょう。


まとめ

店舗集客のアイデアをWebの活用・SNSの活用・オフラインの3つにわけて紹介し、それぞれの特徴や集客方法を解説しました。

店舗集客は、施策によって集客にかかる費用や労力、およびアプローチできる顧客層などが大きく異なります。まずは、集客の目的や店舗のターゲット層などを明確にして、自社にとって最善な集客アイデアを検討しましょう。

ディップ株式会社では、日本を支える中小企業の皆様に向けて、ワンストップのDXサービスを提供しています。

DXの実践においては、人材確保や教育の壁、DXを前提とした組織改革の壁、そして予算の壁と、さまざまな課題が立ちはだかります。ディップが提案する「one-stop DX.」は、これらの問題を専属のカスタマーサクセスが並走しながら導入と運用をサポートいたします。DXに伴う現場の混乱やシステムの複雑化を回避可能です。

また、ディップではソリューションの提供にあたって、すべて自社のスタッフが顧客対応を行うダイレクトセールスを採用しています。営業とカスタマーサクセス、開発チームが密に連携を取っている営業スタッフが、顧客の潜在ニーズまでを丁寧に把握し、満足度の高いサービスの提供に努めます。

提供するDXソリューションは、バックオフィスとセールスの双方に適用可能です。DX推進を検討の際には、お気軽にご相談ください。

当社ディップ株式会社が提供している「常連コボット for LINE」は、LINEでお店のポイントカードを作ることができます。

特に、飲食店やチェーン店舗に来店したお客さん向けに、“リピート来店してもらいたい”と考えている企業・経営者の方におすすめのサービスです。

常連コボット for LINE

お客さんは、LINEにログイン・来店・友達紹介をするだけでどんどんポイントが貯まります。そして、ポイントはクーポンとして利用することができるので、楽しみながらポイントを貯めることができます。

また、LINEで利用することができるサービスなので、お客さんにとっては、新たにスマホアプリをダウンロードしたり、メールで会員登録を行ったりする手間もかかりません。

さらに、お店側はLINEのメッセージ機能で、お店の宣伝を行うことも可能です。季節限定メニュー・割引情報などを定期的に発信することで、さらなる集客プロモーションを行うことができます。

サービス導入の際は、専任担当者がつき、各種設定やミニアプリ作成のサポートを行います。最短1ヶ月で導入が可能なので、これからのシーズンに向けて、飲食店の新たな集客方法を検討している方はぜひお問い合わせください。

>DX推進にお悩みをお持ちの方はお気軽にご相談ください。

DX推進にお悩みをお持ちの方はお気軽にご相談ください。

ディップ株式会社は自社で培った営業ノウハウと、多様なデジタルツールを組み合わせ、お客様の収益向上に関わるあらゆることを専門担当制でのサポートを提案します。
人材の確保やデジタルツールの選定・導入、その他企業収益向上に関してお悩みをお持ちの方は、お気軽にディップ株式会社へお問い合わせください。