【2022】電子クーポンとは?店舗・ユーザーの使い方&メリット

電子クーポン

電子クーポンを使えば、これまで紙で発行していたクーポンをWebで配布・管理できるようになります。電子クーポンは、店舗・ユーザーの双方にとって利便性が高く、さらには印刷代を削減できる、利用データの蓄積ができるといったメリットもあります。

今回は、電子クーポンの仕組みや使い方、店舗側・ユーザー側の利用メリットなどについて解説します。

電子クーポンとは?

電子クーポンとは、インターネット上で入手できるクーポンのことです。飲食店や小売店などの実店舗やオンラインショップなどで活用されています。

これまで、クーポンといえば、紙に印刷されたクーポンを顧客に手渡し、またはポスティングなどで配布し、顧客に持参してもらうという形式が主流でした。電子クーポンは、このような紙のクーポンを電子化したもののことで、スマホ一つでクーポンの作成・配布、および管理・利用が完結することが特徴です。

電子クーポンの仕組み

電子クーポンは、顧客がスマホで提示したクーポンをスタッフがスキャナで読み取って利用する仕組みが一般的です。中には、番号で表示するタイプや、「利用済み」を顧客にタップしてもらうタイプなどもありますが、基本的な仕組みや利用の手順はほとんど変わりません。

なお、電子クーポンには、通常の割引・商品券タイプのクーポンに加えて、回数券タイプや、特定の地域の店舗で使える共通クーポンタイプなど、さまざまな種類があります。

電子クーポンの使い方:店舗側

続いて、店舗で電子クーポンを利用する方法・手順を紹介します。電子クーポン導入時の参考にしてください。

ツールを選定・導入する

まず、電子クーポンを発行・配布するためのツールを導入する必要があります。

一口に「電子クーポン」と言っても、その発行方法はさまざまです。たとえば、LINE公式アカウントを使う方法や、店舗アプリを作ってアプリ内で配信する方法、SNSや公式サイトなどで配布する方法などがあります。

各ツールによって、電子クーポンの発行にかかる費用や選べるクーポンの種類、利用のしやすさなどは大きく異なります。予算やクーポンの活用方法などと照らし合わせながら、お店にマッチしたツールを導入しましょう。

電子クーポンを作成する

電子クーポンの発行・配布ツールが決まったら、実際に電子クーポンの作成に取り掛かります。

電子クーポンの詳しい作成方法は、上で決めたツールによって異なります。たとえば、LINE公式アカウントや店舗アプリなど「クーポン機能」が備わったツールを使う場合、管理画面からクーポンの種類やデザイン、利用期限などを選んで発行する方法が一般的です。

自店舗のWebサイトやSNSの投稿、メルマガなどで独自に配布したい場合は、クーポン作成ツールなどを使って作成しましょう。

電子クーポンを配布する

上で選んだツールを使って、作成した電子クーポンを配布します。クーポンを配布するタイミングは自由ですが、利用を促しやすいようにキャンペーンやセールと同時に発行するなど、配布タイミングを工夫すると良いでしょう。

電子クーポンの使い方:ユーザー側

次に、ユーザーが実際に店舗で電子クーポンを使う際の流れを紹介します。電子クーポンを使った店舗オペレーションをイメージするために、確認しておきましょう。

電子クーポンを取得する

まず、ユーザーは店舗が指定するツールやサイトを使って電子クーポンを取得します。たとえば、店舗の公式アプリや公式ホームページ、SNSなどで配布されているクーポンを入手したり、グルメサイトやクーポンサイトなどからクーポンを手に入れたりします。

紙のクーポンのように、実際に店舗に出向いたり投函されたチラシを確認したりする必要はありません。スマホ一つでクーポンを入手することができるため、ユーザーの利便性は非常に高いと言えます。

また、店舗からすれば、多くの顧客に手軽にクーポンを取得してもらいやすいというメリットがあります。

会計時に電子クーポンを提示する

顧客は会計時にスマホで電子クーポンを提示します。スマホさえあればいつでもクーポンにアクセスできるため、紛失や持参忘れも少なくなります。

また、期限切れのクーポンは自動的に失効するため、スタッフが期限切れのクーポンを受け取ってしまうといったミスも起こりにくくなります。

電子クーポンの割引が適用される

提示した電子クーポンをスタッフに読み取ってもらうことで、割引が適用されます。使用したクーポンは「使用済み」になりますので、不正利用もしっかり防止することができます。

電子クーポンを利用するメリット:店舗側

ここでは、電子クーポンを利用することで店舗が得られるメリットを3つ紹介します。

  • クーポンの印刷代を削減できる
  • 利用データの集計・分析がスムーズ
  • 多くのユーザーに利用してもらいやすい

クーポンの印刷代を削減できる

紙のクーポンから電子クーポンに移行することで、印刷代や紙代といったコストを削減できます。紙のクーポンのようにクーポンを印刷しすぎて余らせてしまったり、足りなくなって売上の機会損失を引き起こしたりするリスクもありません。

また、電子クーポンはスマホ一つで顧客に利用してもらえるので、クーポンを配布したり補充したりといった手間も削減できます。電子クーポンは、ツールによっては導入時に初期費用がかかりますが、長い目で見ればコスト削減につながります。

利用データの集計・分析がスムーズ

クーポンの利用データの集計・分析がスムーズになることも、電子クーポンを利用するメリットの一つです。

紙のクーポンの場合、顧客が利用したクーポンの枚数を手作業で集計する必要があります。また、どんな顧客層がいつ、どのクーポンを利用してくれたのかといった分析をすることは容易ではありません。

一方、デジタルクーポンなら、「誰が」「いつ」「どの」クーポンを利用してくれたのかといったデータが自動で残ります。集計の手間がかからない上、紙のクーポンではできなかった高精度での効果測定が可能です。

多くのユーザーに利用してもらいやすい

電子クーポンに移行することで、これまで紙のクーポンを利用していなかった層にもクーポンを利用してもらいやすくなります。なぜなら、電子クーポンは紙のクーポンと比較してユーザー利便性が高いからです。

たとえば、「紙のクーポンは持ち歩くのが面倒」という顧客も、スマホで簡単に利用できる電子クーポンがあると知れば利用してくれるかもしれません。

せっかくクーポンを配信しても、実際に使ってもらえなければ意味がないですよね。電子クーポンを利用すれば、より多くの顧客にクーポンを使ってもらえるようになり、クーポン本来の目的である集客・売上向上効果も期待しやすくなるでしょう。

電子クーポンを利用するメリット:ユーザー側

電子クーポンの導入は、店舗だけでなくユーザーにも大きなメリットをもたらします。ここでは電子クーポンのユーザーメリットを解説しましょう。

  • 手軽で簡単に利用できる
  • 管理がラクになる
  • 紛失やクーポン忘れがなくなる

手軽で簡単に利用できる

電子クーポンは、紙のクーポンと比較して利用が簡単というメリットがあります。スマホ一つでクーポンを入手できる他、利用時もスマホ画面を提示するだけでいいのでとても手軽です。

従来の紙のクーポンでは、チラシから切り取ったり財布に入れたりする手間がかかりました。これらの手間がなくなることで、紙のクーポンは面倒で利用していなかった顧客も、クーポンを活用しやすくなります。

管理がラクになる

電子クーポンは、紙のクーポンと比較して管理がラクになるというユーザーメリットがあります。上述したように、財布に入れて持ち歩く手間がかからないことに加えて、期限切れのクーポンは自動で消えたり使えなくなったりするので、処分の手間もかかりません。

紛失やクーポン忘れがなくなる

電子クーポンは、スマホさえあればいつでも利用できるので、クーポンの紛失や持参忘れがなくなります。「クーポンを利用しようと思っていたのに忘れてしまった」「利用予定だったクーポンをなくしてしまった」ということがなくなるため、クーポンの満足度が向上します。

電子クーポンを作成・発行できる主要ツール

続いて、電子クーポンを作成・発行できる主要ツールを3つ紹介します。

  • LINE公式アカウント
  • GMOおみせアプリ
  • SB Gift

LINE公式アカウント

LINE公式アカウント

LINE公式アカウントは、LINE株式会社が提供する集客・販促サービスです。日本国内で月間9,200万人が利用するLINE上に店舗の公式アカウントを作成し、友だち追加してくれた顧客にお知らせを配信したり、メッセージでやり取りしたりできるのが特徴です。

LINE公式アカウントには、電子クーポンを作成・配信するためのクーポン機能が備わっています。クーポンは、名称や有効期限、写真、利用ガイドなどを自由に設定して作成することができます。

また、作成したクーポンは、メッセージで友だちに一斉配信したり、新たに友だち追加してくれたユーザーへの「あいさつメッセージ」として送ったりすることができます。

なお、LINE公式アカウントの料金プランはメッセージ通数に応じた重量課金制になっているため、クーポン機能についてはプランを問わず無料で利用することが可能です。電子クーポンを試しに発行してみたい方、費用を抑えて電子クーポンを導入したい方におすすめです。

公式サイト

GMOおみせアプリ

GMOおみせアプリ

GMOおみせアプリは、GOデジタルラボ株式会社提供の店舗アプリ作成サービスです。大規模な開発が不要な「アプリプラットフォーム」を提供しており、集客に役立つさまざまな機能を搭載した店舗アプリを最短40日で作成することができます。

GMOおみせアプリの来店促進機能の一つに、「クーポン発行」機能があります。バリエーション豊富なクーポンをプッシュ通知機能と組み合わせることで、効果的に来店のきっかけ作りを行えます。

通常の割引クーポンに加えて、誕生日クーポンやスクラッチクーポン、友達紹介クーポンなど、さまざまな種類のクーポンを発行することができます。スクラッチクーポンでは、スマホの画面上で「スワイプして削る」という楽しい体験も提供可能です。

オリジナルの店舗アプリを作成して、アプリ上で電子クーポンを配布したい店舗経営者の方におすすめのツールです。

公式サイト

フリポン

フリポン

フリポンは、印刷通販の株式会社グラフィックが運営するクーポン作成ツールです。スマホ向けのクーポンを簡単に無料で作ることができます。

電子クーポンは、「レギュラータイプ」、その場で当たるゲーム付きの「ゲームタイプ」、アンケートに回答するともらえる「アンケートタイプ」、2つを組み合わせた高機能な「アンケート+ゲームタイプ」の4タイプから、用途に応じて選んで作成できます。

作成した電子クーポンは、ホームページやSNS、電子チラシなどに掲載して利用することが可能です。「電子クーポンを使ってみたいけど、店舗アプリやLINE公式アカウントは持っていない」という店舗経営者の方におすすめです。

公式サイト

まとめ

電子クーポンの仕組みや使い方、店舗・ユーザーの利用メリットなどについて解説しました。電子クーポンは、紙のクーポンと比較して利便性が高い、利用データを蓄積・分析できる、印刷代がかからないなどのメリットがあります。ツールを活用して、自社の目的や客層に応じて電子クーポンを使いこなしましょう。

当社ディップ株式会社は、常連客を作って売上アップを目指せるサービス「常連コボットforLINE」を提供しています。

「常連コボットforLINE」では、LINEミニアプリを使ってお店のポイントカードを作成し、溜まったポイントに応じて電子クーポンを配布することができます。ポイントカードは、来店および1日1回のログインでどんどんポイントが溜まるようになっており、顧客には溜まったポイントを使ってクーポンを獲得してもらえます。

常連コボット for LINE

ポイントカードと電子クーポンで効果的に再来店を促進し、常連客の獲得へとつなげることが可能です。スマホでのポイントカードやクーポンの提供、常連客の獲得などを課題として抱えている店舗経営者の方は、ぜひお気軽に当社ディップ株式会社までご相談ください。

>DX推進にお悩みをお持ちの方はお気軽にご相談ください。

DX推進にお悩みをお持ちの方はお気軽にご相談ください。

ディップ株式会社は自社で培った営業ノウハウと、多様なデジタルツールを組み合わせ、お客様の収益向上に関わるあらゆることを専門担当制でのサポートを提案します。
人材の確保やデジタルツールの選定・導入、その他企業収益向上に関してお悩みをお持ちの方は、お気軽にディップ株式会社へお問い合わせください。