【2023】店舗の集客方法は?集客力を高める12の施策をわかりやすく解説

店舗集客

「自社に合う集客手法がわからない」「思うように集客効果が得られない」など、安定した集客を実現できずにお悩みの店舗経営者の方は少なくないでしょう。店舗経営において、「集客力を高めて売上を伸ばし、安定した経営をすること」は永遠の課題です。

そこで今回は、店舗集客の施策をWeb・SNS・紙媒体に分けて12個紹介します。業種別に店舗集客例も紹介しているのでぜひ参考にしてください。

店舗集客の必要性

店舗経営において経営を安定させるには、顧客から「選ばれるお店」になる必要があります。そのために必要不可欠なのが集客です。

店舗はさまざまな施策を通して、新規顧客および既存顧客に「あのお店を利用したい」と思ってもらえるよう、集客力を高めていかなければなりません。

とりわけ昨今では、インターネットが普及し、誰でも容易に情報を入手できるようになったことにより、顧客のニーズが多様化しています。店舗の売上を伸ばすためには、オンラインからオフラインまで幅広い手法を使い分けて集客を行うことが不可欠です。

店舗における集客手法の選び方のポイント

店舗経営で不可欠な集客ですが、集客手法は多岐に及ぶため、手当たり次第に実践していくことは効果的とはいえません。ここでは、店舗集客の手法を慎重に選ぶためのポイントを3つ紹介します。

  • 店舗のターゲットに合った手法を選ぶ
  • 商圏範囲に見合った手法を選ぶ
  • 効果測定・分析ができる手法を選ぶ

店舗のターゲットに合った手法を選ぶ

集客手法を選ぶにあたっては、店舗で集客したいターゲット層に的確にアプローチできる手法を選ぶことが重要です。ターゲット層が曖昧だったりズレていたりすると、アプローチにムダが生まれてしまうためです。

たとえば、20代女性が集客のターゲット層なら、20代女性ユーザーを多く抱えているインスタグラムを使ったSNS集客や、20代女性が多く参加するイベントでの集客が効果的でしょう。集客手法は「誰にお店を利用して欲しいか」「誰にお店の魅力を訴求したいか」に合わせて慎重に選定するようにしましょう。

商圏(エリア)に見合った手法を選ぶ

効率的に集客を行うには、店舗の商圏(エリア)に絞ってアプローチできる手法を選ぶことも大切なポイントです。

「主に店舗周辺の顧客が利用しているのか」あるいは「遠くのエリアから通って利用する顧客がいるのか」といった商圏は、業種や店舗によって大きく異なります。

前者の場合、商圏外の人達にアプローチしても、集客にはつながりにくいといえます。店舗周辺に住む人達に向けてチラシを配布したり、イベントを開催したりといった手法が効果的でしょう。

一方、後者であれば、安易にエリアを限定して集客するのはもったいないことです。ホームページやGoogle ビジネスプロフィール、SNSなど、エリアを限定せずにターゲット層の顧客にアプローチできる手法を選ぶのが理想的です。

効果測定・分析ができる手法を選ぶ

店舗集客において、最初から最適な集客手法を見極めるのは容易なことではありません。そこで大切なのが、効果測定・分析がしやすい集客手法を選ぶことです。

集客の効果を測定・分析できる手法を選べば、「その施策が適切だったかどうか」「なぜ効果が出たか/出なかったか」がわかるようになり、改善につなげることができます。

効果測定がしやすいという面では、オンライン​​の集客手法が優れています。ただし、オフライン手法であっても、クーポン付きのDMを送付してクーポンの利用状況を記録するなど、効果測定・分析を行うことは可能です。

「施策が適切だったかどうかわからない」という状況を避けるためにも、効果測定・分析がしやすい手法を取り入れるようにしましょう。

「オンライン」と「オフライン」どちらの集客手法を選ぶべき?

店舗集客の手法は、大きく分けて「オンライン集客」と「オフライン集客」に分けることができます。

これら2つの集客手法は、メリット・デメリットがそれぞれ大きく異なるため、一概にどちらが優れているとはいえません。店舗のターゲット層やエリア、目的などに合わせて、組み合わせたり使い分けたりすることが大切です。

ここでは、オンライン集客とオフライン集客のメリット・デメリットを比較しつつ、それぞれの集客手法に向いているケースを紹介していきます。

施策メリットデメリット
オンライン集客・効果測定がしやすい
・ターゲットを絞り込んでアプローチできる
・専門知識が必要なことがある
・専門業者に依頼する場合はコストがかかる
オフライン集客・トータルコストを抑えやすい
・商圏を絞ってアプローチできる
・効果測定がしにくい
・ターゲットの絞り込みがしにくい

オンラインの集客手法が向いているケース

オンラインの集客は、実店舗の場所にとらわれず、お店のターゲット層にアプローチしやすいのがメリットです。また、何人にアプローチできたかなど、効果の測定がしやすく、柔軟に施策をトライ&エラーできることも特徴です。

近年では、インターネットを活用して利用したい店舗を探したり、予約したりするユーザーが圧倒的に多いことから、ターゲットに合わせてオンラインを駆使した集客を行うことは必須だといえるでしょう。

オフラインの集客手法が向いているケース

オフラインの集客は、折り込みチラシやダイレクトメールの送付、イベントの実施など、アプローチできるエリアが限られてしまいがちです。逆手に取れば、商圏を絞ってアプローチできるという強みがあります。

「店舗商圏を絞って集客したい」という地域に根ざした店舗や、コストを抑えて集客したい店舗は、オフライン集客手法を中心に、オンライン集客手法と上手に組み合わせながら集客を行う方法が向いているといえます。

店舗集客施策・手法:Web編

ここからは、具体的な集客手法を紹介します。まずは、Web集客に絞って効果的な集客施策を4つ紹介します。

  • ホームページ・ブログ
  • Google ビジネス プロフィール
  • 店舗アプリ
  • インターネット広告

ホームページ・ブログ

ブログ

1つ目は、店舗ホームページやブログを運営する方法です。

店舗独自のホームページを持つことで、ポータルサイトやSNSなどの枠にとらわれずに、お店の魅力やこだわりを顧客に伝えられるようになります。「お店についてもっと知りたい」と思ってくれたユーザーの取りこぼしも防げるでしょう。

ブログは、顧客が知りたい情報やお役立ち情報などの発信を通して、集客やファン獲得につなげることができる集客手法です。魅力的なコンテンツの書き方やSEO対策など、やや専門的な知識が必要ですが、運用方法によっては店舗集客に大きく貢献してくれるでしょう。ブログ運営は、集客に割ける予算や時間に比較的余裕がある店舗におすすめしたい手法です。

Google ビジネス プロフィール(旧:Goole マイビジネス)

Google ビジネスプロフィール

効果的なオンライン集客手法の2つ目は、Google ビジネスプロフィール(旧:Goole マイビジネス)です。

Google ビジネスプロフィールとは、Google検索やGoogleマップなどに、自身が運営する店舗の情報を表示できるツールのことです。飲食店や小売店などを探しているユーザーに見てもらいやすいため、来店見込みの高い顧客にアプローチできるのがメリットです。

Google ビジネスプロフィールを作成し、常に最新の正しい情報を掲載しておくことで、来店予定のある新規顧客を効果的に集客することができます。

また、Google ビジネスには、口コミ機能や投稿機能も備わっています。顧客が投稿した口コミに返信したり、定期的に商品やメニュー情報などを投稿したりすれば、新規顧客だけでなく既存顧客向け集客ツールとしても活用できます。

Google ビジネスプロフィールは、登録・運用の手間こそかかりますが、無料で利用できるので、時間がある際に登録しておくことをおすすめします。

店舗アプリ

店舗アプリ

3つ目は、店舗アプリを活用した集客手法です。

店舗アプリとは、「店舗を利用するユーザー向けに提供されている、自社・店舗オリジナルアプリ」のことです。高い集客効果や顧客の囲い込みが期待できることから、近年では店舗アプリを導入する飲食店や小売店が増えています。

店舗アプリでは、アプリをインストールしてくれた顧客に対して、お得な情報やクーポンを配信したり、デジタルポイントカードを発行してポイントを付与したりすることで、高い集客・販促効果が見込めます。

また、プッシュ通知を利用して顧客のスマホに直接メッセージを通知できることも店舗アプリの強みの一つです。プッシュ通知は、顧客の目に留まりやすく、開封率が高いことでも知られています。

ただし、店舗アプリは、アプリの開発・作成の手間とコストがかかります。また、店舗アプリを集客ツールとして役立てるには、顧客にアプリをインストールしてもらう必要があるため、多くの顧客に利用してもらうには、アプリのメリットをしっかりと訴求しなければなりません。

インターネット広告

4つ目は、インターネット上に広告を出稿して集客する方法です。

インターネットおよびスマホが広く普及した現代、インターネット広告の種類が多様化しており、自社に合った種類を選ぶことでターゲットに的確にアプローチできます。

インターネット広告の主な手法としては、次のものが挙げられます。

  • リスティング(検索連動型)広告
  • ディスプレイ広告
  • アフィリエイト広告
  • 記事広告
  • SNS広告

インターネット広告を出稿するには費用がかかりますが、即時性が高く、テレビCMや新聞などのマス広告と比べると費用を抑えられることが特徴です。集客の目的を明確にした上で、自店舗の魅力を訴求できる広告媒体を選ぶことで、高い認知拡大・集客効果が期待できるでしょう。

店舗集客施策・手法:SNS編

近年では、集客にSNSを活用する店舗が増えています。「株式会社シンクロ・フードが実施した調査」によると、飲食店の82.6%が集客にSNSを活用しています。ここでは、SNSを活用した店舗集客施策・手法を4つ紹介します。

  • LINE公式アカウント
  • Instagram
  • Twitter
  • TikTok

LINE公式アカウント

line公式アカウントの設定

LINE公式アカウントは、国内人口の70%以上が利用するLINEを集客・販促ツールとして利用できるサービスです。

多くの顧客が利用しているLINE上で、メッセージやクーポンを配信したりポイントカードを作成したりして、顧客とのコミュニケーションを強化し、効果的に再来店へとつなげることができます。オプション機能を利用すれば、LINE上で来店予約を受け付けたり、デリバリー注文を受けたりすることも可能です。

初期費用は完全無料で、月1,000通のメッセージ配信までなら完全無料の「フリープラン」でLINE公式アカウントを運用することができます。LINE公式アカウントは、費用を抑えてオンライン集客を始めてみたい店舗経営者の方におすすめの集客ツールです。

Instagram(インスタグラム)

Instagram(インスタグラム)は、飲食店や小売店などの店舗がより多くの人にお店を知ってもらい、集客につなげるための手段として有効なSNSの一つです。

画像がメインのSNSであることから、店舗の魅力をビジュアル的に訴求することに長けています。Instagramで成果を上げるには、投稿写真のトンマナに統一感を出し、独自の世界観を持たせることが大切です。

写真やハッシュタグにこだわって運用し、フォロワーを増やすことができれば、ファンの獲得や潜在顧客への認知拡大、ひいては高い集客効果が期待できます。

ただし、昨今では多くの企業・店舗がInstagramをビジネスに活用しているため、投稿のレベルが上がっていて競争が激しいというデメリットもあります。また、フォロワー(ファン)の獲得には時間がかかるため、長期的な視点で運営していくことが欠かせません。

Twitter

Twitterは、拡散力が高いことから店舗集客に向いているSNSです。匿名性が高く、投稿をシェアするための「リツイート機能」が備わっているため、他の主要SNSと比べても非常に高い拡散力を持ちます。

Twitterはテキストが中心で手軽に投稿しやすいことから、即時性が高いのも魅力です。新メニューや商品の宣伝や期間限定キャンペーンの告知など、最新情報をイチ早く届けて集客したい際に向いています。

また、有益情報や面白い情報など、共感性の高い投稿をしたり、季節のネタや時事ネタを活用したりすることで、トレンド入りを狙うことも可能です。自社ツイートをトレンドタブに表示させることができれば、非常に高い集客効果が期待できます。

ただし、拡散性が高い分、不適切な発言や投稿による炎上には注意が必要です。

TikTok

TikTokは、若年層を中心に高い人気を誇るショート動画に特化したSNSです。エンタメ系や有益系の動画が多く投稿されており、ショート動画という特性を活かした宣伝・集客ができます。

たとえば、飲食店なら人気メニューをランキング形式で紹介する動画や、店内の雰囲気を撮影した動画などを作って投稿することで、お店の魅力をビジュアル的に訴求することが可能です。動画が多くの人に視聴されれば、動画をきっかけに来店してもらえる可能性もあります。

動画を撮影したり編集したりする手間はかかりますが、アイデア次第ではどんな業種でも集客に活用することができます。

店舗集客施策・手法:紙媒体編

続いて、オフラインの店舗集客施策を4つ紹介します。

  • 折り込みチラシ
  • ダイレクトメール
  • イベント
  • 看板

折り込みチラシ

折り込みチラシとは、新聞に折り込まれて、または郵便ポストに直接投函される広告チラシのことです。折り込みチラシを使った集客は、店舗がある商圏(エリア)に絞ってアプローチできるというメリットがあります。

反響率は、業種によってマチマチですが、1枚あたりの単価が比較的安く大量配布しやすいことが特徴です。オンライン集客と比較して効果測定がしにくいというデメリットがあるものの、折り込みチラシ限定クーポンを付ければ、ある程度効果を測ることが可能です。

ファミリー層や高齢者層をターゲットとしやすいことから、店舗のターゲットが合致すればぜひとも活用したいオフライン集客手法です。

ダイレクトメール

オフライン集客手法の2つ目は、ダイレクトメールです。

ダイレクトメールとは、顧客の住所宛てにハガキやカタログなどの印刷物を郵送する集客手法のことです。自社が伝えたい情報を確実にターゲットに届けられるというメリットがあります。

ただし、ダイレクトメールを郵送するには、当然ながら顧客の住所を知っている必要があるため、すでに一定以上の顧客情報をストックしている企業での活用がおすすめです。

顧客情報のストックがある場合、ダイレクトメールの内容や目的に合わせて、ニーズが合致する顧客に対して送付することで、高い集客効果が期待できるでしょう。

イベント

イベントの開催も、代表的なオフライン集客手法の一つです。イベントを開催することで、不特定多数のユーザーにお店の魅力を知ってもらい、新規顧客の獲得につなげることができます。

集客効果が期待できるイベントには、季節に合わせたイベントや時間帯を限定したイベント、新メニューや新商品の告知イベント、コラボイベントなどさまざまな種類があります。

たとえば、「開店〇周年」を記念したイベントを開催すれば、来店頻度が落ちている既存顧客にも効果的にアプローチすることができるでしょう。目的や集客したいターゲット層に合わせてイベントを企画してみましょう。

看板

看板は、商圏を限定した「エリアマーケティング」でよく用いられる代表的なオフライン集客手法の一つです。

実店舗がある建物の屋上や最寄り駅などに看板を設置することで、商圏をよく利用するターゲット層を効果的に集客することができます。看板を集客に活用するメリットは、お店の存在を知らないユーザーに、実店舗の魅力や場所を視覚的に訴求しやすいことです。

看板の設置には、費用対効果が見えにくいというデメリットがありますが、専用のQRコードや電話番号を掲示したり、「看板を見た」と口頭で伝えてくれた人を対象に割引キャンペーンを実施したりするなど、工夫すれば効果の測定も可能になります。

【業種別】店舗集客の具体例

実際に飲食店や小売店などの店舗がどのように集客を行っているのか、次の業種別に事例を紹介します。

  • 飲食業
  • 小売業
  • 美容業

「店舗集客の手法はわかったけど、具体的なイメージが湧かない」とお悩みの方は、参考にしてください。

飲食業における店舗集客事例

飲食業では、下記の店舗集客施策を組み合わせて行っている事例が多くみられます。

  • Google ビジネス プロフィール
  • ホームページ・ブログ
  • SNS運用

競争が激しい飲食業では、できるだけ多くの人にお店を知ってもらい、顧客接点を増やし来店へとつなげることが大切です。そのため、お店の情報をネット上に表示できるGoogle ビジネス プロフィールや、お店の魅力を自由に発信できるホームページ・ブログ運営が集客の手法として人気です。

また、飲食業では料理やドリンク、店内の雰囲気などのビジュアルがお店選びの判断材料となることから、写真や動画に特化したSNSの活用も向いています。

株式会社シンクロ・フードの調査によると、SNS集客を行っている飲食店のうち、59.5%がInstagramを活用しています。Facebookは19.3%、Twitterは11%であったことを考慮すると、飲食業ではInstagramを活用して店舗集客を行っている事例が非常に多いことがわかります。

小売業における店舗集客事例

小売業では、下記の店舗集客施策に力を入れている事例が多く、これらの施策を組み合わせて取り入れることで高い集客効果が見込めます。

  • SNS運用
  • 店舗アプリ
  • ダイレクトメール

具体的には、LINE公式アカウントや店舗アプリ、ダイレクトメールで、新作商品の宣伝やお得情報の発信をすることで来店へとつなげている事例が多くみられます。

たとえば、あるスーパーではLINE公式アカウントを開設し、店内告知とクーポン配信を行い、既存顧客の来店促進に成功しています。中にはLINE公式アカウントの活用で店舗のECサイトへの流入が増えたという事例もあります。

また、服飾品や雑貨などを販売しているお店なら、SNSを活用してビジュアル的に魅力を訴求するのも向いています。店舗で取り扱う商品に合わせて施策を選びましょう。

美容業における店舗集客事例

美容業は、既存顧客のリピートを促すため、SNSやホームページ・ブログ、ダイレクトメールを活用している事例が多くみられます。

  • SNS運用
  • ホームページ・ブログ
  • ダイレクトメール

中でも、SNSはサロンの雰囲気や施術の仕上がりをビジュアル的にアピールしやすいことから、美容業の店舗集客施策に向いています。また、自店舗の魅力を余すことなく自由に発信できるホームページやスタッフブログなどを運営する店舗も多くあります。

顧客接点を強化しリピートを促進するための施策としては、会員証やポイントカード機能のあるLINE公式アカウントや店舗アプリも人気です。

たとえば、ある美容サロンは、会員証や予約機能が備わったLINEミニアプリを導入し、予約客数とリピート率、紹介客数の増加に成功しています。

Web施策やSNS施策を中心に、来店意欲を高めリピートを促すことができるような施策を取り入れることで、集客力を高めることができるでしょう。

店舗集客を行う際の注意点

ここまで、効果的な店舗集客の手法をオンラインとオフラインに分けて紹介しました。そこで次に、これらの店舗集客を行う際に気をつけたいポイントを3つ紹介します。

  • 店舗のブランドイメージを意識する
  • 店舗によって適した集客手法は異なる
  • 複数の施策を並行して展開する

店舗のブランドイメージを意識する

店舗集客を行う際は、自店舗のブランドイメージを意識しましょう。ブランドイメージとは、顧客がお店に対して持っているイメージのことで、集客をするにあたってはブランドイメージと集客における訴求ポイントが合致していることが重要です。

たとえば、顧客がお店に対して「リーズナブルで通いやすいお店」というブランドイメージを持っているなら、そのイメージに合わせてお店の魅力を訴求すると集客力は高まるでしょう。

また、SNSを使って集客を行う場合は、不適切な投稿などによる炎上で店舗のブランドイメージを損なうことがないよう、十分注意しましょう。

店舗によって適した集客手法は異なる

この記事では、一般的に効果がある集客手法を紹介していますが、どの手法でどのくらいの効果が得られるかどうかは店舗によって大きく異なります。他店舗で効果が出ているからといって、自社でも効果が出るとは限らないのが集客の難しいところです。

集客手法の選び方のポイントでもお伝えしたように、自社のターゲット層やエリアに合った手法を組み合わせて集客を行っていきましょう。また、思ったような効果が得られない場合には、改善に取り組むことも大切なポイントです。

複数の施策を並行して展開する

店舗集客を成功に導くには、複数のオンライン手法とオフライン手法を上手に組み合わせて展開することが大切です。一つの手法に固執してしまうと、集客できるターゲット層に偏りが出てしまったり、上手くいかなかった際のダメージが大きくなってしまったりします。

若年層の獲得にはSNSを活用しつつ、高齢者層の集客には折り込みチラシやダイレクトメールを活用するなど、複数の施策をバランス良く展開することを心がけましょう。

まとめ

店舗における集客手法の選び方のポイントと、具体的な店舗集客手法をWeb・SNS・紙媒体に分けて12個紹介しました。

オンラインとオフラインの集客手法は、それぞれ特徴や強みが異なるため、自店舗のターゲット層やブランドイメージに合わせて、バランス良く複数の集客手法を展開していくことが大切です。

今回紹介した集客手法や業種別の店舗集客例を参考にして、集客力の向上を目指しましょう。

当社ディップ株式会社は、常連客の集客に役立つサービス「常連コボットfor LINE」を提供しています。

常連コボット for LINE

「常連コボットfor LINE」では、LINEミニアプリを使ってお店のデジタルポイントカードを作成することができます。来店や友だち紹介、毎日ログインを条件にポイントがどんどん貯まる仕組みになっているため、効果的に再来店を促進することができます。

店舗での集客や常連客の獲得でお悩みの店舗経営者の方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

>DX推進にお悩みをお持ちの方はお気軽にご相談ください。

DX推進にお悩みをお持ちの方はお気軽にご相談ください。

ディップ株式会社は自社で培った営業ノウハウと、多様なデジタルツールを組み合わせ、お客様の収益向上に関わるあらゆることを専門担当制でのサポートを提案します。
人材の確保やデジタルツールの選定・導入、その他企業収益向上に関してお悩みをお持ちの方は、お気軽にディップ株式会社へお問い合わせください。