マーケティングオートメーションの利用で
営業の効率をさらにアップ

2020/09/22 RPA / DX LAB

営業活動のなかで、未取引顧客へ効率を上げるアプローチ方法として、メールでナーチャリングをするケースが増えています。アポイントが難しい顧客へ対して電話のように相手の時間を調整する必要がなく、自社の新製品や新サービスについて紹介でき、かつ継続的なコミュニケーションをとるという点からも、メールによるアプロ―チが選ばれる一つのポイントとになっています。

メールマーケティングをする上での問題点とは

メール送信にかかる時間と、起こりうる人為的ミス

メールの配信シナリオや文面を考え作成する作業は時間がかかります。過去に送信した内容を一部改修して文章を作成しても、その時顧客が求める情報が記載されているか?タイプミスなどしていないか?
同じ内容を複数回送信していないか?送信相手の名前の転記ミスをしていないか?など、注意すべき点は多くあります。

メールを受け取った顧客の反応が知りたい!

通常のメール送付では、受け取った顧客が開封したか?URLをクリックしてくれたか?などの行動を知ることができません。
もし、顧客の行動がわかれば、メールで送ったサービスの紹介やイベントの告知、ウェビナーへの集客など、顧客がいま何を求めているか?興味はあるのかなどを知ることができます。

そもそもメールを開いているのか?資料を読んでくれているのか?などがわからないなかで、何度も電話やメールで連絡するというのは効率も悪く、相手に「しつこい」と思われてしまい良い印象を与えません。

個別対応による遅れや漏れが機会損失をまねく!

メール送付に対して、返信や問い合わせのあった顧客の対応は比較的スムーズに対応することができますが、「URLをクリックした」「ウェビナーに参加した」など直接やりとりが発生しない場合に、そのフォローが遅れる場合があり営業の機会損失となります。
どの顧客がどういったアクションをしたのかを管理することが必要となります。

MAツール導入の重要性

これらの問題を解決するのが、MA(マーケティングオートメーション)ツールです。

MAツールを導入することによって得られるメッリットとは?

・誰が?
・いつ?
・どの自社商品入に興味を抱いたのか?(サイト閲覧や資料ダウンロード)

いまホットな顧客はどこにいるのか??
を明確にすることが可能になります。

MAツールの導入で「誰に送ったメールが開封されているのか?」「いつ資料がダウンロードされたのか?」「ユーザーが自社サイトのどのページを閲覧していたのか?」などがわかるようになるため、「どのタイミングで追客すればいいのか」「この顧客にはどの商品を案内するのがいいのか」といった部分も明確にすることができます。

MAツールの利用で顧客の属性を判断することができる

顧客の行動解析をすることによって、顧客の現状をある程度把握し、今後のマーケティング戦略や営業戦略に役立たせることができます。

たとえば、「野菜の詰め合わせお得セット」のメールを配信する場合
セット内容は
・1,980円(1人〜2人向け)
・2,980円(3人〜4人向け)
・4,980円(6人以上向け)
で案内を送信します。

どの商品のURLをクリックしたかによって、その顧客へ次にどんなアプローチをしたらいいかが見えてきます。「2,980円(3人〜4人向け)」の商品を選んだ顧客は、家族で住んでいると想定し、ファミリー向けの商品やサービスをご案内することで、より効率的な追客が可能となります。

このように、自社の製品・サービスに対し興味を抱いているタイミングが明確になれば、追客のタイミングを逃すことなく、アポイントの獲得といった部分につなげるアプローチもスムーズにおこなうことができます。

MAツールを利用することによる効果とは?

・MAを使うことで“ホット顧客”を見いだすことで営業効率があがる
・事前に顧客の興味を知ることでアポイントの確度が上がる
・行動解析で次に何をするかを知ることができる
・継続的なコミュニケーションをとることで、機会損失をなくす。長く見込み客として維持できる
・サイト訪問者などのアドレスを取得し、ホット顧客に育てることができる

「顧客の行動を可視化し、適切なタイミングでのコミュニケーションを強化できる」ことによって、MA導入は営業に多くのプラス要素を生み出します。

MAツール導入にまだ迷いがあるという経営層の方や営業担当者はこの機会に一度MAツールの導入を検討してみてはいかがでしょうか?

人材派遣会社向けのセールス支援パック「HRコボットforセールスパック」のご紹介

ディップ株式会社では、営業効率を上げるマーケティングオートメーションから、「リード獲得ができていない」という企業向けのサービスmakibishi、案件と人材を自動マッチンスグするシステムなど、セールス部門に適したツールをワンストップで提供する「HRコボットfor セールスパック」をご用意しています。
製品の詳細はこちらをご確認ください。 https://kobot.jp/hr/lp/002/

コボットはディップ株式会社が提供するRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)サービスです。自動化できる単純作業は、社員(人)に代わってロボット(コボット)に任せることで、貴重な人材がそれまで割いていた工数を、より高度な仕事に集中する為の時間とすることが可能になりました。
ディップはRPAの導入相談から実際のRPA導入、導入後の運用に至るまでトータルでサポートします。「RPAを導入したい」「RPAを導入したが、活用しきれていない」「RPAの導入に踏み切ったが失敗した」など、導入における課題が多いいRPAですが、安心して導入いただけるサポート体制をご用意しています。

さらに、スケジュールの自動調整・WEB面談など採用現場の業務効率化を可能にする「面接コボット」や、人材派遣業界に特化した「HRコボット」、不動産業界の業務フローに沿ったテンプレート型RPA「不動産コボット」などの業界・業務特化型のRPAをご用意しています。

RPAについて悩んでいる企業のご担当者の方は、今すぐディップ株式会社までご相談ください。

<RPA/DXに関するご相談・お問い合わせ> ディップ株式会社 AI・RPA事業本部
TEL:050-3850-6823 / e-mail:sales@kobot.jp

ページ上部へ戻る