メインイメージ

不動産業界に特化したRPA 不動産コボット RPA導入サポート いまなら初月利用料無料※ ※不動産コボットをお申し込みいただき、サービス開始月の利用料が無料になります。

その業務まだ手作業ですか? 不動産業界の作業はロボットで代替できます!

1日の削減実績 導入前2時間1人あたり1日の作業量 導入後約5分

不動産コボットで日々の業務から解放

RPA(Robotic Process Automation)とは
働き⽅改⾰や少⼦⾼齢化などの⼈⼿不⾜に対するソリューションとして、
⼈が作業をしてきた業務をロボットによって⾃動化をする
デジタルレーバー(仮想知的労働者)という考え⽅。
⼈とは違い24時間稼働でき、作業ミスもなく
新規物件確認などの単純作業を⾃動化できます。
RPAの導⼊で、業務効率の向上・コスト削減や余剰リソースの
営業転換など、
不動産会社の運営に最適な環境が実現可能になります。

効率が悪い・・・ 時間ばかりが過ぎていく・・・

こんな場合も 新規物件の更新は毎日実施したいが人手をかけてやっているので大変 → 解決 自動で最新の物件情報を取得 物件管理サイトへ⾃動ログインし、必要な情報を取得します

新規物件 コボットが自動で情報取得

こんな場合も 更新された物件情報の確認を人手をかけて毎日確認する必要がある → 解決 自動で最新の更新情報を取得 物件情報を⾃動でダウンロードしデータの差異を⾃動で確認します

コボットが自動で確認

不動産コボットで業務を自動化お問い合わせはこちら

不動産コボット特徴

新規物件の空室情報や更新データを自動で取得
イメージ
コボットがブラウザを立ち上げ、物件空室情報サイトへ自動でログインします。新規物件情報の取得や、前日までにお申し込みがあり削除された物件情報、その他更新情報を自動で取得します。取得したデータと、既存のデータを自動で確認し、新規物件リスト、削除物件、更新更新情報を任意のデータ形式に(エクセルなど)自動入力します。

イメージ

不動産コボットで業務を自動化お問い合わせはこちら

不動産コボット導入事例

2時間の作業が5分に。 ルーティンワークからの解放。
イメージ
株式会社ハウスパートナー
代表取締役 髙橋 憲 氏
不動産業では入居者募集のため、「新規物件の空室情報の取得」と「物件情報の更新確認」を毎日行う必要があります。この作業は、各事業者の「物件空室情報サイト」にログインをし、それぞれのサイトから新規物件や更新情報(家賃・駐車料など)を確認するため非常に時間がかかり、また転記ミスが起こることもあります。
弊社では、1社分の物件空室情報確認と、更新情報確認の作業を1人が1日約2時間かけて行っています。この作業を毎日2社分行うため、月換算すると約100時間以上の時間を割いていました。
現在では、この業務をロボットが代替しており、今まで約2時間かかっていた業務が5分で終了します。また、転記ミスもないため物件情報を迅速かつ正確に更新できるようになり、ルーティンワークから解放されたリソースを、お客様のために使えるようになりました。

イメージ

不動産コボットで業務を自動化お問い合わせはこちら

ほかにもRPAで不動産業界の業務は自動化できます

家賃の入金確認、修繕依頼の対応、空室物件の電力使用状況管理など、
不動産業界の日々の定例業務を、コボットで自動化することが可能

例えば 電力検針の自動作成
イメージ
検針票を基に電力会社の使用状況を照会電力使用量を自動で取得 作成した検針票の情報を基に、電力会社のWeb上で空室物件の電力使用状況を照会し、電力使用量を出力します。算出したデータをコボットが自動で検針票に記録し、データを基に出金伝票の作成などを行います。

イメージ

例えば 修繕依頼対応チャットボット
イメージ
入居者からの修繕依頼をチャットボットで自動化 電話連絡の多い修繕依頼をチャットボットが代理します。24時間365⽇いつでもチャットボットが代理で対応します。

イメージ

例えば 入金データ付け合わせ
イメージ
⾦融各社と基幹システムの情報取得と更新 金融各社の管理画面と、入居者データが登録されている基幹システムへ自動ログインします。金融各社から入金データをダウンロードし、入居者データと自動照合します。自動照合したデータを元に基幹システムへの自動転記と未入金リストへの自動転記を行います。

イメージ

不動産コボットで業務を自動化お問い合わせはこちら
ページトップ