派遣先企業での面談を行う理由は?面談の流れ・内容をわかりやすく解説

派遣面談

アルバイト採用や一般採用の現場では、求職者に対して面接を行うことは一般的ですが、派遣先企業から派遣スタッフに向けて面接が行われることはありません。面接の代わりに、派遣スタッフに対して面談や顔合わせといった名目で打ち合わせが行われることはありますが、そもそも派遣先企業での面談は、何のために行うものなのでしょうか?

今回は、派遣先企業における面談の役割や、派遣スタッフへの面接が行われない理由、そして主な面談の流れなどについて解説します。

派遣先企業での面談(顔合わせ)について

派遣先企業によっては、スタッフを派遣企業から正式に派遣してもらう前に、スタッフとの面談を設けるところも存在します。これは、派遣先企業での面談や会社見学、顔合わせなどと呼ばれており、実際の就業は面談の後日、正式に行われます。

通常のアルバイト求人や一般採用の現場でも、就業前に職場を見学したり、同僚や上司となるスタッフの顔を一度見ておいたりすることは珍しくありません。派遣先企業での面談は、派遣先企業と派遣スタッフが働きやすい関係を作る上で重要な役割を果たします。

選考を目的とした派遣先企業での「面接」は行われない

派遣先企業では「面談」は行われるものの、採用や選考目的での「面接」を派遣スタッフに行うことはありません。というのも、派遣スタッフへの面接は労働者派遣法によって禁止されているためです。

そのため、派遣先企業が面談に際して、履歴書の提出を派遣スタッフ個人に求めたり、性別や年齢による制限を設けたり、適性検査を現場で行ったりすることはありません。

派遣スタッフを評価するための面接も実施しない

また、派遣先企業での面談においては、面談の出来不出来によって適性の有無を決めるような取り組みも禁じられています。あくまで派遣スタッフの人柄や能力、一般的なマナーの有無などを見るだけで、採用面接のようにスタッフ個人のポテンシャルを問うようなことはありません。

派遣先企業で面談を実施する理由

法律により面接が禁止されている中で、それでも派遣先企業がスタッフとの面談を実施する理由としては、主に次の3つの理由が挙げられます。

派遣スタッフが仕事の可否を決めるため

1つ目の理由は、派遣スタッフが仕事の可否を決めるためです。

派遣先企業との面談においては、派遣先企業がスタッフを招き入れるかどうかを決めることはできませんが、派遣スタッフはその仕事を引き受けるかどうかを決めることができます。

派遣スタッフとして登録しており、派遣先企業に求められている業務としては条件に則るものであっても、会社の雰囲気や同僚や上司の雰囲気が自身と合わないというケースもあります。

実際に派遣先との面談を事前に行うことで、派遣スタッフは自分が最も活躍できる職場や、自分と相性の良い職場を探す上での助けとなるでしょう。

派遣スタッフが疑問点を解消するため

2つ目の理由は、派遣スタッフが抱えている疑問をあらかじめ解消し、不安を抱えずに働ける職場を探すためです。いくら派遣スタッフとはいっても、派遣会社の言うがままに派遣先企業へ送られるとなると、不安を抱えながら職場に臨むこととなります。

不安を抱えた状態で職場へ来られるというのは、派遣先企業にとっても好ましい状況ではありません。派遣先企業が決まった後、就業の前にスタッフと派遣先企業の担当者が話をする場を設けることで、スタッフがどのような疑問を抱えているかを把握し解消することができます。

派遣社員の早期離職を回避するため

派遣先企業にとって、好ましいのは派遣スタッフが少しでも長く働き、現場で活躍してもらうことです。とはいえ、派遣スタッフにとって不都合なことが職場で起こってしまえば、早期の離職を選ぶこともあります。

派遣先企業にとっての面談のメリットは、あらかじめ会社とスタッフの相性を確認し、ミスマッチによる早期離職を回避することです。正規雇用と同様、スタッフの早期離職は人材獲得のコストがかさんでしまうため、できるだけ回避したい事態です。

派遣スタッフとの面談を行った上で、現場に入ってもらえるかどうかを確認することでミスマッチを回避し、お互いにとって最良の選択を促すことができます。

派遣先企業における主な面談の流れ

それではここで、派遣先企業におけるスタッフとの主な面談の流れについて確認しましょう。派遣先での面談は、次のような順番で行われます。

  1. 自己紹介
  2. 業務の説明
  3. 職場見学
  4. 質疑応答

また、面談においては派遣先企業の担当者と派遣スタッフ、そして派遣会社の担当者の三者で行われます。あらかじめ派遣会社の担当者が流れを理解しておき、派遣スタッフをサポートできるとベターです。

自己紹介

派遣先企業との面談は、派遣先のオフィスやカフェなどで行われます。派遣スタッフと派遣元の担当者が合流した後、派遣先企業の担当者と合流します。

派遣先の担当者と合流したら、当日の流れを確認しながら、お互いの自己紹介を行います。この際、事前に用意したスキルシートなどを派遣元会社の担当者から派遣先の担当者へ渡します。

派遣スタッフには派遣先の担当者に対して簡単な挨拶をしてもらい、履歴書などを用意してもらう必要はありません。履歴書を派遣先企業から求められた場合には、派遣企業の担当者から、履歴書をスタッフが渡すことはできない旨を伝えてあげましょう。

履歴書の他、派遣スタッフの住所や学歴、家族構成などがわかる個人情報を伝えることも禁止されています。もし派遣先企業の方で用意したシートなどへの記入を求められた場合には、断る必要があります。

業務の説明

簡単な自己紹介が済んだ後は、業務の説明に移ります。具体的にどういった業務に派遣スタッフが携わることになるのか、どういったスキルを持っていれば有利なのか、あるいは現場でどういったスキルを身につけられそうなのか紹介してもらいます。

この際、派遣先企業からは派遣スタッフのどういった点に興味を持ったのか、どういった能力に適性を感じたのかを伝えてもらうことができます。スタッフにとって働きがいのある職場を探す上では重要なポイントであるため、派遣先から詳細に伝えてもらえるように促せると良いでしょう。

スキルシートに書かれていない詳細なスキルの説明や、派遣先と派遣スタッフの間で認識の違いがないかも確認しながら進められると、スムーズな情報共有が実現します。

職場見学

具体的な業務内容について確認した後は、職場見学を行います。具体的にどのような現場で働くことになるのかをイメージする上では重要な工程です。職場見学を通じて、同僚や上司となる人との顔合わせが行われる場合もあるため、派遣スタッフが早期に現場へ馴染めるきっかけ作りにもなります。

質疑応答

質疑応答の機会は、お互いに不明点を伝え合い、解消する場として設けられています。

派遣先の担当者はスキルシートから派遣スタッフの大まかな職歴や携わってきた業務については把握しているものの、個人情報保護の観点から具体的に書き込めないこともあるため、詳細について理解できていないこともあります。

具体的な企業名などは伏せた上で、派遣スタッフの口から具体的にどんな業務に携わってきたのか、どんなツールを使うことができるのかなどを紹介してもらえると良いでしょう。

また、派遣スタッフからも派遣先企業に関する疑問点を解消してもらえるよう、あらかじめ質問を考えてもらえると良いでしょう。

たとえば、入社までに派遣スタッフの方で準備しておくべきことや、残業の有無やその平均時間などです。その場で質問を考えるのは難しい場合もあるため、あらかじめ派遣元会社の担当者から派遣スタッフに面談の流れについて伝え、聞いておきたい質問を用意しておくのも良いでしょう。

派遣先企業での面談の内容

派遣先企業での面談では、業務の説明や質疑応答に多くの時間を割くことが予想されます。具体的なテーマについて把握しておき、派遣スタッフが回答や検討に困らないよう備えておきましょう。

職歴やスキルについての質問

派遣先での面談においては、やはり職歴やスキルについての質問が最も多くなるものです。

職歴やスキルによって派遣スタッフの派遣がとりやめになることはありませんが、派遣先の担当者に正しくスタッフの能力を把握してもらうことで、適材適所の活躍が見込めます。

派遣スタッフにはあらかじめこのような質問があることを伝えておき、詳しく説明ができるよう準備を促しましょう。

就業条件の確認

就業条件の詳細な確認も、面談を通じて行われます。始業・終業の時間や、休憩時間、男女比、派遣社員の比率など、基本的な条件の確認があります。

概ね求人情報に記載されている就業条件と大差ない説明となりますが、別途確認しておきたい就業条件がある場合は、派遣スタッフにその旨を伝え、質問を考えておいてもらいましょう。

派遣先企業での面談におけるポイント

派遣先企業との面談を行う上では、以下の点を理解しておくことで、より円滑に面談を実施し、面談結果を有効活用できます。

面談は派遣社員同伴の上で行われる

すでに解説したように、面談は派遣会社の担当スタッフ同伴の上で行うことが通例です。これは派遣先企業が派遣スタッフに対して圧力をかけたり、個人情報を聞き出したりするのを防ぐ上でも重要なルールです。

どれだけ短時間で住む面談や近くで行われる面談であっても、必ず派遣元企業の担当者を交えた上で面談を行いましょう。

派遣スタッフは面談後に辞退することができる

派遣スタッフは面談を終えた後、派遣先企業がどうしても合わないと感じる場合には派遣を辞退することもできます。そもそも派遣先への面談は、就業前に企業とスタッフの相性を確認するための手続きでもあるため、派遣スタッフにとっては当然の権利ともいえます。

派遣先企業にとっても、長続きしなさそうなスタッフに無理やりきてもらうというのは回避したい事態でもあります。スタッフが事態を希望した場合には、派遣予定先の企業に断りの連絡を入れ、別のスタッフの派遣に向けた準備をすることが大切です。

まとめ

派遣先企業における面談の役割や、面接が禁止されている理由、そして派遣面談の流れについて解説しました。派遣先企業でスタッフが選別にかけられることはなく、面談の目的はあくまでスキルチェックや顔合わせです。

また、面談を実施する際には、派遣先企業の担当者と派遣スタッフ、そして派遣元企業の担当者の三社が同じ空間で参加することになります。派遣企業の担当者は、円滑な面談を遂行できるよう、面談の流れや面接行為になり得る行為を把握し、適切な面談が行われるよう準備しておきましょう。

また、派遣先企業での面接が行われないということは、派遣企業での面接をあらかじめ行い、適性のあるスタッフの派遣に取り組む必要があります。当社ディップ株式会社が提供する「HRコボット」は、人材派遣会社の業務支援に特化した複数の機能を提供するサービスです。

派遣会社登録時の面談日程調整を自動で行うサービス「HRコボットfor 応募対応」は、そんな派遣スタッフの登録と面談を効率良く、確実に行えるよう業務を支援してくれます。

HRコボット for 応募対応

24時間365日、営業時間外の応募にも対応できることはもちろん、面談日程はRPAが自動で空いているスケジュール登録を促してくれるため、ダブルブッキングの心配はありません。スマホで簡単にできるWeb面談機能を備え、リモート化でも簡単に応募者との面談を行えます。

また、応募者とのやり取りもタイムライン形式でログに残せる管理機能を使うことで、複数の応募者を管理しなければならない際にも混乱を回避できます。そんな「HRコボットfor 応募対応」との連携機能を備えているのが、中小企業向け基幹システムである「派遣管理システムjobs」です。

派遣管理システムjobs

派遣管理システムjobsは月額3万5,000円から導入できるというリーズナブルな製品でありながら、応募者情報を登録して案件ごとに管理し、勤怠から給与までのすべてをマネジメントできる充実の機能を備えています。

派遣管理システムjobsにスタッフ情報をまとめたデータベースを構築することで、新規案件ごとに登録しているスキルセットから最も適切なスタッフをすぐに検索できるため、業務へのアサインも迅速に行えます。

適正スタッフへの案件の案内は一斉メール送信機能で効率化し、派遣先企業への案内も、同データベースをもとに正確かつわかりやすいスキルシートを作成の上実施できるため、情報共有のミスを恐れることなく安心して働いてもらうことができます。

詳細は、「HRコボットfor 応募対応」と「派遣管理システムjobs」をチェックしてみてください。少しでも気になる場合は、当社ディップ株式会社までお気軽にお問い合わせください。

>DX推進にお悩みをお持ちの方はお気軽にご相談ください。

DX推進にお悩みをお持ちの方はお気軽にご相談ください。

ディップ株式会社は自社で培った営業ノウハウと、多様なデジタルツールを組み合わせ、お客様の収益向上に関わるあらゆることを専門担当制でのサポートを提案します。
人材の確保やデジタルツールの選定・導入、その他企業収益向上に関してお悩みをお持ちの方は、お気軽にディップ株式会社へお問い合わせください。