飲食店がクーポンで集客するメリットは?配布方法と活用事例

飲食店のクーポン

クーポンは、古くから飲食店で活用されている集客手法の一つです。クーポンを上手に活用すれば、新規・既存顧客の来店のきっかけ作りや客単価が向上といったメリットが期待できます。

とはいえ、クーポンの具体的な活用イメージがわからずにお悩みの飲食店経営者の方も多いでしょう。そこで今回は、飲食店がクーポンで集客するメリットやクーポンの配布方法、活用事例などについて解説します。

飲食店がクーポンで集客するメリット

飲食店がクーポンで集客する主なメリットは次のとおりです。

  • 来店のきっかけを作れる
  • 客単価が向上する
  • 顧客接点をデジタル化できる

来店のきっかけを作れる

クーポンを配布することで、新規・既存顧客ともに来店のきっかけを作ることができます。

ぐるなびが実施した「今どきのクーポン事情」に関する調査によると、年代や性別を問わず幅広い層がクーポンを利用しているという結果が出ています。さらに、「クーポンを機に来店する」と回答した人が47.5%にも及んでおり、クーポンは来店のきっかけ作りとして効果的であることがわかります。

飲食店にとって、大切なリピーターを獲得するためには、まず来店してもらう必要があります。クーポンは、そんな来店のきっかけ作りに最適な施策です。ただし、クーポン目当ての顧客ばかりを集客しないよう注意し、リピート施策にもしっかり力を入れることが大切です。

客単価が向上する

クーポンというと「割引」のイメージが強いかもしれませんが、活用方法によっては客単価を向上させることも可能です。

たとえば、「お会計金額が4,000円以上で」「コース料理をご注文で」「2点以上お買い上げで」など条件を設定して特典を用意すれば、客単価を上げることができます。「お得になるなら、もっと注文しよう」と顧客に思ってもらうことがポイントです。

顧客接点をデジタル化できる

これはデジタルクーポンに限った話ですが、クーポンを導入することで顧客接点をデジタル化できるというメリットもあります。

一般的に、デジタルクーポンを利用してもらうには、会員登録が必要になるため、顧客情報を自然な流れで入手し、デジタル接点を築くことができます。顧客接点をデジタル化すれば、一度店舗を利用したことがある顧客にメッセージやクーポン、お得情報などを配信できるようになり、既存顧客に再来店を促しやすくなります。

飲食店がクーポンを配布する方法

次に、飲食店がクーポンを配布する方法を3つ紹介します。「どんな方法でクーポンを配布するべき?」と考えている方は、ぜひ参考にしてください。

  • 店頭で紙のクーポンを配布する
  • グルメサイトで配布する
  • デジタルツールを使って配布する

店頭で紙のクーポンを配布する

1つ目は、店頭やポスト投函で紙のクーポンを配布する方法です。

たとえば、会計時に「次回から使えるクーポン」を配布すれば、効果的にリピートを促進することができます。また、クーポンが付いたチラシを店舗周辺で配布すれば、新規顧客を獲得することも可能です。

ただし、クーポンを店頭で配布する場合、補充や配布に人件費がかかります。また、紙のクーポンはターゲットを絞って配布することが難しいため、ムダ打ちが多くなってしまうリスクもあります。

グルメサイトで配布する

2つ目は、グルメサイト上でクーポンを配布する方法です。膨大な利用者数を誇り、飲食店を探しているユーザーが多く集まるグルメサイトは、飲食店がクーポンを配布する場に向いています。

ただし、「クーポンありき」の顧客ばかりを集客してしまうと、クーポンがないと来店してもらえなくなってしまうので注意が必要です。また、グルメサイトにはたくさんの飲食店が登録している分、他店に埋もれないよう差別化する必要も出てきます。

デジタルツールを使って配布する

既存顧客向けにクーポンを配布したい場合は、デジタルツールを活用する方法がおすすめです。SNSやLINEなどを使ったり、店舗アプリを作成したりすれば、特定のユーザーにクーポンを配布することができます。

実際に来店した顧客とデジタル接点を築き、顧客の属性に合わせてクーポンを配布することができるため、既存顧客に来店を促しやすくなります。また、デジタルツールを活用することで、クーポンの利用状況や顧客データを蓄積・分析できるというメリットもあります。

飲食店におすすめのクーポン配信ツール

飲食店でのクーポン配信に適したおすすめツールを3つ紹介します。

LINE公式アカウント

LINE公式アカウント

LINE公式アカウントは、LINE株式会社が提供する店舗・ビジネス向けサービスです。月間9,200万人が利用するコミュニケーションアプリ「LINE」上で、顧客に直接メッセージやクーポンを配信したり、ポイントカードを作成したりすることができます。

LINE公式アカウントの「クーポン機能」を使えば、自社の公式アカウントを友だち追加してくれたユーザーに、デジタルクーポンを配信することができます。好きなタイミングで顧客に直接クーポンを届けることができるため、来店を効果的に促すことが可能です。

クーポンの作成から発行、利用までLINE公式アカウント一つで完結するのもうれしいポイントです。LINE公式アカウントは、月々のメッセージ通数によって従量料金がかかりますが、クーポン機能は無料で利用することができるので、ぜひ活用してみてください。

公式サイト

ホットペッパーグルメ

ホットペッパーグルメ

ホットペッパーグルメは、株式会社リクルートが運営する国内最大級のグルメサイトです。お店の魅力を存分にアピールできるページを作成し、日本最大規模のユーザー数へアプローチすることができます。

ホットペッパーグルメは、もともとフリーペーパーのクーポン誌であったこともあり、お得なクーポン情報が満載という特徴があります。そのため、店舗周辺地域で飲食店を探しているユーザーに向けてクーポンを配布する場として最適です。

無料掲載プランで最大3枚、有料プランでは最大3〜6枚のクーポンを掲載することができます。

公式アカウント

フリポン

フリポン

フリポンは、印刷事業を手がける株式会社グラフィックが運営する無料のクーポン作成サイトです。スマホ向けのクーポンを手軽にかつ無料で作成することができます。

フリポンで作成したクーポンは、ホームページやメール、デジタルチラシなどさまざまな媒体で配信することが可能です。「無料でデジタルクーポンを作成したい」「クーポンを自社のホームページやSNSで配信したい」という飲食店におすすめのツールです。

公式アカウント

飲食店でのクーポン活用事例

続いて、クーポンの具体的な活用イメージが湧かないという方に向けて、飲食店でのクーポン活用成功事例を3つ紹介します。「どのように集客に役立てているか」「どんな種類のクーポンをどのように配布しているか」など、ぜひ参考にしてください。

BOTEJYU Group ホールディングス株式会社

国内外に約100店舗を構えるお好み焼き店「ぼてぢゅう」は、LINE公式アカウントを活用し、定期的にクーポンの配布を行っています。友だち追加を条件としたクーポンや各種割引クーポンを配布し、既存顧客のリピートを促進しています。

実際に、「豚玉500円クーポン」を配信した際には、配信後約1ヶ月にわたって週末の利用数が増えました。また、同じ顧客がしばしば来店しクーポンを使用してくれるなど、リピートにも一定の効果が出ているそうです。

株式会社BAKE

「BAKE CHEESE TART」をはじめとした6ブランドを展開し、国内に55店舗を運営する株式会社BAKEは、クーポンの活用により客単価を向上することに成功しています。

同社は、LINE公式アカウントで新規・既存の友だちを対象に「チーズタルト6個以上購入で1個追加でプレゼント」というクーポンを年に3回実施したところ、クーポン利用率は全店平均で「約30%」を記録。客単価は通常時のなんと「1.7倍」を記録しました。

客単価の向上を目的にクーポンを発行したい飲食店がぜひとも参考にしたい事例です。

海湘丸 厚木 本店

「海湘丸 厚木本店」は、神奈川県厚木市郊外に立地する居酒屋です。顧客にとって魅力的な特典を用意できるよう工夫することにより、毎月のクーポン配信が大きな集客効果を発揮しています。

同店では、クーポンの特典内容をより顧客のニーズに合ったものに改善すべく、「LINEリサーチ機能」を活用してアンケート調査を行いました。顧客にクーポンの対象メニューを選択してもらったり、「あったらうれしいクーポン」を自由形式で回答してもらったりした上で、回答を参考にクーポン特典の決定を行っています。

顧客の声をもとにクーポンの特典内容を決定し、配信を行っている点はぜひとも参考にしたいポイントです。

事例から学ぶ!飲食店がクーポンで集客する際のポイント

最後には、先ほど紹介した成功事例からわかる、飲食店がクーポンで集客する際のポイントを紹介します。

  • 対象者を明確にする
  • バラエティに富んだ特典を用意する
  • クーポンの効果をもとに改善する

対象者を明確にする

クーポンを配布する際は、クーポンを利用してもらいたい対象者を明確に決めましょう。対象者を明確にすることで、特定の顧客にとって魅力的な内容のクーポンを考えやすくなります。

たとえば、ファミリー層を集客したいなら、ファミリー層にとって魅力的なクーポンになっているかを軸にクーポンを作成することができます。クーポンは、ただ闇雲に配布していても利用率は高まりません。ターゲットを絞って戦略的に配布することが重要です。

バラエティに富んだ特典を用意する

クーポンというと、「割引クーポン」のイメージが強いかもしれません。しかし、割引クーポンばかりでは、「常に割引をしている店」という印象を持たれてしまったり、割引がないと利用してもらえなくなったりすることが懸念されます。

そこでおすすめなのが、バラエティに富んだ特典を用意することです。たとえば、上で紹介した「海湘丸 厚木本店」の事例では、「あったらうれしいクーポン」として「これからメニュー化したい料理の試作品」という声が顧客から挙がり、実際に試作メニューが

無料になるクーポンの配信を検討しています。

割引クーポンだけでなく、ソフトドリンクが1杯無料になるクーポンや、デザートをプレゼントするクーポンなど、さまざまな特典を検討してみると良いでしょう。

クーポンの効果をもとに改善する

クーポンを配布したら、効果を確認して改善へとつなげることが大切です。たとえば、クーポンの利用率があまりにも低いなら、特典の内容がターゲット層にとって魅力的でないことが考えられます。

利用率や顧客の反応、声をもとに、クーポンの特典内容や配布タイミングを改善していきましょう。

まとめ

飲食店がクーポンで集客するメリットや配布方法、クーポンを活用した集客事例などを紹介しました。

クーポンは古くからある集客手法ですが、顧客にとって魅力的なクーポンを戦略的に発行すれば、大きな集客・売上向上効果が期待できます。今回紹介した成功事例やポイントを参考に、クーポンで集客力を高めていきましょう。

当社ディップ株式会社は、LINEを使ってお店のポイントカードを作成できるサービス「常連コボットforLINE」を提供しています。LINEミニアプリを使うので、利用に際してアプリダウンロード・会員登録は不要です。多くの顧客に気軽に利用してもらいやすいのが魅力です。

「常連コボットforLINE」では、来店や1日1回のログイン、友だち紹介でポイントがどんどん貯まります。溜まったポイントはクーポンと引き換えることができ、ポイントカードとクーポンのダブル施策で効果的に再来店を促進することができます。

店舗集客でお悩みの方やデジタルツールの導入を検討している飲食店経営者の方は、ぜひ当社ディップ株式会社までお問い合わせください。

>DX推進にお悩みをお持ちの方はお気軽にご相談ください。

DX推進にお悩みをお持ちの方はお気軽にご相談ください。

ディップ株式会社は自社で培った営業ノウハウと、多様なデジタルツールを組み合わせ、お客様の収益向上に関わるあらゆることを専門担当制でのサポートを提案します。
人材の確保やデジタルツールの選定・導入、その他企業収益向上に関してお悩みをお持ちの方は、お気軽にディップ株式会社へお問い合わせください。