空中店舗でも他店に負けない為には、
「オリジナル物件の掲載数」とSUUMOで「代表物件」になること!

目的
  • 物件情報の入力時間を短縮し、枠を余らせずに物件情報を掲載したい。
  • 物件情報の入力作業負担を軽減し、手作業での入力ミスを減らしたい。
  • 物件情報の入力時間を短縮し、お客様や大家様に対応する時間を増やしたい。
  • 空中店舗のため、多くのお客様にメディアを見てもらうことで、店舗へ足を運ぶきっかけを作らなくてはいけない。
課題
  • 繁忙期などは、お客様対応などで物件入力を行う手が減り、1日でこなせる入力数に限界があった。
  • 手作業での入力では、物件情報の入力ミスが起きていた。
  • 営業時間内はお客様の対応があるため、物件情報の入力作業は終業後に対応することが多かった。
結果
  • 物件情報の入力を手作業で行っていた頃に比べ、入力にかかる時間は約1/5程度へ削減ができた。それにより日頃私たちが他店との差別化として行なっている、オリジナル物件の獲得と、メディア掲載に注力する時間ができた。また、同様にお客様への対応に充てる時間を創出することができ、営業効率も向上した。
  • メディア掲載の分析オプションを導入したことで、物件入力をする際に社員全員が同じ目線で入力することができるようになった。
エムズホーム株式会社

神戸市中央区・三ノ宮・三宮駅など神戸市内を中心に、大阪府など県外エリアの賃貸情報も提供しているエムズホーム株式会社様。今回のインタビューでは、代表取締役である宮内 信也様に導入前の課題や、「不動産コボットfor賃貸物件入力」の導入により、以前からお持ちだった物件情報の入力作業の課題から、導入後の効果、どのくらいの作業時間が削減できたのか、また、追加で導入された「分析オプション」の活用方法について、お話をお伺いしました。

社名
エムズホーム株式会社
事業内容
(1)不動産の賃貸・売買・管理および鑑定ならびにコンサルティング業務(2)不動産取引に関する保証および債権買取を含めた信用供与(3)家賃保証および回収に関する業務(4)損害保険代理業(5)広告、宣伝に関する企画、制作および広告代理業
資本金
300万円
設立
平成20年11月5日
従業員数
6名(アルバイト含む)
URL
https://www.emuzu-home.co.jp/

きっかけは「深刻な人手不足」
不動産コボットfor賃貸物件入力の導入で
物件入力の作業が追い付かない日々から抜け出せました

まずは御社の事業内容について教えてください。

宮内様:メインは賃貸仲介で神戸市内を中心に、そのほかも広く大阪府など県外まで対応しています。現在は社員3名とアルバイト3名の体制で事業を行っていて、不動産コボットfor賃貸物件入力は主に私と、アルバイトさんで作業時に利用しています。

物件情報の「量より質」にこだわっているので、基本的には他社さんで掲載していないような、神戸市内の厳選したオリジナル物件をご紹介できるよう日々、案件を集めています。

不動産コボットfor賃貸物件入力を導入前はどのような課題をお持ちでしたか?

宮内様:繁忙期になると、物件情報の入力作業をする人手や時間が圧倒的に足りなくなることが課題でした。採用して人員を増加するしか方法はないと思っていましたが、簡単に採用ができるわけでもなく限界を感じていました。

営業担当はお客様対応がメインの業務になりますので、日中は物件入力作業の時間を割けませんし、終業後に作業をしていたりと、とにかく人手不足が深刻な状態でした。

不動産コボットfor賃貸物件入力を導入されたのは、どのようなきっかけだったのでしょうか?

宮内様:物件入力作業の人員不足に困っていた時に偶然、ディップの営業担当さんから「不動産コボットfor賃貸物件入力」のご紹介を受けて、話を聞いてみたらまさに必要としている部分の効率化ツールだったので、すぐに導入を決めました。とりあえず使ってみて、ダメならお断りしようと・・・。

導入後、入力の作業時間はどの程度削減されましたか?

宮内様:これまではレインズの情報をプリントアウトして、その情報を打ち込んで、という作業を行っていたのですが、それにかかる時間は半分以下になりましたね。ボタン一つで作業が完了できますので、プリントアウトして作業していた時は、物件1件あたりおおよそ5分程度はかかっていたのが、導入後は、確認作業も含めて、1分で入力作業が完了できています。実感として作業時間は1/5へ削減できています。



入力時間の削減ができたこと以外で、メリットとして感じられていることはありますか?

宮内様:手作業の入力時に起きてしまっていた、「情報の入力ミス」は本当に少なくなりましたね。そもそも情報元が誤っていたりもするので、そのチェックをしながらの入力作業となると、作業効率が非常に悪く、余計に時間がかかっていた印象で、限界を感じていました。「不動産コボットfor賃貸物件入力」を導入した今では、物件画像を情報元から取り込むことができ、間取り図もデータとして取り込めるので大変助かっています。

以前は間取り図まで自分たちで制作していたので、時間が足りないに決まっていますよね(笑)

導入前、他のサービスとの比較はされましたか?

宮内様:比較というより、これまでレインズの情報も取り込めるデジタルツールは聞いたことがなく初めてだったので、即決でした。まずはトライアルで試してみて、これなら活用できそうということで本格導入にいたりました。

ディップさんが不動産関連のサービスを提供していることは知りませんでしたし、営業担当の方を通してサービスを知ったのがきっかけですが、ディップさんに対しての不安などは特になかったですね。求人情報のサービスをしっかりやられている会社で信用もありましたし、新しいものをどんどん打ち出してくれる会社なんだ、とポジティブな印象でした。

変化に対する怖さや不安はありました
しかし使いこなせればこれまで以上のパフォーマンスに繋がる

新しいサービスを導入されることに対して、不安はありませんでしたか?

宮内様:正直、最初は「ちゃんと使いこなせるのか?」と半信半疑ではありました。もちろん変化に対する怖さみたいなものもあるので。今まで普通にできていたことが、できなくなってしまうのでないか、という漠然とした不安はありました。



不動産コボットfor賃貸物件入力の使い勝手はいかがですか?

宮内様:慣れるまでは少し時間がかかりましたが、使いこなせるととても効率よく作業が進むので、上手く活用できていると思います。画像の取り込みなどの操作方法には細かな注意点などあるので最初は「覚えるのも大変かな?」と思っていましたが、慣れたら問題なく使いこなしています。

これまで、業務改善のためのシステムを導入されたことはありますか?

宮内様:CRMやポータルを一括管理するようなシステムは導入したことがあります。いまは「量より質」が大事だと思っていて。もちろん多くの掲載数を担保することも重要ではありますが、お客様が求めている質のいい「オリジナル物件」を素早く世に出すことに重きを置いています。それを実現するために「不動産コボットfor賃貸物件入力」を導入したんです。

「分析オプション」機能も大活躍
戦略を立てる上でも重要なデータとして活用

追加で導入した「分析オプション」の使い勝手はいかがでしょうか?

宮内様:まずは使ってみないとわからない、ということで導入を決めましたが、ワンクリックで分析結果が出ますし、クリックしてからの分析結果が表示される切り替えも早いと思います。

分析結果については、信頼できる数値でしょうか?

宮内様:私の経験値から想定した数字と、分析オプションで出された数値がほぼ同じなので、正確なデータが出るんだなと思います。分析オプションを使えば社員全員が同じレベルでの物件の入力ができますので、うまく活用しています。
先ほどもお伝えしたとおり、当社では他社さんが掲載していないオリジナルの物件情報を掲載することにこだわっているので、分析オプションで「掲載店舗数」や「最高得点」のスコアまでわかるのは、戦略を立てる上で非常に助かっています。手を出しやすい価格設定なのも嬉しいですね。

その他に、あったら嬉しいサービスなどはありますか?

宮内様:そうですね。欲を言えばもっと対応媒体数が増えて、広い範囲で物件情報を引っ張ってこられたら嬉しいです。

最後に、導入後のディップのサポート体制はいかがですか?

宮内様:担当の方は本当にマメに連絡をくれてサポートしてくれているのでとても助かっています。導入時の課題はとくになく、スムーズに導入することができたので大変助かりました。

ディップは自社で培った営業ノウハウと、多様なデジタルツールを組み合わせ、
お客様の企業収益向上に関わる全てを、専門担当制でのサポートを提案します。
人材の確保、デジタルツールの選定・導入、そのた企業収益向上に対してお気軽に問い合わせください。

CONTACT

ページ上部へ戻る