物件入力が約15分から1分程度に軽減。
今までだったら届かなかった問い合わせをいただくようになった。

目的
  • 物件情報の入力作業を軽減し、物件ポータルサイトへの掲載数を増加したい。
課題
  • 接客を最優先するために、物件情報の入力のための時間確保が難しく作業が滞った結果、物件ポータルサイトへの掲載物件数も減ってしまっていた。
結果
  • 物件情報の入力作業時間が大幅に軽減(入力の作業と、入力ミスの確認作業の削減)。さらにこれまで掲載ができていかなった遠方の物件まで掲載できるようになった。
    また、物件写真をすぐに掲載できるため、問い合わせが増えたのを実感。物件情報の入力の作業が滞っているという心的ストレスから解放された。
株式会社ライフデザイン

大阪府東大阪市で賃貸物件の仲介を行う不動産会社の株式会社ライフデザイン様。

地元密着型の小規模経営ゆえに、接客が最優先となり、物件情報の入力作業が滞ることがあったため、「不動産コボットfor物件入力」を導入し、業務効率化の改善を進めています。

今回は接客から賃貸物件の管理、物件情報の入力作業まですべての業務に携わっていらっしゃる代表の田中義人様に、導入のきっかけや、得られたメリットなどについてお話を伺いました。

社名
株式会社ライフデザイン
事業内容
不動産仲介業
資本金
300万円
設立
2019年5月14日
従業員数
2名

2週間のトライアルで効果を実感し導入を決定

不動産コボット for 物件入力の導入のきっかけを教えてください。

田中様:ディップさんからの営業を受けて、これまで1件ずつ手入力で対応していた物件情報の入力作業が、より少ない作業工程でできると聞き興味を持ちました。社員が2名と少ない中で業務を行っていますので、時間がなくて物件の写真を入れられなかったり、そもそも情報自体を入力できていなかったりしていたので、そのあたりの作業負担が軽減できるならと思って使ってみました。

最初に2週間ほど、仮アカウントを使ってトライアルもさせてもらったんです。実際のデータを使って試すことができて、これならば使ってみたい、と思えました。操作も簡単でしたし、費用面も「これだけの作業ができて、この金額なんだ!」と思えるものでした。また、今後も対応する業者間流通サイトが増えていくと聞いたので、それも踏まえて導入を決めました。

導入前はすべて手入力で物件情報を入力していたのでしょうか?

田中様:一部は他社のシステムを利用して取り込みをして、それ以外は手入力するというやり方でした。ただ、以前から使っていた他社システムだと、契約が成約すると情報自体が自動で消えてしまうので、データベースとして残すことができなかったんです。それが不動産コボット for 物件入力であれば、自分たちのデータベースとして残せるので、そこも導入の大きな理由の一つでした。

1件あたり10~15分かかっていた作業が1分に軽減

手入力の作業は日々の業務の中でどれくらいの時間を要していましたか?

田中様:接客や賃貸物件の管理など、正直、他に優先させなくてはいけない業務が多く、1日に何時間や何件などと決めて入力作業をすることが難しくて、手が空いたときに少しずつやっていました。

特に繁忙期になると、忙し過ぎて入力作業ができない日もありました。そのときはとりあえず、使用していた他社システムで入力できたものだけで対応していました。

でも不動産コボット for 物件入力を使えば、これまで1件入力するのに10~15分程度かかっていたものが、1分足らずで物件情報を入力することができるので、かなり楽になりました。まだ導入後に繁忙期を迎えてはいないのですが、これまでとは違い、繁忙期でも入力できる物件の数は増えると思います。

導入の際、他社システムとの比較検討はされましたか?

田中様:実は、ディップさんと同タイミングで他社からも同じようなシステムの営業があったんです。ただそちらは「試しにインストールしてみてください」と言われただけで、その後、連絡もなく……。導入後も何かあったときに「こんな対応なのかな?」と思ったら、導入をお願いする気持ちにはなれませんでした。

それに比べてディップさんは、トライアルのときから「使ってみてどうですか?」と何度も電話をいただきましたし、実際に操作でわからないところがあると、こちらに足を運んで対応をしてくださいました。今もわからないことがあれば、その都度、すぐに対応してくださいますし、導入にあたって「何かあってもすぐに対応してもらえる」という安心感は大きかったです。

また、ディップさんのシステムは、ソフトをインストールするのではなくて、ブラウザの機能拡張を追加?というか…あっという間に使えるようになったのは便利でした。

導入前に懸念点はありましたか?

田中様:正直に言うと、「本当に全部正しく情報が反映されるのかな?」と心配をしていました。「こんなに簡単で大丈夫なのかな?」と。ただその不安をディップさんにぶつけてみると、間違いはほとんどなく、人が入力するよりはミスが少ないと言われて、確かに人でもミスはするな、と(苦笑)。今のところ使っていて間違いを見つけたことはありませんし、信頼しています。

一瞬で入力が完了。「嘘でしょ?」と思いました(笑)

実際に導入してみて、何をメリットとして感じていらっしゃいますか?

田中様:一番は時短です。最初に使わせてもらったとき「嘘でしょ?」と思いました(笑)。あんなに時間をかけて入力していたものが、本当に一瞬で入ってしまって、単純にすごいな、と感心しました。

他の不動産会社さんだと、物件の入力作業をするためだけのアルバイトを雇っているところもあるので、これを使えばその必要がなくなるのでは?と思いました。費用対効果もいいですね。それから、今まで掲載できていなかった遠方の物件情報も取り込めるので、掲載物件数も増えました。

物件情報の入力作業は、今までは本当に後回しにしてしまっていて(苦笑)。後回しにしたことで溜まってしまい、結局、作業に疲れて最後まで終えられない、ということもありました。でも今は、仮に作業を日々のノルマとして課しても、1日10件とかであれば10分程度で終わりますからね。気持ち的にも「また入力できていないな~」と焦ることがなく、余裕を持つことができるようになりました。

特に便利な機能はありますか?

田中様:物件写真の取り込み機能はすごいなと思いましたね。写真があれば、自分たちで撮影に行く必要がなく情報を掲載できますから。写真を撮りに出かけたら、お客さんが来てしまって、向かっている途中で事務所に戻ってくるなんてこともありましたから。まあ、写真を撮りに行く作業がなくなると、少し運動不足にはなりますけどね(笑)。

作業の負担軽減以外に、変化を感じるところはありますか?

田中様:例えば、写真を掲載できたことで、お客様からの反響が増えたと感じています。今までだったら届かなかった問い合わせをいただくことができました。これから使いこなせれば、もっと増えていくと思います。

不動産コボット for 物件入力に対するさらなる要望はありますか?

田中様:これはすでにやってくださると聞いてはいるのですが、今後、対応する業者間流通サイトが増えることに期待をしています。他には・・・逆にどんな機能を追加しようとしているのか教えていただきたいです。これ以上にできることがあるのか想像がつかないくらい、現状で満足しています。

強いて言えば、使用料も下がればもっと嬉しいですけど(笑)。ただ本当に料金面でも、そして営業担当の方、サポート担当の方共に対応についても満足していますので、このままの状態でお付き合いを続けていければいいな、と思っています。

ディップは自社で培った営業ノウハウと、多様なデジタルツールを組み合わせ、
お客様の企業収益向上に関わる全てを、専門担当制でのサポートを提案します。
人材の確保、デジタルツールの選定・導入、そのた企業収益向上に対してお気軽に問い合わせください。

CONTACT

ページ上部へ戻る